胡桃山荘便り

宿泊体験の感想~早春の胡桃山荘~ :2017年4月 3日

4月に入り、新しい職場・新しい住まいへと環境を変えられた方も多いのではないでしょうか。
花粉症の便りも聞こえ、桜の本格的な開花も待ち遠しい季節になりました。

さて、3月下旬に胡桃山荘へ宿泊されたNさんご家族から、感想とお写真を頂きましたのでご紹介
します。

(以下、文章・写真ともNさんから頂きました)

大人2人と3歳の娘の三人で訪問させていただきました。 
s-P3190037
まだ朝晩には寒さの残る3月末でしたが、室内はOMソーラーと薪ストーブの最強の組み合わせの
おかげでとても暖かく、また室内にさりげなく配された上質なインテリアに囲まれて心地よく過ごすこと
ができました。 
s-P3190053_1
延べ床85㎡と一軒屋としてはコンパクトなサイズでしたが、実際に伺ってみるとその数字から受ける
印象よりもずっと広く感じられました。行き止まりのない回遊動線や家事室の存在が活きているので
しょうか、三澤先生の設計の妙を体で感じることができました。 

ハウスメーカーのモデルハウスなどに行っても、広く豪華なつくりに圧倒されて建物そのものの良さを感
じることはありませんでしたが、胡桃山荘は建物自体が親しみがあって、玄関を入ってすぐにリラックス
できるような雰囲気がありました。毎日の生活の場としての自宅はこうあるべき、というお手本を見せて
いただいたように思います。 
s-P3190178_1

このたびは胡桃山荘宿泊という貴重な機会を与えていただき、三澤先生、Ms建築設計事務所のみなさま、北沢建築さんに深く感謝しております。ありがとうございました。

(以上、Nさんからの感想)

 

標高750Mの高地に位置する胡桃山荘は、3月下旬でも早朝にはマイナスの気温となったのではないでしょうか。

まだ寒さの残る時期であった分、断熱性能の高さ、薪ストーブの心地よさを実感していただけたと思います。


「ハウスメーカーの豪華なつくりに対して、胡桃山荘には親しみがあり、リラックスできる雰囲気があった」という嬉しいコメントを頂戴致しました。


自然素材である木の質感を生かすのはもちろん、生活者の視点で「より使いやすく・より快適に」設計することをMsでは心がけています。


遠方からご宿泊いただき、本当にありがとうございました。


スタッフ上野

 
 

宿泊体験の感想~漆塗りのお風呂場~ :2016年12月 5日

日本全国寒波が押し寄せたり、暖かさ戻ってきたりと年末に向かって私達の生活も徐々に慌ただしくなる中、天候もなかなか安定しない日々が続いています。皆さんの地域はいかがでしょうか。インフルエンザも流行ってきているようですので、年末年始に向けて体調を整えていきたいところです。

さて、前回11月に宿泊されたHさんの姉妹であるKさんとご家族が胡桃山荘に宿泊されましたので感想をご紹介いたします。

(以下、文章・写真ともKさんから頂きました)

今回、義理の両親と主人、私の四人で宿泊しました。当日は連絡していた時間よりも早く到着したにも関わらず、北沢建築様に快く向かえていただきました。

山荘に入るとまず木の良いにおいがして、運転の疲れもどこかへ。

unnamed (4)

北沢建築様に教えていただいた商店で地元の食材を購入し、使い勝手の良いキッチンでお鍋を楽しみました。

キッチンの作業スペースが一段低く設定されていたので、立って作 業する人とテーブルにつく人とのアイレベルが合うことを皆とても喜んでいました(特に主人)。我が家は食いしん坊ばかりで、食べることが生活の中心になっています。

食べるところだけでなく、ご飯を作るところ、片付けることろ、台所まわりのいろいろを同じ目線で共有できたことがとても良かっ たです。

unnamed (1)

今回の滞在で特に楽しみにしていた薪ストーブはとても暖かく、義理の父が火の管理をとても楽しんでくれたのが嬉しかったです。

ゆらゆらと揺れる炎や、星座が解らないくらい沢山の星の夜空を見ているだけで、「ここにはテレビは要らないね」と皆で言い合っ ていました。薪ストーブに関しては朝まで暖かくひじょうに驚きました。

unnamed (2)

私が使ってみて良いなと感じたのは、漆塗りがされたお風呂場の壁です。見た目にも落ち着いていて、何より水はけがとても良かったです。これには義理の母も驚いていました。

美しさだけを追求したり、機能だけを追求したり、そうではなく、どちらもバランスよく形にされていて素敵だなと感じました。

unnamed (3) 

朝はブラインドを上げたまま、朝日で目を覚ましました。大きな窓から見える景色が、日が昇りきるまでの短い時間が、本当にすばらしかったです。

出発の際まで北沢建築様にはすてきな笑顔で見送っていただき、良い滞在になりました。美しさも機能もバランスよく詰まった、こういうすばらしい住宅が、 これから増えていけば嬉しいなと思いました。素人ながらに。

最後になりましたが、このような体験をさせていただき、Ms建築設計事務所の方、北沢建築様お世話になった方々に感謝しております。

ありがとうございました。

unnamed

unnamed (5)

到着日は北沢建築様の加工所も見学させていただきました。山荘を発った後、ボタニカルアートの展示を楽しみました。

(以上、Kさんからの感想) 

胡桃山荘では杉のような針葉樹から胡桃や栗、チークなどの広葉樹まで豊富に使われています。一般使いされなさそうな漆塗りが施されたお風呂場、、、Msでは一般的な仕上げなんです!もっと多くの方に知っていただくために胡桃山荘を大いに活用して、他ではできない体験を存分にしてみてください!そんなMsの"木使い"が詰まった胡桃山荘に皆さんも是非いらしてくださいね!

※胡桃山荘の宿泊体験には事前予約が必要です。ご予約はこちらまでお願いします。

image

後日胡桃山荘のスケッチ入りお葉書までいただきました。絵心に感動しました。ありがとうございます。

スタッフ 中根

 
 

宿泊体験の感想~秋晴れの胡桃山荘~ :2016年11月22日

11月の中旬、胡桃山荘へお迎えしたのは元Ms建築設計事務所スタッフのNさんとHさん、Nさんのいとこ姉妹2人の4名。今までスタッフとして見てきた胡桃山荘を、違う立場から初めて見てみる胡桃山荘宿泊体験はどのような印象を受けたのでしょうか。

Hさんから頂いた感想、写真をご紹介いたします。

(以下、文章・写真ともHさんから頂きました)

元Ms建築設計事務所スタッフのNさんとHは数年ぶりの胡桃山荘。初めての胡桃山荘訪問となったNさんのいとこ姉妹2人を加えた4人での宿泊となりました。

金曜日のお仕事を終えてから大阪を出発し、胡桃山荘に着いたのは23時過ぎ。北沢建築の北澤さんから事前に連絡頂いていたものの。。。

胡桃山荘に入った途端に薪ストーブの暖かさと北澤さんの優しさが体に染みました!私たちが到着する少し前から薪ストーブに火入れして暖めてくださっていたのです。

北澤さん、ありがとうございました!!

写真①

写真②

寝る前に薪を二本追加して空気を絞って就寝。朝起きると外気温は1℃!とは思えない快適な室内温度でしばらく裸足で杉の床を満喫していました。針葉樹の床って本当に温かみがあるのです。再認識!

二日目のこの日は少し遠出をして霧ヶ峰高原へ。胡桃山荘から車で1時間半ほどで到着。

写真③

写真④

写真⑤

この日は奇跡的なお天気だったようで雲海の上に頭を出した富士山に始まり、360°パノラマビューを満喫することができました。山頂近くで念願のコーヒーブレイクを満喫し食材を買い込んで胡桃山荘へ。

関西から直接は少し行きづらいですが、胡桃山荘を拠点に信州の山をまた訪れたい!と思ったハイキングでした。三澤さん、また泊まらせてもらえますか?

写真⑦-2

朝の風景。胡桃山荘の西側の窓からは北沢建築さんの社屋(こちらは三澤文子さん設計)が見えます。その奥には朝日を浴びた山々が!まるで絵画のような風景が広がっています。この窓はプロファイルウィンドウ。気密性、断熱性の優れた木製片引きサッシで、木枠が絵画のフレームのよう。性能が担保されているからこそ、周りの風景も楽しめる、改めて感じました。

写真⑥

写真⑦

三日目の朝食は前日買い出ししていたちぢみほうれん草とたっぷりきのこ、シナノスィート、そして薪ストーブから取り出したピザで大満足(取り出しているのは私)。

朝食が広がるテーブルは胡桃の天板。胡桃山荘の中には様々な広葉樹が使われているのでそれを探すのも楽しみの一つです。

地のものを頂いたところで、出発前のお掃除タイム。胡桃山荘には掃除用具も一式揃っているので、4人分担を決めてスタート。薪ストーブの中に溜まっていた灰を外にだした後(もちろん水掛けも忘れずに!※ある程度の灰が残っていないとうまく火がつかなかったり、熾火の燃焼効率が悪くなります。)、掃除機と箒で床のお掃除です。杉の床は足触りが良い分、柔らかい材なので掃除機もソフトにかけます。いつもちゃちゃっと掛けてしまいがちですが、柔らかい杉を思いながら丁寧に優しくお掃除ができたと思います。

いつもこの気持ちを心がけようっと・・・

写真⑧

写真⑨

お掃除を終え、胡桃山荘にお別れ。最後の最後まで秋の伊那を満喫させてくれる胡桃山荘でした。

写真⑩

写真⑪

写真⑫ 

その後、胡桃山荘近くの地元の農産物が買える「あじ~な」に寄ってお土産を買ったり、この季節ならではの新そばに舌鼓をうったり、途中、馬籠宿の街並みを堪能しながら大阪へと帰りました。二泊三日でしたが実質2日間、胡桃山荘を、長野を満喫することができました。

初めてMs事務所の木造住宅に泊まったNさんのいとこ姉妹2人は、胡桃山荘の温かさに驚いてました。「暖房つけてないの?」と。

外気温1°の中、薪ストーブ1台で充分な温かさ。もちろん火をガンガン焚いても外に逃げていくばかりでは燃焼の無駄使いになってしまいますが、胡桃山荘にはその温度を守る断熱性と気密性が備わっているからこそ。いわば魔法瓶です。夏の伊那は涼しくて気持ちがいいですが、特に冬の胡桃山荘を体験すると“性能”を体で感じられる宿泊となりました。

北沢建築さん、三澤さん、宿泊担当中根さんありがとうございました!

(以上、Hさんからの感想)

元Ms建築設計事務所スタッフのHさんから胡桃山荘の心地良さを改めて教えていただいたように思います。そして胡桃山荘のような心地良い住まいをどんどん生み出していくこと、それらを住まい手へ伝達していくことが私たちの使命であるのかもしれません。

これからは薪ストーブが活躍する季節です。この季節は各週末の宿泊体験にお問い合わせ頂くことも増えてきますので、宿泊体験を検討されている方はお早めにお申し込みください。胡桃山荘のお問い合わせはこちらまで。

スタッフ 中根

 
 

宿泊体験の感想~夏の胡桃山荘~ :2016年9月13日

連休前はどこもかしこも混雑は避けられません。そんなお盆前の混雑をさけるようにモノ・モノさんが社員旅行として胡桃山荘へ宿泊されました。

モノ・モノさんは昨年Msにて設計をさせていただいた東京中野区にあるコミュニティーサロンです。現在はデザイナーやクラフトマンの方々が集まり、展示会やさまざまなトークイベントをされています。

(以下、文章・写真ともモノ・モノさんからいただきました)

8月5日(金)から1泊させていただきました。家具や器、料理などにも興味があるメンバー4人での滞在でしたので、それぞれに楽しめるポイントがたくさんありました。

IMG_1849_1

ホームページで見ていたよりも室内はやや狭く感じましたが、限られた空間を巧妙に使い分け、様々な機能が織り込まれるように配置されていることがすぐに分かりました。キッチン、リビング、ダイニング、さらには書斎やベッドルームに至るまで、一つの空間をシームレスに巧みに使い分け、実際の面積以上に機能性が高い設計になっているという印象です。

今回は高速渋滞のため夕方にチェックインしました。その関係でキッチン周りで過ごす時間が多くなりました。近くのスーパーで地元食材を買い込んで、作っては食べ、作っては食べ、とゆっくり食事をしましたが、一体感のある楽しい時間になりました。

外観

キッチンは、一般的なカウンターキッチンと違い、調理台とテーブルが大きな一枚板になっています。作る人と食べる人の間に段差や仕切りがないので、それぞれにゆったりとしたスペースを確保しながら、一緒に話したりくつろいだいりでき、とても快適でした。お酒を飲みながら料理したい人にはうってつけだと思います。

食事がひと段落したら、各々が好きなデザインの安楽椅子へ移動。気分に合わせて使い分けできる自由度が高い空間が、時間をゆったりと感じさせるようでした。

朝食

窓はリビングに2面ありますが、何と言ってもキッチンからの眺めが最高でした。外には濃い緑が広がり、料理をしている時の開放感は、まるでキャンプのよう。料理もがぜん楽しくなります。これはやはり、キッチンを中心にこの空間が作られているのだろうなぁと感じました。

また、この空間のアクセントにもなっている赤いソファベッドも魅力的でした。用途が限定されない曖昧なスペース昼寝をしたり、本を読んだりと、いろいろ使えそうでした。なかなか自分では考えられない空間の使い方だと関心してしまいました。

ソファと椅子

なるほど、考えてみるとこのような使い方を限定しない、いい意味の「曖昧さ」が胡桃山荘の特徴かもしれません。ただのワンルームということではなく、キッチンのようであり、リビングのようであり、寝室のようでもあるという、それぞれの機能が存分に活かされた多様性。それぞれが無理なく一つの空間にまとまり、機能的に使い分けられ、昔ながらの日本家屋のように、家族の気配が伝わって来る仕切りのない大空間は、とても魅力的でした。

家の設計によって生活が変わる。考えてみれば当たり前のようですが、実際体験できたのは胡桃山荘が初めてでした。短い時間でしたが、住まいに対する発見に満ちた2日間でした。ありがとうございました。

作り手のコミュニティーサロン | モノ・モノ

 

(以上、モノ・モノさんからの感想)

今回は社員旅行として胡桃山荘をご活用していただきありがとうございました。普段からモノづくりをメインとされ、デザイナーやクラフトマンの方々が集まっているため、写真も『胡桃山荘の良さ』がびっくりするほど引き出されているように思います。素敵なお食事タイム、普段感じる事のできない環境の中、ゆっくりと寛いでいただけたのではしょうか。これを機にさらなる発展を遂げていただけたら幸いです。

スタッフ 中根

 
 

宿泊体験の感想~春の胡桃山荘~ :2016年5月 2日

夏のような陽気の到来で幕を開けたゴールデンウィークですが、連休中晴ればかり
とはいかないようです。皆様のお出かけに影響がなければよいのですが、、
さて、連休前に滑り込みで胡桃山荘へ宿泊されたAさん。
Msに設計依頼されている住まい手さんです。
プレゼンテーション後の宿泊で、イメージも膨らんだことでしょう。
そんなAさんから感想とお写真を頂きましたのでご紹介いたします。

(以下、文章・写真ともAさんから頂きました)

IMG_4318
家事室が、我が家にも欲しいです!
到着して荷解きした途端に生活感が出まくりでしたが、家事室に荷物を避難させると、
いっきにもとのステキなお家にもとどおりになりました。
適度な狭さでこもりたくなります。落ち着く狭さです。
でも、左右の入り口はオープンだし、可愛い丸い穴も開いていて、
家族の気配は感じられて、程よいです。
そのせいか、2歳の娘も不安になることなく、
こもってデスクでお絵描きにいそしんでいました。
また、穴あきの壁はくるくる回れる ので、ひとしきりくるくる回ったり、
かくれんぼしたりして遊んでいました。

木枠の窓から、周囲の美しい自然や素敵な北沢建設の建物が見え、
まるで額縁のようでした。
薪ストーブを焚くとその煙が立ち上って行くのもみえ、そのゆっくりとした風景に
ほっこりした気持ちになりました。

薪ストーブは、2泊のうちに主人は扱いをだいたいわかったようです。
火の揺らめきをみていると、もう家から出たくなくなりました。
部屋全体があたたかく、家の気密のよさと、
そよ風の機能も同時に体感することができました。
乾燥するので、ストーブにやかんでも置いておけばよかったのでしょうね。
キッチンは使い勝手がよく、細かなところで参考にしたいことがありました。
米びつは瓶に入れておけば使いやすそうとか、
包丁の収納の木枠を作ってもらいたい等、、。
段差は私には不要そうに思いました。
コンロとシンクの間は75㎝でしたが私には60㎝くらいがよさそうに感じました。
重いものを移動させるのに狭いほうが良いように感じたためです。

二階の寝室では、袋状ではない枕カバーが一番参考になりました 笑
二階の窓からの眺めも素晴らしかったですが、一階の眺めが十分素晴らしかったので
ほとんど二階では寝るだけでした。
階段周辺も回遊できるようになっていたので、
娘はまた目が回るほどずっと回っていました。
一階で全て完結できると二階へ登るのがとてもおっくうに感じましたので、
我が家の設計を平屋にしてもらえて良かったと思いました。

玄関のステンドグラスのドアや名栗の漆仕上げの床がかっこよかったです。
お風呂の床の石は、朝にはすっかり乾いていたのでびっくりしました。

一番感じたのは、娘が、毎日帰宅するとアンパンマンの動画を必ず見るのですが、
二泊のうちに一度も見ずに過ごしたことです。
IMG_4374
終始ご機嫌で、走り回ったり、床にゴロンとしてボーとしたり、
デッキで日向ぼっこしたり、シエスタソファでお昼寝したり、、
のびのびと楽しそうな様子に、毎日こんな風に過ごさせてあげたいと思いました。
近くに住む親戚も遊びに来てくれたのですが、気密のよさのせいかあたたかいね、
おしゃれな良い家になりそうだねと言っていました。
親戚も木の家を建てて住んでいますが、胡桃山荘はいい木を使ってるねと
言っていました。
楽しい三日間でした。本当にありがとうございました。

広さのイメージ等色々参考になったので、また近々、こうしたい、
というようなこともお伝えしたいです。

今後ともよろしくお願いします。

(以上、Aさんからの感想)

回遊性のあるプランは使い勝手がよく、風や音(気配)も通るので、
一体感のある家造りには欠かせません。
それに直感で気づくお子さんは素晴らしいなと感心致しました
プレゼンテーションから完成まではまだまだお時間ありますが、
これからの家づくりをより一層楽しんで頂ければと思います。

スタッフ戎野