• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

こども園@兵庫県宍粟市の設計がスタートしています

Ms日記をご覧に皆さま、こんにちは。

今週は、上野より新しいプロジェクトをご紹介したいと思います。

今年の4月より「認定こども園」の設計がスタートしました。

敷地は、兵庫県宍粟市。

宍粟市は、兵庫県の中西部に位置しており、Ms事務所のある吹田市から、車で約1時間半の距離です。

林業・建築業界では「宍粟杉(しそうすぎ)」の産地として知られており、

森林率が90%にも及ぶ、緑豊かな里山環境が広がるエリアです。

① IMG_4665.JPG

上写真は、宍粟市山崎町の山手に位置する「山崎若葉保育園」の全景です。

赤い屋根の平屋建ての園舎が、とても美しいです。

園庭には、こども達が元気いっぱい走りまわっています。

地域のこども達をあたたかく育んできた保育園ですが、

令和5年度(2023年度)に、幼稚園と保育園の機能を併せもつ、

「認定こども園」として生まれ変わることになり、

その設計を、Ms事務所が担当させて頂くことになりました。

② IMG_0795.jpg

上写真は、Ms三澤が撮影したカットです。

後ろに山を抱えており、風景と園舎が一体となったような理想的な保育環境です。

季節の良い時期は、ほぼ毎日のように、山に散歩に出掛けるようです。

中央に映っているのが、中川園長先生です。

地域の木材と、OMソーラー(太陽光を利用した自然空調システム)を利用してこども園をつくりたいという想いから、Msの設計案を採用してくださいました。

この日は、一日体験調査で、真夏の暑い日に朝7:30~夕方18:00まで、みっちりと子ども達の生活の様子を、保育士の先生方のご協力のもとに調査させて頂きました。

打合せの中で、主任保育士の先生より、

『園庭に森をつくりたい』という言葉がありました。

こども園に移行するに当たり、この敷地を離れる必要があるのです。

新しい敷地には、裏手に山がないため、園庭を森につくり、できるだけ自然に触れ合う時間をつくりたいというコメントに、三澤も『それは良い!』と感動した様子です。

③ IMG_4257.jpg

現在の保育園は、「濡縁(ぬれえん)」を介して、すぐに園庭と繋がります。

宍粟杉の丸太と床板は、なんともいえない味わいがあり、優しい空間です。

真夏と真冬以外は、毎日、子供たちが雑巾がけ!をしています。

この「濡縁」を、新しいこども園でもうまく設計に取り組んでいきたいと思います。

④ DSC_0684.jpg

ラストに、新しいこども園をつくる敷地の写真をご紹介します。

同じ町内ですが、中心街に近く利便性の高いエリアです。

現在は田んぼで、稲刈り直前の時期です。

今年の稲をすべて刈り取って、来年度よりこの地で工事が始まる予定です。

敷地の西側には、シンボルとなる桜の大木と、小さなお墓。

裏手には、揖保川の支流(伊沢川)が流れています。

こちらも、土地の魅力を感じます。

設計は、これからが本番。

頼もしい設計チームのメンバーと、力を合わせて取り組みます。

今後、チームのメンバーも徐々にご紹介していきます。

上野耕市

月別アーカイブ

カテゴリ一覧