• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • MSD三澤文子
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

四條畷市の家、上棟しました

四條畷市の家の改修工事の様子をレポートします。

・詳細調査の様子はこちら

・清祓い式の様子はこちら

・基礎改修工事の様子はこちら

解体と基礎改修、そして1階の構造補強との同時進行で、2階構造材の「刻み」を行い、着々と上棟の準備をしていました。

IMG_3988.JPG

現場から車で10分の作業場にて、墨付けをしているのは棟梁の島岡さんです。

IMG_3998.JPG

今年明け、刻んだ材料を現場に運び、まずは既存の2階床梁の上に新規床梁を載せていきます。

梁は載せているだけではありません。

IMG_2561.JPG

M12ボルトで新旧の梁を緊結します。

IMG_2610.JPG

1階から天井を見上げたところ。穴は後ほど埋め木をして塞ぎます。

床梁の設置後は、柱・棟木(頂上の梁)を組んでいきます。

m.jpg

そして、垂木(登り梁のような断面)をかけます。

IMG_2715.JPG

天井高は高いところでは2.8mありますが、一番低いところは1.2m未満です。

計画時は天井が低くないか心配をしていたお施主さんも、「思っていたより高いですね~。」と、安心していただきました。

高いところと低いところのめりはりがある方が、かえって落ち着くことが出来る空間になるのだと思います。

m3.jpg

因みに、解体前の様子はこちら。部材は数本折れていました。

又首(さす)構造で、45度程度の屋根勾配があります。

なるべく改修前と同じ外観になる様に、改修後の屋根の高さを決めました。

IMG_3431.JPG

外観はこの様になっています。改修前の面影を残したいとの意図があります。
これから外壁板張り、左官工事を行うので、どのような外観になるのか楽しみです。

スタッフ 酒谷

月別アーカイブ

カテゴリ一覧