• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • MSD三澤文子
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

秋の夕べの「アンリ」さん ~ Msの一角にあるパン屋さん

「秋の日はつるべ落とし」というように、夕方5時過ぎになると、あたりは一気に暗くなってきます。7時過ぎまで明るく活動出来た夏の日が懐かしく思い出されます。

Msの一角にあるパン屋さん「アンリ」は夕方5時が閉店時間ですが、5時前になるとほとんど売り切れになり、スタッフさんが片づけ作業を始める様子が、庭越しに見えます。

1.JPG

「アンリ」は、アップルパイが美味しい大阪北摂(豊中・箕面・吹田)では人気のパン屋さん。朝9:30から18:00までが営業時間で、住宅地に馴染むお店です。

2.JPG

こんな住宅地にパン屋さんがあっても、お客さんは来るのだろうか?と、開店当初は心配しましたが、それはとりこし苦労。徒歩で来ることができる店として、比較的高齢の方々には、とても便利が良いようです。ご近所の方々が、かなり利用していて、今日も、お店の棚のパンは、すっかり売り切れてパンの姿が見えません。

3.JPG

「アンリ」の前には吹田市立のこども園もありますし、春は桜並木ですから、立地としては良いのかもしれません。

「アンリ」のオーナーは、三澤康彦さんの山登りの友人。だからこそお貸しているのですが、そのオーナーはタイでオープンした「アップルパイ」の店が大人気で、最近、顔を見ておりません。

毎朝、9:30に「アンリ本店」からパンが運ばれてきて、棚には見事にパンが並びます。

4.jpg

どれも、人気のパン。パン職人さんが、研究を重ねてパンをつくっていることをオーナーからよく聞いています。

5.JPG

だからこそ、夕方5時過ぎになって、このように棚のパンが全て売り切れるのは、見ていて気持ちが良いものです。

6.JPG

今日はハロウィンということで、カボチャの飾り物もあり、スタッフの方が工夫している様子もうかがえます。

「今月のおすすめ」でありながら、なぜか残っていたのが、「ドライフルーツと胡桃のフランスパン」 

ワインに合いそうなこのパンを頂くことにしました。

7.JPG

庭の緑を背にして、接客をするスタッフさん。日暮れに近づき、立ちっぱなしだった1日のお仕事も、もうすぐ終わりです。

8.JPG

毎日の暮らしに登場する「ごひいきのお店」が、樹木に囲まれた可愛いい木の空間であることが、ささやかな喜びにならないだろうか。などと思う秋の夕暮れです。

三澤文子

インターシップ・職業体験 お疲れ様でした

今年は雨が多い10月となりましたが、Msではインターシップ生が来てくれて賑やかな日々が続いていおります。

IMG_1317.jpeg

写真は10月7日、岐阜県立森林文化アカデミーより来てくれた牧原一樹さんに進行中のプロジェクトを紹介しているところです。
このプロジェクト紹介は、インターシップの初日にMsでどんな仕事をしているのか知ってもらう為に全員の進行中物件を紹介をします。

20191004_174014.jpg
牧原さんは、設計の仕事や現場に興味があるとの事で
奈良県で改修工事中の現場や、京都市の新築工事中の現場でMsスタッフのお手伝いを頑張っていただきました。

IMG_1364.jpeg
10月10日、この日は自分達で先生に「この事務所に行きたい」とお願いして来てくれる事になった中学生が「来週から職業体験に来ます」と挨拶に来てくれました。
三澤文子より「君たちの先輩」と紹介された写真中央の牧原さん。先輩と呼ばれ、ちょっと恥ずかしそう。

IMG_1385.jpeg

10月18日、職業体験中のRさん、Iさんと竣工後の建物にメンテナンス訪問に行きました。
担当スタッフの上野より設計者の役割や職人さんの気持ちのこもった仕事など話を聞きました。
また、住まい手さんへの温熱環境の測定(夏に測定したデータロガー)報告に同席していただきました。

住まい手さんからも、これから活躍する2人に温かい激励をいただく事ができました。

IMG_1392.jpeg
学校では職業体験の発表があるとの事で、「発表大丈夫かな?」と心配しながら聞くと
「勉強した事が多いので内容に困る事はありません!」と、即答してくれたので私たちもほっとしました。

皆さん色々な方法でMsを探し出し、インターシップ・職業体験に来てくれてわたし達も楽しい日々となりました。

また、快くご協力いただきました住まい手さん、仕事仲間の皆さん。有難うございました。

今度は仕事で、活躍する皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております!


スタッフ新井

そうだ、山へ行こう

最近は、だんだんと肌寒くなってきましたね。

私は自転車通勤なので、今日も風に耐えながら通勤しています。

さて今回は、(株)しそうの森の木の三渡保典さんに連れて行ってもらい、兵庫県宍粟の山、それも100年生の山の伐採を見に行ってきました! 

あるプロジェクトに使う予定である丸太の伐採です。

IMG_1010.jpg

今回、山を案内していただけるのは、山田林業の代表である山田尚弘さんです。

IMG_0956.jpg

山田さんの先祖は、江戸時代には八百屋業を営んでいて、明治時代、鉱山を購入したことから財を成し、

その後、「これからは国民の暮らしのために利用できる木材を生産する林業を。」ということで山を購入し、林業を営み現在5代目ということです。

私たち総勢5名は、山田さんから、この山の特徴や施業の方法などの説明を受けながら、林道を進んでいきます。

IMG_0984.jpg

間伐した木が道に横たわっているので、斜面側に落ちないように気を付けながら、木を乗り越えていきます。

山を登り進んでいくと、静かな山の中で機械音とともに何やらコーンコーンと、音が聞こえています。

その音の発生源へ近づいていくと、そこには彼らがいました。

IMG_0967.jpg

山田林業さんの社員の方が、ちょうど間伐作業の最中でした。

間伐作業は、木を倒したい方向へチェーンソーで斜めに切れ込みを入れて、受け口をつくり、反対側にも切れ込みを入れて追い口をつくっていきます。

そして、くさびを受け口に打ち込むなどして倒していきますが、倒れる際は、バリバリバリと雷が落ちたような音を立て、木が倒れます。

IMG_0981.jpg

IMG_0975.jpg

100年生の通直な丸太は、木の長さも長く、また、25m程上まで枝無しの材もありました。

樹皮に青白いカビがついています。

森の湿度環境などが関係していますが、この山ではこのカビがついていると木材の質が良いモノが多いとのことです。

IMG_0973.jpg

木の断面を見るとすごく目が細かいです。この木は何歳なんでしょうか。年輪を数えてみてください。画像が荒かったらすみません。そのぐらい目ゴマの材です。

私の手と比べてみても何倍も大きい、立派な木ですね。

切り口はとても湿っています。この生木の状態だと、含水率は200%ほどでしょうか。

この状態の木の匂いはとても濃厚で、普段フローリングから香る香りとは、けた違いです。

実際に自分の目で確かめないと分からないこと・発見が山にはあります。

IMG_1001.jpg

何本も木が倒れていますが、葉枯らし乾燥といって、

伐倒した樹木を枝葉をつけたまま山に一定期間放置し,葉からの水分蒸散作用によって乾燥を促進させる技術です。

このように自然乾燥させた後、丸太材を製材し、さらに乾燥させていきます。

その乾燥方法は大きく分けると天然乾燥と人工乾燥があります。

最近は、木材を高温乾燥機に入れ、人工的に乾燥させるやり方も多いですが、

まず葉枯らし乾燥を行い、丸太の状態で水分を抜いてから、例えば屋外で半年、屋内で半年乾燥させるといった天然乾燥を行った木材はツヤが断然違います。

高温人工乾燥では、樹液が抜け落ちやすく、天然乾燥と比べてツヤが落ちてしまいます。

IMG_1004.jpg

この写真は間伐した場所の様子です。

木が伐倒され、日が差し込んでいますね。

IMG_1013.jpg

木だけでなく、その根元に生えている下層植生も大事です。

ここにも日が差し込むことによってより植生が豊かになり、土壌が豊かになることへ繋がっていきます。

また、木を含めて植生が豊かになると山の保水力も高まり、大雨が降った際でも、山が自然のダムの役割を担い、人里へ流れていく雨を軽減しています。

この保水力を雨量などが上回ってしまうと土砂災害へもつながっていきます。

林業は木だけではなく、人の生活にも大きく関係しています。

IMG_0992.jpgIMG_0998.jpg

植生もあるので、少しわかりづらいですが、木の反対側は急斜面になっているので、足を踏み外したら転げ落ちてしまします。

せっかくだから記念写真を、ということで三澤がおそるおそる木の上に上っています。

無事、木とのツーショットです!

林業は育てて収穫するまでの期間が気の遠くなるほど長い仕事です。百年先を考えて取り組んでいかなければなりません。

また、木材の乾燥も天然乾燥だと1年はかかるように良い品質の材料を手に入れる為には、早めの段取りをして準備期間を設ける必要があります。

私もそれに見習って、何事も先を考えての行動を心がけます。

他にも様々な話が聞け、とても充実した一日となりました。

来月はMOKスクール大阪のツアーでも山へ行けます!今月来月と山づくしです。

毎年、林山地や製材所を訪れることが出来、様々な話が聞けるので楽しみです。

スタッフ宮本

Msスタッフの塗装~小さな木の家の工事 進行中!

小さな木の家が京都で進行中です。施工は京都市右京区の竹内工務店さん。今回初めて施工をお願いすることになりましたが、計画時から担当くださっている田中英子さんは、京都造形芸術大学通信大学院での、三澤文子の教え子さん、ということで、とても安心して相談しながら進めています。

1.JPG

   

さて、現場では、桧のフローリング張りが進んでいます。
フローリング材の梱包を開くと、きれいな淡いピンクの桧がお顔を見せてくれました。自然素材のため1枚1枚、色目や木目が異なります。細見棟梁が色合わせをしながら丁寧に張り進めています。細い溝のように見えるものは木製の「フラッターレール」で建具がはまって専用の駒が通ります。建具の下に敷居を入れないことでフローリングが繋がって見えるのですっきりした印象になります。

2.JPG

この日、外部の破風板や窓枠、北面に付ける格子の塗装を行いました。
Msスタッフの新井、久保、それとMsアルバイトの逢坂涼平君の3名で1日、みっちり作業を行いました。雨のかかる破風や妻面の枠材は2回重ね塗りして、後日3回目の塗装を行い、しっかり保護しています
333.jpg

また。破風板だけでなく、外部の格子材も、取り付ける前にあらかじめ塗っておきます。
敷地は広く、持参の作業台の場所にも困らず、作業がしやすくて助かります。
この日の作業、格子材の塗装も、無事夕方までに完了しました。

5.JPG

   

一方、別日には、Msのガレージを作業スペースとして、私、久保が、敷台や幕板の漆塗りを行いました。

6.JPG

  

まずは着色からです。少し赤味のある黄金弁柄とこげ茶色の煤弁柄をブレンドして着色しています。少し落ち着いた赤茶色で漆艶感の相性がよく、品良く深みのある発色をしてくれます。着色した弁柄が乾いてから漆塗って行きます。

7.JPG

漆塗に必要な条件は、「温度・湿度」のコントロールです。漆は高温多湿でなければ乾燥(硬化)しないため湿度を70%以上に保つことが重要です!作業中は35度、湿度83%のサウナー状態ですが、漆が硬化するにはいい状態です。
8.JPG

こまめに水分を取りながら作業を進めます。3日間で3回塗をして完了です。あとは乾燥のために10日間時間をおきす。

  

9.JPG

そしてこのように仕上がりました。

これを現場の大工さんに渡して、取り付けをお願いします。
玄関スペースに取り付くのですが、出来上がりがとても楽しみです。
現場の職人さんに負けずに、引き続き、気を引き締めて頑張っていきます!


スタッフ 久保

手仕事タイルツアー

時間は遡って、4月17日、手仕事や職人さんの技を大切にいている三澤文子とその仲間たちである船木絵里子さん、大野晋平さん、中野弘嗣さんと、岐阜県多治見市にやってきました。

今回は、タイルや焼き物について知識を深める寄り道です。

案内役は、多治見市で「有建築設計舎」を主宰している坂崎有祐さんです。

IMG_1.jpg

写真は、丸仙化学工業所 寿山窯(岐阜県土岐市)

IMG_9739.jpg

水野寿昭氏に工場を案内していただきました。
タイルと器どちらも手がける工場です。
人の手作業を大事にされており
独創的なものづくりの場を見せていただきました。

IMG_9834.jpg
こちらは、杉浦製陶株式会社 杉浦製陶(岐阜県多治見市)
杉浦勇城氏に工場を案内していただきました。
機械化が進み多種のタイルをたくさん作るラインと、少量で特殊な特注タイルを作るライ
ンとの両方がありました。タイルの補修工事で入手困難なタイルも見本となるタイルを郵
送すると1 枚から作ってくれるそうです。

釉薬についても貴重なお話を教えて下さりました。

IMG_9850.jpg
最後に坂崎さんの自邸を見学させて頂きました。このお住まいは、築130年の民家を2年前に
坂崎さん設計で改修されたそうです。(詳しくは


多治見タイルツアーのシメの乾杯!

IMG_9864.jpg
明日からの仕事も益々パワーアップしそうです
次回、手仕事ツアー 詳細は未定ですが
ぜひ大阪をご案内させていただきたいと思います。


Msスタッフ新井

月別アーカイブ

カテゴリ一覧