• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

広島県庄原市 古民家再生の宿「不老仙」

「不老仙(ふろうせん)」

築100年程度の古民家を改修した、宿の名称です。

聞くところによると、その昔、仙人が暮らしていたという里山の奥地、

庄原市上谷地区に位置しています。

はじめてこの地を訪れた時の感動は、今でもはっきりと覚えています。

iti.jpg

上写真は、建物工事前の様子です。

 (現在、右手の建物は解体しています)

美しい山の稜線と谷のせせらぎ。

幾重にも重なる石積みの棚田と鳥のさえずり。

これ以上ない、豊かな自然環境の中にひっそりと建物が佇んでいます。

2  DSCN0263.jpg

建物側からの、見返しの風景です。

隣家まで約200Mの距離があり、空、山、棚田による風景が広がります。

「棚田」と書きましたが、

正確には、この地域で育つ『比婆牛(和牛の元祖といわれています)』のエサとなる「牧草地」です。

r0017946.jpg

上写真が、改修後の外観です。

木造平屋建て(約55坪)。

間口が約20Mあり、縁側に面した開放性のある連続窓が特徴です。

さて、

今回のプロジェクトは、Ms発のチーム設計です。

設計統括:六角屋 三浦史朗氏

協働設計者:Ms + 住宅医チーム

「不老仙」においては、

住宅医でMs事務所OBでもある、WASH建築設計室の日野弘一氏に

全面協力を頂きました。

施工は、地元の工務店: 長谷川木材店:長谷川智久氏 です。

r0017934.jpg

内部の様子です。

玄関板間は、ワークショップにて、皆で製作した「漆」の床板です。

板間の奥に、和室2間が続きます。

5  IMG_8358.jpg

大きな間取りの変更は行わず、

漆喰の「白」を基調に、さわやかな印象となるよう仕上げました。

ソファ、座卓等の家具類も、落ち着きのあるデザインで製作しました。

r0017901.jpg

寝室は、1400巾のベッドを二つ。

地場の桧を用いて、地元のベット製作メーカー:「舛元木工」さんに製作して頂きました。

高さを280に押さえており、和室によく合っています。

ベッドボードには、照明+コンセントを用意しました。

7  IMG_8352.jpg

一段下がった土間には、杉板をはり、キッチン&ダイニングをつくりました。

キッチンは既存利用ですが、モルタルで塗り直しています。

ご家族やグループで、楽しく料理ができる広々としたスペースです。

8  IMG_8353.jpg

家具全般は、大阪在住の沖本雅章氏(大工)に製作して頂きました。

Jパネル(杉)を使った机・ベンチは、よく考えられたディテールで、好評です。

r0017920.jpg

洗面、浴室などの水廻りは、ゆとりを持たせてつくりました。

天井・壁は桧。

床、浴槽は、左官仕事(洗い出し&砥ぎ出し)で、一体としてデザインしています。

10 IMG_8379.jpg

今回、古民家を宿泊施設に再生させるということで、

現実には、「法規、工期、コスト」など、様々な制約がありましたが、

チームで協力して乗り越えることができました。

上写真は、竣工時のオフショットです。

(玄関先のベンチにて)

11 IMG_8452.jpg

古民家改修には、

ひとつの建物だけではなく、より広く地域社会に貢献していけるストーリーが内在しています。

今後も、古民家を「コア」とした、地域再生に向けた取組みを続けていきたいです。

 ※庄原市内では、3棟目『こざこの森』が工事中です

広島県庄原市、古民家の宿。

ぜひ、一度、訪れてみてください。

Ms 上野耕市

以下、参考URL

せとうち古民家ステイズ(Setouchi Cominca Stays)  

https://cominca-stays.com/

せとうち古民家ステイズHIROSHIMA【不老仙】予約フォーム

https://shobara-info.com/spot/2072

せとうち古民家ステイズHIROSHIMA【長者屋】予約フォーム

https://shobara-info.com/spot/1989

年末年始の漆塗り@奈良そして東京~沢田欣也氏 Msの現場に来る!

昨年末の26日・27日。2つの改修建物のために、沢田欣也さん(以下、欣也さん)が石川県小松から、奈良に来てくれました。

まずは、奈良の梅田工務店さんの加工場です。

平野区の民家改修で必要なケヤキの柱を、なんと梅田工務店のコレクションから分けて頂いたのです。そのケヤキを8角に加工して頂き、漆塗りは欣也さんにお願いしました。

「年末年始のほうが、逆にスケジュールが空いている!」とのことで、2日間かけて3回塗りをして頂きました。

1.JPG

写真は、1日目。

2回塗りまで終えて、乾燥のための養生をしている欣也さん。大工さんたちが手際よく手伝ってくれました。

00.jpg

ケヤキの塗り具合は、こんな感じ。

素晴らしい塗り具合です。ケヤキの木目と光沢が何とも言えません。

4.JPG

乾燥の合間を縫って、次は奈良県平群町の「平群のすまい」の現場へ。

この現場は羽根建築工房さんの施工で、担当はMs宮本君です。

写真のクリの柱は、宮本君が塗師になり、漆を塗るのですが、車で20分ほどの近くにある梅田工務店さんの加工場から、師匠の欣也さんが出向いて、直接、ご指導頂いています。

漆塗りの工程として、まず初めに弁柄を塗っているところです。

5.JPG

そして、塗った弁柄を乾燥させた後、上から漆を塗っていきます。

漆は肌についてしまうとかぶれてしまう為、慎重かつ丁寧に塗装していきます。

基本的に漆は、塗装と乾燥を繰り返し、3回塗りまで行います。一回目は、漆は木材に染み込んでいくため、漆を塗る時の伸びが悪いですが、2回目、3回目と回を重ねるごとに、表面がコーティングされていくので、漆の伸びも良くなります。

6.JPG

漆を乾燥させると言いましたが、実際起こっている現象としては、硬化が起こっているのです。つまり、漆は、水分と反応することで硬化するので、電気ポッドなどで水蒸気を発生させ、湿度を70%程度まで上げる必要があります。

三回塗りを終えた頃には、光沢も出て、深みのある色へと変わりました。

さて、年が明けて2020年1月8日。次は東京です。

7.JPG

2月末に完成予定の「ウマハウス」の丸柱に漆を塗ることになりました。

3階建てのこの家、1階から2階までのスギの丸柱です。 まずは1階から弁柄で着色していきます。

8.JPG

そして、2階ホール。8日~9日の2日間で3回塗りを行いました。

9.JPG

そして3回塗りが完了。日差しにあたった部分だけ、真っ赤に見えますね。

この丸柱は、兵庫県宍粟の山のスギ。宍粟は、軍師・黒田官兵衛のふるさとです。

ウマハウスの住人は、歴史好きなので、「官兵衛はしら」と名付けて、大切にしてくれることと思います。

三澤文子


前回の「平郡のすまい」記事は こちら

前回の「ウマハウス」記事はこちら

12月27日 Ms仕事納め~大掃除の一日

毎年、大掃除の日のお昼は、三澤自邸にて、私がお昼ご飯の準備をします。

一応、自宅はこの日までに、窓ふき以外の大掃除は終わっているので、ゴタゴタしている事務所から、しばし避難して、三澤自邸でのランチで休憩です。

1.JPG
本日は全員で8名。朝から現場で漆塗りを行っていた宮本君が帰社してから、みんなでランチタイムになります。


2.JPG
毎年カレーが定番なのですが、今年は 豚汁ヒレカツ+カキフライ、そして温野菜のサラダ。キャベツのせん切りは山盛りです。
特に20代の男子は、よく食べるので、年末、奈良の陶芸家・糸井康博さんに頂いた、新米を多めに炊いております。


3.JPG
私は、昨日のMOKスクール会議あとの忘年会で、多少飲み過ぎたことから、控えめにして、給仕係に専念し、揚げたてのカキフライをみんなに配ったり・・・
やっとそれも終わって歓談中。


4.JPG
自宅仏間には、春音さん(吹田市山田)のお正月のお花も入り、晴れやかになっています。
今年一年、みんなが頑張って仕事に取り組んだことを、報告しなければなりません。


5.JPG
夕方になって、大掃除も無事修了。Msの一角にある アンリさんのアップルパイを頂き、それも片づけると、薪ストーブの炎の音だけの、静かな空間になりました。

6.JPG
12月31日になったら玄関に飾る、しめ縄も準備万端です。
毎年、伊勢の「宮忠」から取り寄せているしめ縄。「蘇民将来子孫家門」「商売繁盛」「千客万来」「笑門」の4つの木札から選ぶのは、毎年、この「笑門」です。
Msに訪れた方々に、笑って暮らせる住まいや、建築をつくって暮らして頂くこと、それらをつくる私たちも、楽しく笑って過ごしたいと願うからです。

皆様、1年間有難うございました。来年 2020年もどうかよろしくお願い致します。


三澤文子

令和初の火入式

寒いですか。寒いです。

ということで、

Ms事務所の薪ストーブの火入れ式の時期が今年もやって参りました。

事務所内には薪ストーブ(ドブレ760CB)が設置されているのです。

IMG_2357.JPG

火入れ式自体は毎年恒例ですが、今回は令和初の火入れ式です。

今回は事務所にいた水の葉設計社の中野さんをつかまえて、一緒に火入れをやっていただきました。

IMG_2355.JPG

着火剤に火をつけて、いざ火入れ!

IMG_2350.JPG

この瞬間、薪ストーブ生活、始まりました。

IMG_2339.JPG

ちなみに今回使用したのは、現場からもらってきた杉の柱材の切れ端であったり、

IMG_2344.JPG

杉のフローリング切れ端を薪に使っています。

現場から薪は調達できるので、薪代は一切かからずに暖を取っています。

IMG_2347.JPG

燃焼も進み、表面に白い炭がついています。

IMG_2346.JPG

これは薪ストーブ天板に取り付けている温度計です。

200℃近く温度が上昇していますね。

今日も無事に暖かく過ごせそうです。

体調管理にも気を付けながら、年末まで業務を行っていきます。

インフルエンザも流行っていますので、皆さんもどうぞ体調を崩さぬようご自愛ください。

Msスタッフ宮本

築5年目 ~最初のメンテナンス塗装を紹介~

神戸の現場に行く際、よく通る 郡家の家 通る度に木部チェックをしては、住まい手さんに「木部塗装を行なう際は、Ms に連絡をください」とお伝えしておりました。

Msでは後々のメンテナンスが簡単に出来る塗料を使って欲しいので、最初の塗装時期を向かえるKさんご夫妻と一緒に塗装を検討したと思っておりました。

木部は塗装を行なうと紫外線から守られ良い状態が保たれるので、お肌に例えるなら日焼け止めや保湿クリームを塗る様なものです。
以前Ms のメンテナンスで築19年目を過ぎたH邸に訪問した際、いつ木材をやり変えられたのですか?と、お尋ねすると。
「以前のままです 塗装はしています」と、素晴らしい状態の外部木塀を見てから塗装を勧めがちになってしまいますが...。あえて素地(塗装をしない)仕上げとし木部の表情と変化を楽しむ場合もあり全ての木部に塗装を勧めている訳ではございません。

今回は、郡家の家 施工時からの工務店の監督(貝渕さん)、塗装屋と職人(大西さん、那須さん、宮さん)と打合せを行い。Ms 三澤文子が無駄な項目が入っていないか厳しい目で見積りの確認をし、必要な場所のみ塗装を行なう事でコストも抑えられました。

IMG-1302.jpg
(塗装前の木部の状況:塗料の色落ちはがあるが木部の痛みは無く健全な状態です)

IMG-1644.jpg
(塗装前)

IMG_1663.jpg
塗装 途中(塗装2 日目)

IMG_1660.jpg
流石職人さん!素地の部分をキレイに残して素早く作業をしてくれます。

991.jpg
このあたり、木塀はコテバケ一つで簡単に塗装が出来るので、私が塗装を行ないます。


せっかく塗装の職人さんが入ってくれるのですから、打合せの際に木部以外も塗装をお願いをしました。

IMG_1664.jpg

写真は、配管の露出部を隠し見た目を良く整えながら、破損や劣化から守る工夫をしたモノです。
配管の上に入っていた小石を取ると、メンテナンスが出来ます。
鉄部は表面ケレン(素地調整)、錆び止め、仕上げ塗装を行ないキレイになりました。

IMG_1658.jpg
こちらも上から塗装を行ないました。
この様な小さな場所も塗装を行なう事で、建物が生き生きしてきます。建物がキレイになると気持ち良いですね!


スタッフ新井

月別アーカイブ

カテゴリ一覧