Msの新しい仲間ドブレ君

Msにとって激動の2017年も残すところ1日を切りました。

天気予報では雨で、寒さ厳しい1日なるとのことでしたが、薄日のさす穏やかな大晦日です。

1.jpg

この師走に、Msに新しい仲間がやってきました。

ドブレ760CB、私たちに温かさと癒しを与えてくれる頼もしい薪ストーブです。

自宅にある薪ストーブは、昨年冬は毎日火が入っていましたが、あるじがいなくなった今年は、全く使われていません。

今まで、Msの設計する家は「薪ストーブのある木の家」というイメージが定着しているはずなのに、薪ストーブと縁のない設計メンバーばかりというのは問題だ。と思いたち、事務所内に、新たに薪ストーブを設置することにしました。

12月初めに、憩暖の小林さんがMsに来てくださり、26年前のMs事務所改修の際に造った暖炉と煙突を利用して、薪ストーブを設置する打合せをしました。

2.jpg

背面から煙突が出ているタイプの薪ストーブを選び、暖炉の炉内だった部分に煙突をまわし、かつてのスパイラルダクトの煙突の中に150φの新規煙突を入れています。

薪ストーブの使用方法は、憩暖の剣持さんからスタッフ全員がしっかり教えてもらいました。これから日々、薪ストーブのあるくらしを体験していくことで、住まい手さんも実感を込めて説明が出来るようになると思います。

3.jpg

12月29日、大掃除の日の昼食はカレー。カレー鍋が薪ストーブの上で保温され、おかわりに来る人を待ち構えています。

4.jpg

大掃除は未だ途中の昼食後ですが、薪ストーブの炎が見えると、温かさとともに、まったりと和んでしまいます。

5.jpg

綺麗に整頓され、2018年の新年を迎える準備が整ったMs。

今年は、御祝いの花は無く、シンプルなしつらえですが、気持ちを清らかに新しい年を迎えたいと思います。

2017年は多くの方々に助けられて走り続けることができた、わたしたちMsのメンバー。

2018年は1月8日より始動いたします。2018年も相変わりませず、どうか宜しくお願い申し上げます。

代表 三澤文子