胡桃山荘便り 

宿泊体験の感想~初夏の胡桃山荘~ :2014年6月23日

今日も梅雨を感じさせないお天気でした。大阪のMs事務所内のアジサイも徐々に大人しく(?)なってきて、元気いっぱいのゴーヤとは対照的です。少しずつ季節のバトンタッチが進んでいるようです。

さて、6月中旬に胡桃山荘に宿泊されたUさんから感想を頂きましたのでご紹介いたします。実はUさんは今回が2回目の体験です。前回とは宿泊された顔ぶれも少し違うようですが、、、

(以下、文書・写真ともUさんから頂きました)

4月に続き、2度目の宿泊体験をさせていただきました。前回は私たち夫婦と2歳の娘の3人でしたが、今回は私たちの人生のアドバイザーでもある父母も一緒に5人で宿泊しました。

小雪がうっすらと積もり薪ストーブをたいた前回とはまた異なり、今回は梅雨の間とはいえ夏の到来を思わせる好天に恵まれた2日間でした。(前回4月の宿泊体験の感想はこちら)DSCN2705

爽やかな空気が流れ、胡桃山荘の初夏ならではの良さを体感しました。家族皆でゆっくりと過ごす中で、父母からは年齢を重ねた立場からさまざまな意見や感想を聞くことができました。家づくりを考える上で大変参考になり、私たち夫婦にとって貴重な時間となりました。

父は、無駄のないコンパクトな設計と、木を生かした施工の技術にとても良い印象を持った様子でした。

母は木の香りやぬくもりとともに、女性の視点から家事室の使いやすさを絶賛していました。

設備面では、以前あったヒノキの丸い浴槽が故障したとのこと、入れたばかりという新しい浴槽を使用しました。自然素材のものは毎日使い続ける中でのメンテナンスが重要と知り、勉強になりました。楽しみにしていたヒノキのお風呂に入れなかったのは少し残念でしたが、それでも、木の壁や天井の雰囲気を楽しみながら気持ちよく入浴できました。

1階の天井として使われているJパネルは、2階の床でもあるため、小さな娘が2階で走りまわる音などが、ダイレクトに1階にも伝わってきます。子供も床の木の感触が心地よいのでしょう。

「これが男の子だったら大変だな・・・」と父は笑っていま した。生活の音の大きさをどう捉えるかは人それぞれだと思います。家のどこにいても家族の息遣いが感じられる、それがコンパ クトな家の魅力の一つと捉えれば、さまざまな生活の音の中で暮らすのも、家族がともに生きている楽しさや実感があふれていて、よいものに思えるのではないかと感じました。

今回も2日間、楽しく過ごさせていただきました。

お世話になりまして本当にありがとうございました。

(以上、Uさんからの感想)

実は胡桃山荘のヒノキ風呂の故障の影響で、浴槽を入れ替えました。胡桃山荘を施工して頂いた北沢建築さんの迅速な対応で、Uさんを新しい浴槽でお迎えすることができました。工務店さんが近くにいて、すぐに対応して下さることは住まい手さんにとっても、非常にありがたいことです。建てて終わり、ではなく、建ててからのお付き合いの方が長い期間になるので、工務店さんも重要です。

スタッフ:平賀