設計の特色

Jパネル・Dボルト工法

Jパネル・Dボルト工法

1995年阪神淡路大震災を経験し、多くの被害調査を行いました。その経験から日本の木造設計教育に本腰を入れ、今も、継続して耐震性のある木造設計の研究をつづけています。
それは、三澤康彦とMs建築設計事務所を立ち上げてから、長らく「地域の山の木を使った木の家」をつくり続けてきた私たちが、阪神大震災直後に受けた「木造は地震に弱い」といった偏見を、なんとか払しょくしたいという思いがあったからです。そして、同時に木造住宅でこそ、住まい手が安心して暮らすことのできる安全な家ができる。と信じていたからです。
そんな阪神大震災直後に出会ったのが JパネルとDボルトなのです。

まずはJパネルについてご説明します。
正式名は「杉3層クロスパネル」で、CLT(クロス・ラミネーティド・ティンバー)の仲間になります。12㎜厚の巾はぎパネルを3枚。2層目を直行させて重ね合わせて3層にしたパネルです。
このJパネルは「大臣認定」を得て耐震性を確保した構造用面材になっています。(これらの開発を私たちがさせて頂きました)
また、1層が12㎜ありますので、無垢の木と言って良く、山の木を活かした素材になります。
そんなことから、このJパネルはそのまま仕上げ材としても利用でき、まさに一石四鳥。壁・床・天井・造作まで使用範囲は広いのが特徴です。

次はDボルトです。
このDボルトも私たちがその開発のお手伝いをさせて頂きました。
さて、構造材が見えない大壁造り(柱・梁などの構造材がボード類にくるまれて木材が見えない工法)では、柱と横架材の接合部には「羽子板ボルト」を用いるのが一般的ですが、真壁造り(構造材が見える工法)の場合には、そのような無粋な金物を使うことはできません。
そこで、柱や梁の芯で緊結して、姿が見えない金物がDボルトを使用します。その緊結方法もスマートで、しかも強度が優れています。
Dボルトによる緊結は、伝統的な継手仕口(接合部)の理屈を取り入れて、さらに耐力を増した、温故知新の接合金物と言っていいかと思います。

Jパネル・Dボルト工法