豊中の家(長期優良住宅)が完成しました!

3月に上棟した豊中の家が竣工しました。Msの長期優良住宅先導事業に基づいた物件です。

今回は夏の遮熱対策がテーマの一つの住まいです。

延床面積28坪のコンパクトな住まいですが、Msの木の住まいが凝縮されています。今回はそんな豊中の家のご紹介です。

豊中の家は、2階にキッチンやリビングがあり2階中心となる住まいです。当敷地の周辺には敷地いっぱいに建つ住宅や3階建ての住宅が多いので、2階を中心にすることで日常の視線を少しでも上げて周囲と軟らかく仕切られる工夫が必要なのです。

と言っても、南と西側が接道していて北側(写真左手)は水路に接している為、日差しは充分確保できます。

  簾取付け 簾なし

屋根の勾配がそのまま2階の居室の勾配天井となるので、切妻屋根の場合天井上部の三角形部分に熱気が集まります。それを換気扇(写真左)で循環させ、夏場には1.25Mの深い軒や簾が日射遮蔽の役割になるのです。空気の循環が夏の対策には欠かせません。

結構これが効くのです!

もちろん、豊中の家は長期優良住宅ですので次世代省エネルギー基準をクリア(Q値2.38W/㎡K)しているのですが、基準値の算定には影響を及ぼさない工夫や効果も取り入れることが大切です。

下の写真のように、窓に格子を設けているのは視線を遮りながらも、通風を確保するためです。日中閉め切った状態にしていると空気の循環がなく、熱気がこもってしまいます。窓を開けながらも格子があるので防犯上も効果的です。

 

 

前後しますが、玄関部分。リシン吹付けの白い外壁に杉板が映える玄関です。

玄関扉を開けると、正面に見えるのが階段です。名付けて〝リートフェルト階段〟階段の踏板・蹴込板はMsお馴染みのクリの巾ハギパネルです。それと共演するのが杉の受材にタモの8角独立柱!このタモの8角柱には漆塗りも施しています。杉ばかりではなく広葉樹も要所で用い、表情豊かな住まいにするのが得意なMsです。

実はこの階段、踊場を少し下から覗いて見ると。。。

Dボルトで吊る階段 階段下は収納 DSC_0861

何とDボルトで吊っているのです!2階床の梁から吊っているので柱が1本で成立し、軽快な階段ができるのです。

名栗仕上げ、漆塗り式台

玄関入って右手の式台(唐松の床板)は、名栗加工を施し、玄関の独立柱と同様に漆塗りを行っています。

漆塗り:沢幸漆店 (石川県小松市)

吊照明も大工さん作製 ダイニングテーブルはクリ巾ハギパネル 

階段を上がるとキッチン、リビングダイニングです。

2階に2本あるクリの8角大黒柱も漆塗り。何とも頼もしい風格です。ダイニングテーブルは階段と同じクリの巾ハギパネルです。キッチンカウンターと一体のダイニングテーブル、コンパクトにまとまっています。

テーブル上部の吊照明は大工さん作製です。クルミのフローリング材で出来ています。表情豊かなダイニングになりました。

完成見学会 完成見学会2

住まい手さんのご厚意により実現した見学会には総勢30名以上の方々が参加して下さいました。みなさんメモやカメラを片手に、説明に耳を傾けておられました。豊中の家の住まい手さんも芦屋の家赤杉の家の見学会において仕上げのイメージ等を見て頂いていました。今回も工務店や設計者の他に一般の住まい手さんも参加して頂き、充実した見学会となりました。ここからまた新たな「木の住まい」づくりがはじまっていくのです。

古江台の家(RC住宅改修)完成しました! (大規模リフォーム)

新緑の映える季節。Ms事務所の程近くにて行っておりました改修工事物件が完成しました。

閑静 な住宅街の中に、木々に囲われた軒の深い端正な住宅が建っています。

この住宅、鉄筋コンクリート造2階建てで築45年経っていますが、完成した姿は新築そのもの。近所の方々は新しい家ができたと思い込んでいます。

 

改修前の写真です。150坪の敷地に約50坪の住宅が建っていました。シンプルな形でしたので、構造体はそのまま利用しています。断熱改修を行った上で、内装・外装は全て新しくしました。既存建物は屋根の下にのみ断熱材が入っていました。

今回の改修では屋根、外壁のコンクリート躯体を断熱材で覆っています。Q値も次世代省エネクラスまで上げることができました。

 

  

 

   

解体中の様子です。既存の内装は床・壁・天井を全て撤去しました。プラン上必要な窓や出入口は構造を確認した上で、既存の壁に開口を開けました。

コンクリート相手の仕事はかなりの手間がかかります。大工さん3~4名が常に現場で作業をしていましたが、約1ヶ月は解体工事にかかりました。

 

     IMG_8848

解体後、コンクリート躯体のチェックを行い、補強が必要と思われる部分には鉄筋コンクリートの柱を入れています。

壁には既存躯体の上から厚さ50㎜の断熱材を貼っています。

 

 

 屋根の施工状況です。既存のコンクリート屋根の上に木造の屋根を乗せました。

軒の出も1M→1・5Mと大きく出しています。垂木の間には断熱材フェノバボードを入れ、さらに遮熱シートも入れています。

もちろん屋根通気を設けて、熱い空気を棟から抜くようにしています。屋根の断熱はこれからの夏を考えると必須です。

 

 

敷地の南側はかなり広い庭のスペースがあります。今回、造園工事は神戸の花康さんに施工していただきました。家の正面に立つのはヤマモミジです。白く仕上げた外壁に緑が映えます。

 

 リビングダイニングの南には既存の庇を利用して大理石貼りのサンルームを増築しました。南側は全面開口とし、庭に向かって大きく広がるプランとなっています。

床はクルミのフローリング、壁は珪藻土で仕上げています。改修前に比べると、格段に明るい空間となっています。

 

 

ダイニングキッチンの東側には元々壁であった部分に新たに開口部を設けました。東の光が差し込みます。窓の先に見えるのは隣家の緑です。きれいに手入れされたお庭を借景として楽しむことができます。

キッチンの横の窓も腰壁部分を撤去して、掃き出し窓に変更しました。窓の外にはデッキがあり、キッチンを明るくすると共に、使い勝手をよりよくしています。

 

 キッチンはタモの板に人大天板を乗せた、Msおなじみの大工施工のキッチンです。

シンクのあるアイランドカウンターは2.2M×1.1Mと広々と使える大きさです。ダイニング側にキッチンチェアを置いて、簡単な食事をすることもできます。吊戸棚や建具などは全てタモ材で造作しています。

カウンター下は引き出し収納となっています。キッチンの形状は住まい手さんも悩まれていましたが、食器などの収納も十分に確保したこのキッチンには大変ご満足いただきました。

 

階段は力作です。タモの格子で階段板を受けています。階段板はクリ材です。

2階の窓からの光が階段を通して下りてきます。

 

 

   

1階の南西には和室を設けています。竿縁天井、ジュラク塗壁などで仕上げた本格的な和室です。造作材には吉野の赤杉。もちろん節は一つもありません。すばらしくきれいです。床の間もシオジ、クリ、梁瀬杉など上質な木をふんだんに使用しています。

南の窓の前には月見台のようなデッキを設置してあり、和室からも庭の眺めを楽しめます。

 

南の庭の前にデッキを作りました。デッキ材 はセランカンバツという非常に強い木材です。価格は高めですが、大きなデッキを作る場合は後々のメンテナンスを考えておく必要があります。初期のコストがかかっても、耐久性の高い木材を使うことをお勧めします。

目の前に植えた植栽がデッキに木陰を落とします。街の中にいながら木々に囲われた心地よい空間です。

住まい手さんからも「改修でこんなに良い家になるなんて凄いですね」と嬉しいお言葉をいただきました。在るものを利用し、より良い空間を作り出す。これからの時代、上質な改修設計は設計者の命題となります。

月に一度の山歩き

6月19日

月に一度の山歩きの会です。

リーダーは面高氏、水原氏。

私・三澤と同世代「花のニッパチ」いいまわしが古いですが昭和28年生まれなのです。

面高氏はパン屋「アンリ」のオーナーで支店の1つがMs事務所の一区画にあり、

千里古江台の皆様に重宝がられています。

小野原の店舗も設計しました。

DSC_0061DSC_0111

梅雨の最中の山歩きです。

上下のゴアテックスの雨具を用意してゆきます。

南海電鉄・和歌山線 泉佐野駅からバスで30分ほど犬鳴温泉終点で下車、

12~13kmの山道を廻って同じところに戻ってきました。

山登りのお楽しみは温泉とアフター5の飲み会です。

山岳信仰の山です。この七宝滝寺で心もあらわれて、いざ!けもの道をゆきます。

CIMG2919

和泉葛城山 標高649mまで川沿いから登る一方です。

久しぶりの大汗です。

途中へびいちごが道端にいっぱいなっていました。

CIMG2920

ビタミン補給です。

こんな紫色のかわいい高さ5㎝もない花が咲いていました。

CIMG2921

このあたりの山はヒノキ山です。

CIMG2925

手入れもよくされていて太陽光がさんさんと山の斜面を照らします。

その日は雨でしたが私達が数時間歩いている時だけ小雨でしたので

ほとんど濡れることなく気持ちよく下山してきました。

お目当ての温泉は不動口館です。

ここの半露天風呂がとてもよい。95点はあげたいです。

温泉も心地よく、今の季節夜だとホタルがとびかっています。

ここの写真は残念ですがありません。

 

朝食は昨日犬鳴山で買ったものをさっそく頂きました。

CIMG2935CIMG2934CIMG2933

シイタケはオリーブオイル・ニンニクで強火で炒めただけにもかかわらず、とてもおいしく頂きました。

ビッグサイズなサヤエンドウ?(アンデス何んとかって言ってました)は湯通しし、

マヨネーズをつけて食べました。

こちらもおいしかったです。

魚は以前Msスタッフだった大橋君が釣ってきたアマゴで

几帳面に内臓を取除き、冷凍パックにしていただいたものです。

朝の食事が三澤家の一番の御馳走タイムです。

CIMG2936

ちなみに朝食は毎日私が作っています。

本当に本当です。

Ms事務所の外構2011

5月の大阪は梅雨まっただ中です。今年の梅雨明けは早いと言われていますが何時になることやら。

ちょうど昨年の5月にも取り上げましたが春から夏へと移る時分、Msの外構も様々な変化・成長を見せてくれます。


Msの風物詩、ゴーヤの花


ゴーヤ1DSC02392 


上へ上へと伸びるゴーヤのカーテンに咲く小さな黄色い花がとても可愛らしい。

毎朝欠かさずやった水やりの賜物です。


さて、綺麗な花はゴーヤだけではありません。

5月と言えばアジサイ


アジサイ2アジサイ1 


Msの玄関アプローチからこぼれんばかりに咲いています。

アジサイがお客さんを出迎えてくれます。

アジサイに負けじと咲き誇っているのはキンシバイの花。


キンシバイ1キンシバイ2


アプローチの階段を上がったところから見える黄色の花は、アジサイの紫と対照的で美しい。

アジサイとキンシバイに目を奪われますが、隠れるように足元で咲いているのはクローバー。


クローバー


控えめに咲く花も風情があって綺麗です。


さらに、視線を下に向けていると見過ごしてしまいますが立木であるザクロにも花が咲いています。


ザクロ2ザクロ1


うっそうと生い茂る緑の中に朱色の花がとても鮮やかです。


外だけではありません。

室内に生けてあるのは立派なシャクヤクの花。


シャクヤク


田中工務店さんからいただきました。

事務所のテーブルに華やかさをプラスしてくれています。

 

DSC02354

 

 

 

 

 

 











色鮮やかな花々が上にも下にも咲き誇り、立体的な外構に覆われることとなったMs

今が見ごろを迎えていますので近くへお越しの際はぜひお立ちよりください。

MOKスクール 加子母ツアー

5月21日・22日とMOKスクール恒例の林産地ツアーに行って来ました!
東濃ヒノキの主産地として知られる岐阜県中津川市加子母に総勢20名程で訪れました。
今回のツアーが実現したのも、以前MOKスクールで講義していただいた中島工務店さんのご厚意によるものです。
この場を借りて、お礼申し上げます。
中島社長 ありがとう!!

一日目は、中島社長直々のエスコートで
神宮備林・木曽ヒノキ備林と、裏木曽の山林を見学させていただきました。
途中、山向こうに雪の残る御嶽山が雄大な姿を見せていました。




114k㎡ある加子母の95%が山林です。
山の上方は年間を通じて気温が低く、雨量が多い上、地盤の浅い部分にホドゾル土壌を形成
浅く広い根を張るヒノキが多く自生する要因となっているのです。
杉を多く扱ってきたMsですが、ヒノキも構造材やデッキ材など随所に取り入れています。


神宮備林は伊勢神宮の遷宮用材として納められる御用材を採取する森林のことで国有林の為、許可を得なければ入ることはできません。
この貴重な山林を社長とともに案内していただいたのが中島工務店の中川さん。
以前は林野庁に勤められており、山に関して非常に詳しく、MOKスクール生からの質問攻めにも丁寧にお答えいただきました。




350年と樹齢が高く、大きなヒノキが自然林として残っています。
かつて裏木曽の山林を納めていた尾張藩が「ヒノキ一本、首一つ」と、厳しい規制を敷くことで乱伐から守ってきた経緯があります。
しかし、国有林となった今でも管理の目をくぐった盗伐被害があるそうです。



「三ツ緒伐り(みつおぎり)」と呼ばれる特殊な方法で御用材を伐採します。
この方法は伐倒方向が正確で、芯抜けや、突き割れが少ないのです。
写真のような三ツ緒伐りで伐られたヒノキの切り株を所々で見ることができます。




次は、二代目大ヒノキを見るために少し移動。




樹齢千年!
パワースポットからエネルギーをいただいて帰ります。


エンドユーザーに山を見に来てもらいたいという中島社長。
都市で暮らす住まい手と、日本で林業を営む方々とを結びつける、それが持続可能な山林・社会をつくっていくのです。
中川さんの試算で年間6,000万㎥までは国産材を利用しても、持続していけるそうです。

伊勢の遷宮は20年に一度です。そのたびに10,000㎥のヒノキが必要とのことです。
そんなに頻繁に建てては木曽のヒノキは本当になくなってしまいそうです。
いいのか、悪いのか
考えさせられてしまいました。

この後、加子母にあるバンガローにてバーベキュー





中島工務店さん・MOKスクール生同士の交流の場となりました。


二日目は、ぱらつく雨の中
かしも大杉→乙女渓谷→かしも産直市→東濃ひのきの家→加子母小学校・ふれあいコミュニティーセンター→明治座と、盛り沢山です!

国指定天然記念物のかしも大杉は、樹齢千数百年、高さ31m、幹周り12.4mの巨木。




この大杉のある大杉地蔵尊には赤子にまつわる言伝えがあり、祈願に来る方も多いのです。
見上げる程の大きな杉を見た後は乙女渓谷へ
加子母川の源流に向かって進みます。





早朝のきれいな空気をいっぱい吸い込み運動をした後は、産直市で腹ごしらえです。
木曽地方の郷土料理である朴葉寿司をいただきました。
朴の葉は大きく、芳香による殺菌作用があります。


その後、協)東濃ひのきの家のプレカット・乾燥炉・集成材加工・造作材加工の工場見学へ。







加子母中に工場があり、木材に関することなら何でもお願いできます。
ただ、中島工務店さんの工場には製材部門がありません。
それは、地場の製材屋さんとも関わりながら地域の活性化を願う中島社長の考えによるところでしょう。

工場で加工したものを近くの木のなんでも市場で購入することができます。
ついつい私も熱が入ってしまいます。





次は加子母小学校とふれあいコミュニティーセンターの見学です。
これは木材産業構造改革強化促進整備事業の一環で
大断面の集成材を取り入れた木造建築物です。
この他にも加子母には大断面集成材を用いた建物があります。


そして最後に明治座という明治27年に建てられた地芝居小屋を見させていただきました。




中島社長、中川さん、社員のみなさん、そして私達を最後まで安全に送り届けてくださった小川さん
本当にありがとうございました。
非常に有意義な2日間となりました。