木の住まいをデザインする建築設計事務所

Ms日記

木材検査に行ってきました(奈良県S邸) :2015年12月17日

IMG_6267
奈良県で建設中のS邸改修工事の構造材の検査に行ってまいりました。
S邸は改修工事ですが、増築が有るため新築と同じように構造材を使うことになります。
今回は奈良県産材を使いたいということで吉野のWOODBASEさんを訪れました。

DSC_0325
WOODBASEの中西社長が材料を並べてくださっています。
先ずは6Mの長い梁材から検査していきます。
この日は住まい手さんも見学に来て頂きました。注意深く材料を確認されています。

DSC_0326
検査は”色柄”、”含水率”を確認していきます。
化粧で見えてくる材料の数が足りているか、含水率の高すぎる材が無いか、一本一本計測器を用いて確認していきます。
また梁材に関しては強度が大事になるため”ヤング係数”を測定していきます。

DSC_0335
写真はヤング係数を測定しているところです。材料の片方をハンマーでたたき、その振動を受信機で受け取って強度を数値化していく事が出来ます。一本一本打診音が異なり、自然素材は同じものが一つとして無いことを改めて感じさせられます。
自然素材である木材はばらつきが必ずあります。そのばらつきを事前に把握し、適性な位置で使用することができないと意匠面や構造面、また施工性にまでリスクを負うことになります。本数が多いので時間と手間がかかりますが、気を引き締めて検査を進めていきました。

DSC_0345
3M材の柱です。節が少なく色柄の綺麗な材を揃えて頂いています。

DSC_0353
こちらは屋根の垂木材。芯去り材でこちらもきれいな材料をたくさん用意していただきました。ただ、予定している化粧材の本数よりもわずかに足りなかったので、数本は交換していただきました。木材検査をすることで、現場で化粧材が足りなくなることを防ぐことが出来ます。

DSC_0367
帰りに現場によって帰りました。WOODBASEから車で約30分。とても近い距離になります。現在基礎工事が進み、増築部の建て方は来年2月ごろになりそうです。今後の進捗もとても楽しみです。

スタッフ:日野

 
 

12月ある日のMSD :2015年12月 6日

12月に入ると大阪も急に寒くなり、SOHOに植えた紅葉も赤く色づいてきました。
本日は橘商店の橘さんがJパネルなぐり加工材を搬入に来て下さいました。

この材は現在工事中の実結の森(みゆのもり 愛知県にある福祉施設)にて使用します。
11_1206.jpg
実結の森では塗装ワークショップを開催致します、興味がある方は是非ご参加下さい。


▼早速、好奇心旺盛なMSDスタッフによるなぐり加工の仕上がりチェックが始まりました。
22_1206.jpg
この後、傷が付かない様に慎重に梱包し実結の森へ送り出しました。

さてSOHO2件隣の、ふくまちや では
棟梁梅本さんによる工事も大詰めです。本日は棟梁と下地さん、松浦さんや和田さんにより床貼りや建具工事などをして頂きました。ふくまちやは職人さん達により日々過ごしやすくなっていますが、33_1130.jpg

▼2数ヶ月前
44_1012.jpg
ふくまちや(2015年 10月12日)
▼さらに、2数ヶ月前55_0821.jpg
ふくまちや(2015年 8月21日)
最近はあの頃の姿を忘れそうになります
ふくまちや町家改修工事では職人さん方の丁寧なお仕事を拝見出来とても勉強になりました。

追伸
●スタッフの楽しみ1●
師走のMs MSDは何かと忙しく、息をつく暇が無いのですが(有り難いことです)
まもなく、三澤文子の建築が特集された「住宅建築」が事務所に届くので、待ち遠しく スタッフSさんは住宅建築を「クリスマスプレゼント」と言っております。

88_88.jpg
撮影に協力して頂きました 住まい手さん、平田さん浅田さん有難うございました。

●スタッフの楽しみ2●
MSDホームページリニューアルも進行中です
三澤文子建築作品が見やすく変りますのでご期待ください!99_0126.jpg
webデザイン アルタードット 新立さん

師走の忙しい中
Ms日記を最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
スタッフ新井

 
 

漆塗り実習に行ってきました :2015年11月26日

11月の18日、19日と2日間に渡り、岐阜県美濃市にある森林文化アカデミーを訪れました。
Ms、MSDは毎年のこの時期にアカデミーの漆塗り実習に参加します。
講師は沢幸漆店の沢田欣也さん。多くの設計案件でもお世話になっている方です。
先ずは座学から。アカデミーの生徒さんと一緒に漆についての理解を深めていきます。

001

004

続いて、漆塗りの生活道具を手に取りながら、塗りの技法や表現の多様さを学びます。

105 114 007

006 005

塗りの方法は大きく分けて2種類。
ぽってりと表面に乗せる様に塗る「造膜」と、表面に塗り込む「含浸」があります。
木以外に鉄に塗ることも多く、錆止めの効果もあるとのこと。
表情の豊かさに見とれてしまいます。

IMG_4397

写真は名栗を施した六角形の大黒柱と、矢羽名栗を施した付梁。
Ms、MSDの設計案件に納まる材です。これに加え、サワラの本実板、廻り縁を持参しています。
実際に使う材を実習教材として提供することで、アカデミーの学生さん達の経験値になり、
住まい手さんには塗装時のエピソードを交えてお話することで、より愛着をもって貰えるのではないかと思います。
運搬の手配など、時間・労力は掛かりますが、それ以上に繋がりが広がること、
住まい手さんに喜んで頂けることには大きな喜びがあります。

014

漆塗りの前に、べんがらに柿渋を加えたもので着色をしていきます。綺麗な朱色です。

013

大黒柱への着色。慎重に塗り進めて行きます。

011-2 012

続いて漆塗りです。生漆の色は琥珀色。ほんのり甘い香りが漂います。
この日のお天気は雨でしたが、漆塗りには良い環境。漆は適度な温・湿度でないと乾きません。
漆が硬化するには温度が24℃~28℃、湿度が70~85%程が良いとされています。

133 134 019

材全般のべんがら着色と、柱・付梁に漆を1回塗りしたところで、1日目の実習が終了。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

その後、アカデミーの生徒さん達が、夕食を振舞ってくださいました。
講師の方々、生徒さん、Ms、MSDメンバーの総勢15名でテーブルを囲み、
ご当地の食材やお酒を楽しみながら、建築やものづくりの話に熱が入ります。
気付けば、日を跨いで25:00!皆さんタフです。(笑)
明日はひたすら漆塗りに向き合います。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

2日目の実習。Ms三澤の帽子が、シンボルカラーの赤に変わっています。気合い十分です!

020 

022 

漆の塗膜越しにも木目がしっかりと見える様に、「拭き漆」という技法をとっています。
漆を塗り付けた後を追いかけながら、余分な漆を拭き取っていく方法です。
拭き残しが無い様に入念に拭いていきます。

024 149

塗り終えた材は、湿潤状態を保った室(ムロ)にいれ、乾かしていきます。

025 026

027

生徒さんの作品も仕上がってきました。
思わず手に取りたくなりますが、乾くまではぐっと我慢です。

018

↑大黒柱:3回塗り    

150 さわら

↑付梁:3回塗り ↑サワラ本実板:2回塗り

大黒柱、付梁は3回塗り、サワラ本実板は2回塗りです。
「節の目立つ材も漆を塗ることにより、格のある姿に様変わりする」とはMSD三澤文子の談。
漆の光沢、弁柄色、木目が相まって、とても美しいです。
これで2日間の実習が終了です。
材はこのまま乾かし、後日引き上げることになります。
MSDスタッフIがひそかに忍ばせた、お箸の出来上がりも楽しみです。

追記

アカデミーの先生方、生徒さん達には本当にお世話になりました。
貴重な時間を共有できたことに感謝しております。
久津輪先生の撮影された写真がとても綺麗で、勝手ながらこの日記にもたくさん使わせていただきました。
重ねてお礼申し上げます。

スタッフ:池田

 
 

豊中のK邸 薪ストーブ火入れ式 :2015年11月10日

先週末、今年の5月末にお引渡しした豊中のK邸にお伺いしてきました。

今回の目的は薪ストーブの「火入れ式」。いみじくも11月8日の「立冬」に火入れ式を行ってきました!

<過去のMs日記>
住つなぐ(1月9日投稿) ・屋根工事(2月7日投稿) ・竣工報告(6月26日投稿)

 

薪は数日前に監督の和田さんに運んでもらって準備万端です。住まい手のKさんのご要望で「是非火入れ式は三澤さんに!」とのことで火付け用の段ボールにミニ斧持参でK邸に取り込みました!「職務質問されないかとヒヤヒヤした(三澤 談)」とリュックの底の方から引っ張りだして早速着火です。 


IMG_4131 IMG_4133

初めて使用する際にはしっかり換気を行いながら煙突からの煙を出し切ります。本格的な寒さにはなっていないので、薪をくべると少し汗ばむ陽気でしたが、やはり火入れ式らしく火を囲みながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。


IMG_4138
というのも、火入れ式と合わせてKさんご夫妻が「工事のお礼」ということで監督の和田さん、大工さん5名、Ms三澤と担当の私をご招待頂いたのです。途中からOMソーラーの中村さんも合流し、Kさんご夫妻と総勢11名!


IMG_4135
シャンパンで乾杯し、白ワインに赤ワイン、奥様”Kさんご夫妻”の手料理と至れりつくせりの5時間はあっという間でした!ハムにきのこのソテー、野菜のマリネ、リゾット、パスタにコトレッタ、次から次へと手料理が運ばれてきて楽しい会話と美味しいお料理についつい飲みすぎ&食べ過ぎた人も多かったと思います。

追記:イタリアではパーティーで家の主人が得意の一品料理を作って振る舞うことが良くあるそうです。それにならってご主人も話題作りに、とつくられるようになったそうです。今回のリゾットと牛肉キノコマリネはご主人作だったそうです!「キッチンも広く、より使いやすくなり、最近は後片付けを手伝ってくれる様にもなりました!」と奥様から嬉しいメールも頂きました。片付けまでが料理、ですね。Kさんご夫妻並んでキッチンに立ってらっしゃる姿が印象的でした。

 


IMG_4140
海外駐在経験のあるKさんは行き先々で記念にと集められてきた小物やお皿、グラスなど沢山紹介して頂きました。これまでのKさんの履歴がしっかりとご自宅の中に根付いています。(改修工事中に「これまでの履歴として」梁のしゃくりなどはあえて残しておきたい、とおっしゃったKさんの言葉を思い出していました)


IMG_4147

そして最後にはイタリアの風習で食後酒にと勧められたのがグラッパ。聞けばアルコール度数40度ぐらいのきついお酒だそうで、イタリアの人たちは「これを最後に流さないと二日酔いする」と言って飲むそうです。20年ものの貴重なお酒を出してきて頂き、最後にみんなで乾杯してお開きとなりました。


IMG_4148


引渡しをするとそのあとはメンテナンスなどでお伺いするだけのことが多いので、今回のようにゆっくりと住まい手さんや現場を担当して頂いた大工さんたちのお話しを聞ける貴重な時間をご準備頂けて感謝いたします。予想以上に太陽光発電の売電があった、夏場よりも10月の方が売電量が多かった、床下エアコンの具合、などなど実体験をお聞きできたので、今後の参考にしていきたいと思います。今回は改修工事でOM ソーラーを導入した(詳細は過去Ms日記)のでこれからの冬場の実測値が気になるところです。

 

これから本格的な寒さを迎えるにあたって、Kさんにも薪ストーブライフを満喫し、断熱性能を体感して頂けると思います!
もちろん冬場の温湿度計測も忘れずに。。。


スタッフ 平賀

 
 

豊中市Y邸 上棟【新築戸建住宅】 :2015年11月 3日

今年2月に敷地調査を行ってからおよそ8ヵ月が経過し、10月3日に工事着工・地鎮祭を迎えました。

DSC01117

DSC01391

この敷地は東側に前面道路、西側には溜池、東西方向に採光・通風が期待できる立地です。そして間口6.5M、奥行14Mと非常に細長い形状をしています。

施工はコアー建築工房です。Msとは数多くの仕事をしており、大工さんのレベルも非常に高く毎回丁寧な仕事をしてくださいます。

DSC04268

DSC04300

DSC04298

天気にも恵まれ秋晴れのもと無事に地鎮祭を行うことができました。

Y邸は総2階建て、延床約20坪の非常にコンパクトな住宅です。コンパクトながら内部空間は木材現しで心地よく、動線は階段室を中心に回遊できるプランとなっています。構造も非常にシンプルです。Msではどんな住まいでも必ず軸組模型(S=1/30)を製作します。柱・梁が現しとなる空間では、構造体の見え方が美しく、同時に構造的にも丈夫で安定したものが求められます。プランニングと構造体(軸組)はセットなのです。

DSC04697

DSC04684 

9寸(成270㎜)の梁材です。今回の構造材は和歌山県の伸栄木材さん。綺麗な材ばかりで木配りのときにもこちら側を悩ます材が非常に多く、贅沢な悩みです。

プレカットはお馴染み松阪市のコウヨウさん。全ての材を並べて材の特性を見極めながら木配りを行っていきます。 コアー建築工房の現場監督貝渕さん、川上棟梁にも参加いただき、材1本1本全てに番付を行います。

DSC04672 

DSC04692

DSC04694

 DSC04687

番付用の画板です。どこが化粧で見えてくるのか、どこをメインで見せたいのか、一目瞭然に把握できるように事前に段取りをしておきます。全て黒く塗り潰した段階で、番付(木配り)完了です。

10月31日、建て方です。晴天の中、7名の大工さんが棟梁を中心にテキパキと組み上げていきます。1日で垂木掛けまで終了です。最後は雨養生のためシートを張っています。

DSC04843

DSC04865

DSC04871

DSC04877

今後は1月末の竣工へ向けて順次工事を進めていきます。現場進捗状況も随時お伝えしていきますので、お楽しみに。

スタッフ 中根