• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • MSD三澤文子
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

「東京こひなたハウス」の木配り~MOKスクール有志協力に感謝!

6月25日(火)晴天。今日は三重県松阪市のプレカット工場コウヨウに来ています。

「東京こひなたハウス」の接合部などの打合せ、そして、木配りを行うためです。木配りとは、どこにどの材を配置するかを決めることで、大工さんは「番付」と呼んでいます。

下の写真は、「東京こひなたハウス」の軸組模型。3階建てで、北側斜線や道路斜線で厳しく切り取られた屋根が、かなりチャーミングな形に出来上がりました。模型で茶色に色付けされている材は「燃えしろ設計」をしている横架材です。

可愛い旗の着いたピンは、Ms仕様金物Dボルトの種類を示しています。

1.JPG

まずは、架構軸組の接合部などの打合せです。模型と、接合部詳細図を見ながら、各接合個所について、最善の接合方法を確認していきます。 

今回、スタッフ以外の面々が多いのは MOKスクール生有志が参加しているためです。

奈良西大寺の梅田工務店・梅田社長からは大工の流儀としての意見が出て、かなり深まりのある討議でありました。

2.JPG

とにかく難しい小屋の軸組。かなり難しい個所は、コウヨウの担当者、ベテラン川村さんがモニターにて、アクソメを映し、ズームアップ。大変良く解ります。

3.JPG

2時間半の大討議を終えて、お昼ご飯は松阪牛の焼き肉でスタミナをつけ、午後からは炎天下での木配りが始まりました。

4.JPG

5.JPG

ここでも梅田社長が采配を振るい、岐阜から参加の田原さんも元気で動きます。

芯去り材の赤身がち、無地で目の細かい木表面です。

6.JPG

本日選ぶ化粧材は「燃えしろ設計」の太い材。幅は150、成は210,240、270,300

いつものように段ボールに伏図を貼り、段取り良く選べるように色塗りをして準備してあります。

そのボードをチェックしながら、重たい材を持ち上げて、色味や目合いを見比べて行きます。腰を痛めないといいのですが。

7.JPG

この日は、屋根のついた土場が立て込んでいて、屋根の無い炎天下での木配り。皆さん、かなり頑張りました。

最後は柱材の木配り。

三澤康彦コレクションの栗材は、すでに八角柱に加工済みです。240径の八角柱が1階に2本、2階、3階にそれぞれ1本。小さな家ですが、康彦氏のプレゼントと思い、沢山使っています。

8.JPG

9.JPG

全ての化粧材の木配りが終わって、集合写真。

MOKスクール有志の皆さん。本当に有難うございました。来年2月に、この木配りの成果を、是非、東京まで見に来てください!

三澤文子

「東京こひなたハウス」着工しました。~地鎮祭と木材検査

月別アーカイブ

カテゴリ一覧