• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

築5年目 ~最初のメンテナンス塗装を紹介~

神戸の現場に行く際、よく通る 郡家の家 通る度に木部チェックをしては、住まい手さんに「木部塗装を行なう際は、Ms に連絡をください」とお伝えしておりました。

Msでは後々のメンテナンスが簡単に出来る塗料を使って欲しいので、最初の塗装時期を向かえるKさんご夫妻と一緒に塗装を検討したと思っておりました。

木部は塗装を行なうと紫外線から守られ良い状態が保たれるので、お肌に例えるなら日焼け止めや保湿クリームを塗る様なものです。
以前Ms のメンテナンスで築19年目を過ぎたH邸に訪問した際、いつ木材をやり変えられたのですか?と、お尋ねすると。
「以前のままです 塗装はしています」と、素晴らしい状態の外部木塀を見てから塗装を勧めがちになってしまいますが...。あえて素地(塗装をしない)仕上げとし木部の表情と変化を楽しむ場合もあり全ての木部に塗装を勧めている訳ではございません。

今回は、郡家の家 施工時からの工務店の監督(貝渕さん)、塗装屋と職人(大西さん、那須さん、宮さん)と打合せを行い。Ms 三澤文子が無駄な項目が入っていないか厳しい目で見積りの確認をし、必要な場所のみ塗装を行なう事でコストも抑えられました。

IMG-1302.jpg
(塗装前の木部の状況:塗料の色落ちはがあるが木部の痛みは無く健全な状態です)

IMG-1644.jpg
(塗装前)

IMG_1663.jpg
塗装 途中(塗装2 日目)

IMG_1660.jpg
流石職人さん!素地の部分をキレイに残して素早く作業をしてくれます。

991.jpg
このあたり、木塀はコテバケ一つで簡単に塗装が出来るので、私が塗装を行ないます。


せっかく塗装の職人さんが入ってくれるのですから、打合せの際に木部以外も塗装をお願いをしました。

IMG_1664.jpg

写真は、配管の露出部を隠し見た目を良く整えながら、破損や劣化から守る工夫をしたモノです。
配管の上に入っていた小石を取ると、メンテナンスが出来ます。
鉄部は表面ケレン(素地調整)、錆び止め、仕上げ塗装を行ないキレイになりました。

IMG_1658.jpg
こちらも上から塗装を行ないました。
この様な小さな場所も塗装を行なう事で、建物が生き生きしてきます。建物がキレイになると気持ち良いですね!


スタッフ新井

気が付けば山

とうとう12月に入り、師走ですね。

今年も残すところあと1ヵ月です。

そして11月末、私は、気が付けば山にいました。

MOKスクールツアーでも行った奈良県、川上村の山です。

DSC_2065.jpg

今回は、Msで設計を行う物件の住まい手さんご一家と一緒に、山へ伐採の様子などの見学に来ています。

今回、伐採をしていただく方はこの方!

DSC_2150.jpg

林業家である東辻秀和さんです。

この方は、住まい手さんのお母さんのいとこににあたる方。川上村で代々山守をされています。

今回案内いただいたのは、東辻さんが管理している 住まい手さんのひいおじいさんの山です。なんと100年生以上の檜を3本、伐採し進呈くださるとのこと。

それで、ご家族みんなで、伐採の現場を立ち会うことになったのです。

当日は山見学の集合場所で、ウェルカム焚き火をして、私たちを迎えてくれました。

DSC_2055.jpg

焚き火で体を温めて、いざ山へ。

少し勾配のある道も通り、林道を進んでいき、目的の場所へ。

DSC_2070.jpg

今回、プレゼントということで、この場で木を指定して、実際に伐採してもらえます。

住まい手さんも、どの木が良い育ち方をしている木か悩みながら、決めていきます。

DSC_2113.jpg

3本の檜を選びました。

選んだ木のうち、代表の1本に向かって全員で二礼二拍手一礼を行います。

DSC_2096.jpg

その後、伐採する木の周りにお米と水を撒いていきます。

DSC_2109.jpg

いよいよ伐採です。

とその前に、準備をしていきます。

伐採する木と切り倒す方向にある木の両方に縄をかけ、結んでいきます。

そうすることで、切り倒す方向に引っ張ることができるので、より正確な方向へと倒すことが出来ます。

DSC_2196.jpg

写真の、手前にいる迷彩柄の作業着の方は、東辻さんの息子さんで、ナオキさんです。

東辻さんの後継者として、林業を親子で行っています。

DSC_2149.jpg

ヒデカズさんが切って

DSC_2152.jpg

ナオキさんがテンションをかける。

お二人の連係プレーで伐採していきます。

DSC_2158.jpg

伐採した後、切り口からはとても濃厚な匂いがします。

こんなに濃厚な木の匂い、普通に生活していても中々嗅ぐ機会はないですね。

みんなで木目を見たり、触ったりしています。

私はひたすら年輪を数えて、大体樹齢150歳かなと思い、東辻さんに聞いたところ140歳程の樹齢とのことでした。おしい?です。

DSC_2174.jpg

DSC_2220.jpg

三澤が事務所玄関に飾る為に檜の枝を持って帰っているところをパシャリ。

そんなこんなで元来た道を戻り、再び焚き火をしていたあの場所へ戻ると....

DSC_2274.jpg

今回の山の案内人の一人である高垣真堂さんが、ひと足先に鴨鍋の準備をしてくれていました。

高垣さんも住まい手さんのご親族にあたる方です。

鍋に使うダシもご自身で作ったものを持参してくださっています。ありがとうございます!

DSC_2309.jpg

そして、目の前には絶景が

DSC_2057.jpg

DSC_2321.jpg

皆さん歓談しながら鴨鍋を堪能しています。

私も鴨鍋を食べつつ、ウロウロしているとこんな石碑が...

DSC_2295.jpg

東辻さん協力のもと行われた木魂会の 故 西岡常一棟梁の生誕100年記念植樹の石碑を発見しました。

Msの代表であった故三澤康彦氏は生前、故西岡常一棟梁の追悼文を寄稿しています。

この山の中でもMsと繋がりが見えたことに驚きました。

DSC_2303.jpg

手前にあるのが、記念植樹された檜です。

今回、実際に伐採を間近で見れる住まい手さんにとっても私にとっても貴重で盛りだくさんな一日となりました。

実際に伐採を見た木が自邸に使われるというのは、愛着も湧きやすいのではないでしょうか。

残したい家と思われるように材料だけでなく、設計もこれからさらに尽力して参ります。

皆さん大変ありがとうございました。

スタッフ宮本

TE-DOKさんの構造・接合部検査~施工は羽根建築工房さんです。

前回の奈良県生駒郡平群町Ms日記はこちら

現在、奈良県生駒郡平群町まで、毎週、改修住宅の現場監理に通っています。気候地域区分でいえば、関西は6地域ですが、なんとこの平群町はスポット的に4地域(※11/16の法改正で5地域に改正されました。) ということで、これから完成引き渡しの1月末まで、ぐんぐん寒くなっていくことでしょう。

現時点では、先月半ばの「構造・接合部検査」を経て、構造補強が終わり、断熱工事、そして内部造作工事と、着々と工事は進行しています。

1.JPG

現場は、いつもとてもきれいで、現場に入るたびに「綺麗にしているね。」と言うのが私の口癖です。

それは、この現場の棟梁、入江さんがとても綺麗好きだからなのでしょう。道具を置く、市松模様のキャスター付きの棚も、工夫を凝らしていて味があります。

そんな現場に、岐阜からやってきた 構造事務所TE-DOK(テドック)の河本さんと田畑君。この改修住宅の構造担当です。

2.JPG

シマシマのTシャツ姿の河本さん。 「構造・接合部検査」は先月の半ばに行ったので、まだ薄着ですね。

TE-DOKの河本さんは、Msで意匠設計も学び、その後、岐阜県立森林文化アカデミーと協力して構造実験などを行い、構造金物や構造面材、工法などの開発のサポートをする、岐阜のNPO、WOOD-ACで活躍していて、私とは長い付き合いです。

3.JPG

早速、大工さんとともに、接合部個所を一つ一つ、確認しています。

河本さんの向こうで、大工さんに説明をしているのが、この建物の構造担当の若手・田畑君。(田畑君は岐阜県立森林文化アカデミーの教え子なのでどうしても君付けに・・・)

このように検査の際には、ボスが同行して、しっかり指示出しをしてくれます。

4.JPG

この現場では、基礎と柱の緊結をするホールダウン金物を、内側に三角柱の補強基礎を設け対処しました。現場で監督さんや大工さんと話し合いながら私が提案して方法を、田畑君が構造計算をして裏付けをとってくれています。

5.JPG

上部構造である軸組は、柱や梁の補強をしたうえで、それぞれの部材である柱や梁がバラにならないように、全て金物補強をします。自分が設計した新築の軸組では、考えられない金物の使い方ですが、改修は、「つくるというより、治す」ことなので、ここは考え方をがらりと変えなければなりません。

6.jpg

既存の軸組で取り付けられていた「鎹(カスガイ)」(上の写真)については、すべて外してもらいましたが、そんな時には、「子は鎹。という諺があるけど、こどもがいても離婚するときはするし、鎹なんて、そんなに強いものではないからね。」と大工さんと笑って話をします。

7.JPG

上の写真では、右端、田畑君の説明に、真剣な表情の大工・佐保田さん(羽根建築工房)その左横は羽根建築工房・監督の和田洋明さん。そして左端が、Ms担当の宮本岳拓君です。

若手が現場テーブルを囲んで真剣に話し合っているのを後ろから見守る入江棟梁。

こんな様子をみて、「羽根さんの大工衆と仕事ができてうれしいな。」といつも感じるのです。

三澤文子

見た目は、めだたず力強い。

11月12日、兵庫県三木市のデープランヨネザワ 米澤修二さんをお尋ねました。

米澤さんは、D・BOLT(Dボルト)開発者で阪神大震災直後に三澤康彦さん、文子さんと出会い震災後の木造を想い、Dボルトをつくり上げた私たちの仲間です。

IMG_1438.jpg

このDボルト、木部の節の様にデザインされているので
どこに入っているか見逃してしまいがちなのです。

DSC_082800.jpg
 
写真上、〇印箇所にDボルトが見えています。

 1.jpg  
(一般的な金物)             (Dボルト使用)

一般的な木造に使用される接合部の金物は、材料の表面にビス留めをして固定しますが、
Dボルトは材の芯に金物を通し固定するので軸組み工法では合理的な固定方となります。

震災を経験した私は、自宅にて木造の軸組みが積み木の様に動いた光景を見てから
(今、思い返してもぞっとしますが)接合部の重要性を特に感じます。

下記の実験画像を見ると、Dボルトの安定感を感じます。http://yonehouse.jp/d-bolt(デープランヨネザワ D・BOLT紹介ページより)
010.jpg

Msで、いつも使用しているDボルトですが、
米澤さんや木造に取り組む熱い仲間達で生まれたDボルトの裏側を少し知る事ができました。

Msスタッフ新井

ヘルメットのような複雑屋根~文京区ウマハウスの版金工事が進行中

前回記事はこちら 

ウマハウスの施工は千葉県船橋市の持井工務店さん。今回の台風被害の影響は少なからずあったとのことで、台風19号では、加工場の一棟が大きな被害となり、使用不可能なったそうです。

そんな状況の中、ウマハウスの屋根・外壁の板金工事も着々と進行しています。

1.JPG

屋根はガルバリウム鋼鈑一文字葺き。写真のような緩勾配で素直な屋根かと思いきや、南面、前面道路側はこのようなヘルメットのような形。急勾配の面が数々ある、という複雑ぶりです。道路斜線や北側斜線の制限を克服した結果の形です。
2.JPG

そんなことで、合成写真のようも見える下の写真も、屋根の施工中のもの。

複雑であることが見て取れると思います。

3.JPG

今回、一文字葺きで、はたらきが400㎜。大きなパーツの一文字葺きを、いつかやってみたいと思い、実現しています。
また、ここ10年ほど、こげ茶がベストカラーと思っていていましたが、今回は茶色を選びました。チャンスがあれば使ってみたい。と、最近感じていた色です。
4.JPG

いまや熟練板金職人も少なくなり、「目指す屋根や壁の表現が実現しない。」といった経験をしたこともあります。しかし、北杜工業の熟練職人・田山さんは、頼もしい腕前。屋根の中に入りこんだ、3階のバルコニー廻りの壁の施工を行っています。5.JPG

さて、屋根の施工もほぼ終了し、壁の施工に入るのですが、板金と杉板との取り合いで、田山さんからの質疑がありました。

6.JPG

そこに参戦した、棟梁の山崎さん、そして監督の苫米地さん。
あわせて4人で、板金と木の取り合いについてケンケンガクカク。

7.JPG

道も狭くて、ご近所さんが近い敷地周辺なので、このような大きな声の議論が、ご近所さんに聞こえているのではないかな? と、後から、ちょっと心配。
でも「みんなで話し合って造るつくりかた」が、「木の家をつくる」ということだと思っているので、ご近所さんにも、そんな熱意を、解ってもらえないかな?などと、希望的に思っていました。
さてさて、屋根・壁から床の仕上げの決定です。
なんと今回テラゾーに挑戦。こんな見本帳があったのですね。興味をそそられる見本写真が満載です。

89.jpg

失ってしまいそうな職人の技を使った家にしたいと思います。
大切な技を、失わないように守るのも、設計者の使命だと思っています。

三澤文子

月別アーカイブ

カテゴリ一覧