• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • MSD三澤文子
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

「中京・風の舎」が、住まいのリフォームコンクールにおいて、 国土交通大臣賞(最優秀)を受賞しました。

昨年末に完成したマンションリフォーム「中京・風の舎」

施主の加茂みどりさんは、実験集合住宅NEXT21 での居住実験を長年研究されてこられた
研究者です。そのことから今回の改修の基本方針は、加茂さんの研究成果を踏まえて組み
立てられました。
その方針の中での、第一の特徴は、京町家にある「土間・ぬれ縁」をマンション住戸に取
り入れたことです。
住戸の共用廊下側の、住戸巾いっぱいの土間と、どのマンションにもあるベランダを、よ
り室内化したぬれ縁スペースをつくり、外と内をつなぐ環境を調整する空間としました。

1.jpg
これが 住戸巾いっぱいの玄関土間です。写真左手真ん中くらいに、玄関扉があります。
住戸巾一杯の玄関土間。写真真ん中に見える扉は、土間の両側にある玄関クロークになり
ます。

2.jpg
これが、ぬれ縁です。
ぬれ縁の桧板が室内の床レベルと段差無くつながるため、上足で外に出ることが出来、室
内空間が広がると同時に、外部とのつながりが感じられる気持ちの良い空間になります。
外と内とをつなげ、このような調整空間がつくられることで、限られた窓しかないマンシ
ョンの住戸でも、3 本の風の道をつくることができました。

000.png

3.jpg

玄関の鉄扉を開けると、土間と玄関ホールが迎えてくれます。
本棚に囲まれた玄関ホールは、ベンチも備わってちょっとした読書コーナーです。

4.jpg
鉄扉の内側には、障子があります。風を通しながらも、内が見えにくくなっています。

5.jpg
玄関土間が、住戸巾いっぱいあることは、この写真を見ればわかります。メインの通路、(こ
こを廊下とは呼ばずにあえて図書室と読んでいますが)の右左に、入口があり、奥につな
がっている気配が感じられると思います。

6.jpg
これは、玄関ホールから土間を見返しています。
正面の住戸玄関は鉄扉を開けて、障子を閉めているところ。雪見障子ならぬ「風通し障子」
です。

7.jpg
更に奥のキッチン側から見返したところ。写真真ん中ほどにピアノも組み込まれています。
ピアノの横には水廻りに入る障子風建具があります。

8.jpg
ランマが無い親子建具は単に目隠し用。これも上部に風が通る工夫で、目線も通り、広が
りが感じられます。
また、狭く身体に近いこんな空間は、繊細な杉の建具やコットンのカーテンが、肌に優し
く感じます。

9.jpg
ぬれ縁(ベランダ)に面したキッチンとダイニング。床は厚さ30 ㎜の漆塗りの杉板です。
濡れ縁の向こうに帆布の暖簾が見えます。この暖簾によって、正面のビルの窓を隠すこと
ができました。

10.jpg
初めてのマンションリフォーム。住宅医スクールの小谷和也先生の講義を何回も聴講し臨
みました。それでも何回か初歩的な質問をする私に、小谷和也先生は「三澤さん本当に僕
の講義聴いていたの?!」と言って呆れていましたが。
お蔭で、防音の2 重床や、断熱方法などしっかり実践できました。今回の受賞も、住宅医
スクールのお蔭だと心より感謝しております。

11.jpg
最後に、今回是非実現したかった差鴨居を使った内装システムです。
1984 年(34 年前)かつて現代計画研究所にて担当した「集合住宅の木造的内装システムの
提案」 当時は実現できませんでしたが、今になって俄然このテーマに燃えています。
引き続き、「集合住宅の木造的内装システムでの改修提案」を行なっていきたいと思ってい
ます。

三澤文子

「四條畷市の家」清祓い式を行いました

詳細調査の様子はこちら⇒「四條畷市で調査を行いました

朝夕は涼しくなり、そろそろと秋の気配がしてきました。

先週の土曜日、大阪府四條畷市にて、清祓い式(きよばらいしき)を行いました。

新築の場合は着工前に地鎮祭を行いますが、改修の場合、清祓い式を行います。

地鎮祭と同じ様に、工事の安全祈願、建物の繁栄を願うという意味があります。

当日は朝から結構な雨が降っていましたが、「神様の仕業かな」と思うくらい、式の直前にすっ と雨がやみました。

これからの工事も幸運に恵まれ順調に進んでいくことを願います。

式は元々あった神棚に向かって行いました。

キャプチャ2.JPG

「祭壇のお供え物にも序列があり、神様に近い上段から順に、次に中央寄から順に、序列の高い物を備えていく」と、神主さんが教えてくださいました。

1台目には序列が高いとされるお酒・米、2台目にはお餅、3台目には乾物(わかめ、昆布)、4台目には野菜・果物、5台目には塩・水をお供えしています。

IMG_0400.JPG

(降神の儀-こうしんのぎ-)神様をお呼びします。

IMG_0410.JPG

(切麻散米-きりぬささんまい-)切麻(紙と麻を切ってまぜたもの)をまいて工事を行う建物を清めます。

IMG_0411.JPG

(玉串奉奠-たまぐしほうてん-)神前に玉串を捧げます。

(昇神の儀-しょうじんのぎ-)神様がお帰りになります。

キャプチャ.JPG

写真は式終了後に、神棚にある置物や書物について話しているところです。

IMG_0426.JPG

貴重なものでは?と書物を拝見しているのは、大阪で有名、木又工務店の大工の木又誠次さんです!

こちらの改修のお話を頂いたときから、工事は木又工務店さんにお願いする!と決めていました。

後からわかったのですが、木又工務店さんの事務所は、現場から車でなんと5分、さらに、加工場も現場から車で10分の距離にあります。

距離が近いと、移動時間の短縮、交通費削減、現場管理がしやすい(すぐに駆けつけられる!)、など、住まい手にとっても、工務店にとっても有難いのです。

そして、神棚に気になる置物を見つけました。

IMG_0439.JPG

毘沙門天と思われる様な木堀りの像。

神様が宿っている訳ではなく、お土産に頂いた物だそうです。

三澤が興味津々!目を輝かせていたところ、「捨てることになるので、持って返ってください!」とお施主さんより。

IMG_0424.JPG

思わぬ掘り出し物を頂き、三澤もにっこり。有難うございます!

この日の午後から早速、木又さんが足場屋さんと打ち合わせを行っています。

IMG_0433.JPG

少なくとも築100年以上と思われるこちらの建物、解体していくと棟札などにより築年数が明らかになるのではないでしょうか。楽しみです。

これから6ヶ月余り、工務店さん、業者さん、お施主さん、設計者で協力しながら工事を進めていきたいと思います。

今後、工事経過報告をアップ予定ですので、お楽しみにしてください。

Msスタッフ 酒谷

Y邸手刻み! 沖本さんと大工仲間たち

① IMG_5498.JPG

9月も中旬に入り、秋らしく過ごしやすい季節となってきました。

9月17日の祝日。

Y邸手刻み打合せのため、沖本さんの加工場(京都・京北)を訪ねました。

「京北(けいほく)」は、現在は、京都市右京区の一部ですが、

北山杉の磨丸太の林産地として有名で、美しい里山の風景が広がります。

『Ms事務所(吹田市)から2時間半程かかるのでは?』と心配して、朝早く出発しましたが、

京都縦貫自動車道を使うと、実際は1時間30分! 

あっという間に到着しました。

到着してみると、すでに大工さんが材を広げて、手刻み仕事の真っ最中!

沖本さんの仕事を理解する、兵庫県・明石の大工さんチームです。

② 20180916163400_IMG_1710.JPG

刻んでいるのは土台のヒノキ材です。

一本一本、ノミやカンナを巧みに使い、手仕事で材を刻んでいく姿に、思わず時間を忘れて見入ってしまいます。

【上写真 奥:伊東さん、手前:竹下さん】

55.jpg

土台の継手は、「鎌継ぎ(かまつぎ)」です。

上写真の左右の材が、ピッタリと接合するよう加工されています。

よく見ると、細部まで工夫されたディテールになっており、大工さんの知恵と技術が詰まっています。

13.jpg

今回の計画では、土台も「化粧」材として、室内に見える箇所があります。

Jパネルの壁が入るスリットや、柱の仕口など、とても綺麗な仕事です。 

【上写真:井澤さん】

⑦ received_315668732529859.jpeg

活気のある加工場の一角で、図面を元に、沖本さんと打合せを行います。

直接材をみて、触れて、話すことで、アイデアがたくさん生まれてきます。

⑧ IMG_5598.JPG

上写真をご覧ください。

土台の中央部に、材を「貫通」するように穴があいています。(柱のホゾ穴です)

通常のプレカットでは、材を貫通させずに、ホゾ穴を掘ることが一般的ですが、

今回は特別に、土台のめり込みを防止して、基礎へ直接力を伝達させるために、あえて貫通させる納まりとしています。手刻みだからこそ、可能になった納まりです。

⑨ 20180915201409_IMG_1703.JPG

上写真は、ポーチ部:梁の「金輪継ぎ(かなわつぎ)」です。

横方向にスライドして、6メートルの材同士が接合されます。沖本大工のピカイチ仕事です!

⑩ IMG_5536.JPG

「金輪継ぎ(かなわつぎ)」を仮組して頂きました。

チークの込栓(こみせん)を"コン・コン"と打ち込むと、材が寄せ合うようにピッタリと繋がります。

⑪ IMG_5584.JPG

お昼は、京北の「地鶏バーベキュー」です。

写真中央:『おにいちゃん』の愛称で慕われる、下西ノ園さんがバーベキュー担当です。

なんと、沖本さんがこの日のために、一か月前から予約をして下さったほどの腕前です。

仕事中のため、"ノンアルコールビール"で乾杯です!

会話の中で、『現在は、手刻みによる繊細な木の仕事が少なく、今回の仕事は"粋"に感じている』

と嬉しいお話を頂きました。

⑫ IMG_5526.JPG

今回は、沖本さんの大工さんチームに加え、MOKスクール生である小坂さん、

大阪で唯一の刃物専門店:「のぼり刃物店(茨木市)」林さんにも参加を頂きました。

「のぼり刃物店」さんは、大阪の大工さんが集まる名店で、道具のメンテナンスの際、

リラックスして情報交換できる"サロン"のような憩の場となっているとのこと。

ぜひ、訪れてみたいお店です。

⑬ IMG_5614.JPG

また、この日は全員で、京北で木工を営む『山の家具工房』田路さんのお店を訪れました。

田路さんは、沖本さんの友人で、無垢材を使って非常にセンスの良い家具づくりをされており、大工さん達も夢中になって見学しています。

⑭ IMG_5627.JPG

中でも注目を集めたのが、上写真:クリのサイドボードです。

扉が「蛇腹(じゃばら)」になっており、全面がオープンに開く仕組みとなっています。

盛りだくさんの内容となりましたが、

まだまだ伝えられないほど、木の"手仕事"は奥深いもの。

派手さはなくとも、『正直で丁寧な手仕事』に触れ、充実した一日となりました。

10月中旬の建て方も、今回の沖本さん大工チームで実施して頂く予定です。

皆さまのご協力に改めて感謝致します。Msスタッフ 上野耕市

⑮ IMG_5569.JPG

クリの端材を利用した、コケのアート作品(沖本さん作)

台風の爪痕

先日の台風が過ぎてからというもの、少しずつですが、暑さも和らぎ、秋の気配を感じます。

今回の台風は特に勢いが強かったと思います。皆様は御無事でしたでしょうか。

このたびの台風被害に際し、心よりお見舞いを申し上げます。

今回の記事では、Msの台風被害についてご報告です。

9/4日、台風が大阪に上陸した日の昼過ぎには、だんだんと雨風が強くなり、

室内にいても風の吹きつける音などが凄く、台風の強さを感じました。

夕方頃には事務所付近ではピークも過ぎ去り、外に出れるようになりました。

IMG_5627.JPG

早速、事務所に被害が無いか確認しに出たところ、まず目についたのは木が根っこから倒れている光景。

驚きつつも辺りを見回すと、何か違和感を感じます。

IMG_5621.JPG

何やら白いボードが散乱しています。どこから飛んできたのかなと思っていたら、

IMG_5614.JPG

Ms事務所の倉庫からでした。

付近の木には、剥がれたボードの破片が突き刺さっていました。人に当たっていたらと思うとゾッとします。

IMG_5626.JPG

他にもないか確認してみると、屋根も被害を受けていました。

IMG_5719.JPG

IMG_5720.JPG

棟包みの板金が剥がれ、木部が露出しています。

IMG_4755.JPG

剥がれた板金の写真です。

台風....恐ろしいです......

以上、Ms事務所の台風被害報告でした。

Msスタッフ 宮本

春風の家の竣工写真撮影~畑さんが関西に来る

今年の5月にお引渡しをしました『春風の家』の竣工写真撮影を行いました。

今回撮影を依頼したのは、カメラマンの畑拓さんです!東京を拠点に各地で建築物を中心に撮影をされています。関西地方に台風が迫っている中、幸い風もなく天気も快晴、絶好の撮影日和となりました。

IMG_2527.JPG

朝の8時前には現地へ到着し、撮影に向けて準備を整えます。

東に開けた春風の家、「撮影には朝の光がとても貴重。太陽はどんどん動いていくので、その瞬間を逃さないようにしないといけない。」と、畑さんが建物の周辺を確認しながらアングルや距離などを見定めていきます。

IMG_2551.JPG

今回の撮影補助はスタッフ新井と私の2名。

畑さんの指示を受け、テーブルやイスを移動したり、照明器具を外してカメラの視界から消えるように隠れてみたりと、まるでかくれんぼのようですが、終始和やかなムードで時間もあっという間に過ぎていきます。

DSC_0228.JPG

住まい手のSさんにも終日お手伝いただき、時にはキッチンカウンターに隠れてみたりと、真剣に取り組んでいるからこそ、笑いも絶えません。(真剣に隠れてます!)

IMG_2632.JPG

お昼は三澤文子が前日から準備していたサンドイッチを持参し、午後に向けて力を蓄えます。午前中の作業でお腹はペコペコです。

IMG_2571.JPG

畑さんに撮影をお願いする前にも完成写真を自分たちで撮ります。その中でも素人では一番難しいのは、逆光での撮影だと思います。

よいカメラを持っていても、適した設定はとてもじゃありませんができません。宝の持ち腐れになるため、そもそも購入する勇気もでませんが。。。

IMG_2550.JPG

個室のような狭いスペースでは、全体を写すためにどうしても引きのスペースが必要です。納戸の荷物と荷物の僅かなスペースに納まる畑さんの姿がちょっとお茶目で、思わず撮ってしまいました。

IMG_2578.JPG

夕暮れ時の撮影も狙っていた時間帯。さて、どこにいるかわかりますか?日が落ちるまでの僅かな時間が勝負です。

終日通して天候が崩れることもなく、とてもよい写真が撮れていることと思います。出来上がりを楽しみにしていてください。

終日ご協力いただいた住まい手Sさんにも改めて感謝いたします。

スタッフ 中根

月別アーカイブ

カテゴリ一覧