胡桃山荘便り 

宿泊体験の感想~早冬の胡桃山荘 :2015年12月25日

暖冬が続き、過ごしやすいのですが冬らしさがあまり感じられないこの頃
今年もあと僅かとなりました。
この一年、たくさんの方にご宿泊いただき感謝の気持ちでいっぱいです。
今年最後にご案内となりましたTさんから感想とお写真を頂きましたので
ご紹介いたします。

(以下、文章・写真ともTさんから頂きました)

この度、11月の3連休で胡桃山荘に体験宿泊させて頂きました。
会社の先輩から、とても良いよとの勧めがあり、どのような感じなのか
楽しみに現地に向かいました。
まず、建物外観から木に包まれており、とても優しい雰囲気で、
中に入ると、なぐりの床や杉板の床材など、柔らかい雰囲気に加え暖炉の火が暖かく
迎えてくれました。
DSC05572 
中に入って一番感じたことは、室内の天井高が体感的には調度良いことです。
梁のあらわし、2階床のあらわし、小屋のあらわしなどがあり、
数値だけでは表せない高さ・広さを感じることが出来ました。
また、内部が程よく繋がっているため、どこにいても家族の気配が感じられ、
それも居心地の良さに繋がっているのかもしれません。
この気配が感じられる、という点が良かったのでしょうか、
DSC05590 
5歳になる娘が2階の寝室で「一人で寝れるよ!」と言って、
初めて一人で寝てました。
これは親二人ともびっくりした出来事でした。
居心地の良さから、2泊3日の日程にも関わらず、初めて行った長野の観光は
ほとんどせず(3日間で2箇所だけ...)、ゆっくりと家族の時間を過ごさせて
頂きました。
今回は暖炉の暖かさを感じられる11月に体験させていただきましたが、
雰囲気が違うと思われる夏ごろにも体験させて貰いたいな、と思ってしましました。
ありがとうございました。

(以上、Tさんからの感想)


観光地をたくさん廻るのもいいですが、ゆっくりとした時間を過ごすというのも

とても贅沢な経験ですね。


年末年始は胡桃山荘もお休みとなります。

お問い合わせは来年以降の宿泊のご案内となります。

それでは皆様よいお年を

スタッフ戎野