• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • MSD三澤文子
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

畷のいえ竣工ご報告~竣工写真

昨年9月に着工した畷のいえの改修工事。(清祓い式の様子はこちら

当初は新築にするという話もありましたが、古くからの建物の趣を残したいということで、改修をすることになりました。

RIMG3844.JPG

△改修前の建物(推定築180年)

改修に当たって、室内の床の段差解消、屋根の整理、耐震補強、断熱補強を行いました。

元々立派な柱・梁が通っていましたので、利用できる古材は利用しました。

とはいえ、柱が傾いていたり、雨漏りで劣化しているところは大工さんに直して頂きました。

1階部分の改修工事は、既存部との取り合いや、基礎新設工事で手間がかかりましたが、それでも施工して頂いた木又工務店さんの技術や段取りの良さには驚かされました。

(基礎工事の様子はこちら

約8か月の工事を行い、先日5月12日、引き渡しができました。

カメラマンの畑拓さんに撮って頂いた竣工写真が出来上がりましたので、ご紹介します。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼nDJI_0492.jpg

こちらはドローンで撮って頂きました。中央の茶色い板金屋根の家が「畷のいえ」です。

キャプチャ.PNG

改修前がこちら。(googlemapより)

瓦葺き屋根は全て撤去し、板金葺きとしました。

入り組んでいた北側の屋根も整理されました。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼nDJI_0495.jpg

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2589.jpg

元々の藁ぶき屋根+又首(さす)構造を解体し、新規床梁を載せ、2階部分は新築と同じように組み立てました。

(上棟の様子はこちら

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2507.jpg

2階は居室として使えるよう、新たに開口部やミニキッチンを設けています。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2696.jpg

1階の茶の間から応接間を見たところ。

茶の間の天井は既存のまま。造作照明は大工さんに作って頂きました。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2670.jpg

座敷。中央には手持ちの仏壇が入ります。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2463.jpg

板間(寝室)から座敷を見たところ。右手のカーテンの奥は収納になっています。生成(きなり)のひだ無しカーテンが建物と良く合います。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2452.jpg

北側の離れに繋がる渡り廊下。左手の金輪継ぎの柱は古材を黒く塗装し、コントラストをつけました。逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2746.jpg

建物西側は全てパントリーとして、収納空間としました。もともとは、キッチンと土間収納でした。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2398.jpg

こちらは、1階キッチンです。

IHやレンジフードは既存のものを再利用しています。

キッチン~茶の間(食事所)が近くなり動線短縮になりました。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2352.jpg

室内、外部ともに段差だらけだったのですが、室内段差はほとんど無くなり、さらに北側からは段差無しで建物アプローチできるようになりました。

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2827.jpg

逡キ縺ョ縺・∴縲€謦ョ蠖ア・夂舞諡貼n_Z3A2835.jpg

夜景も撮影して頂きました。

住まい手のご理解や工務店の協力があり、無事に完成した「畷のいえ」。

今後も年月を重ねて、美しく歳をとっていくことを願います。

Msスタッフ酒谷

改修建物「畷のいえ」の撮影しました ~ カメラマン畑さん、大阪来る。

5月13日月曜日、前日から大阪入りしたカメラマン畑拓さんが「畷のいえ」の撮影を行いました。畷のいえは、大阪、四畷にある、推定築170年程の住宅。12日に引き渡しを終わったばかりです。

IMG_4887.JPG

路地の面した外壁をそのままに、藁ぶきの屋根を取り壊して、2階をつくり変えています。

撮影日は、晴天。今回、集落のなかの「畷のいえ」を確認したい気持ちもあり、畑さん提案のドローン撮影をお願いしました。

IMG_4849.JPG

ドローン撮影の準備をする、畑さん。さてどんな写真になるのか楽しみです。

内部撮影も順調に進んでいきます。

IMG_4961.JPG

畑さんの撮影助手は、「畷のいえ」設計担当のMsスタッフ酒谷明日香さん。畑さんの後ろにくっついて、撮影後、ほぼ同じアングルでシャッターを切りますが、やはりちょっぴり傾いたりしてますよね。

IMG_4940.JPG

扠構造の小屋裏空間だった2階は、改修前はこの応接間から梯子で登っていましたが、改修して、しっかりとした階段ができました。

IMG_4820.JPG

新しく出来た2階は、ワンルームのフリースペースにゲスト用の寝室があります。桁高をかなり低くして、かつての建物のボリュームに近づけています。

IMG_4804.JPG

今回、この「畷のいえ」、そして新築で3月末に竣工した 「豊中・和居庵」そして、温熱改修して昨年12月完成した「箕面のいえ」の3件の撮影で、大阪滞在の畑さん。5月とはいえ、真夏の装いで集中度を上げているようです。

IMG_4786.jpg

古い建具も補正し、古色で塗装して、新しい素地の木材にも調和しています。

天井は小豆色で塗装。これも古材丸太に調和する色として定番にしています。

IMG_5008.JPG

撮影もひと段落して、夜景撮影まで、ちょっと休憩タイムです。今回施工の、木又工務店木又誠次氏(右)は四畷の工務店さんで、5分で現場に来てもらえます。体格も似ている2人の頼もしいツーショット。

建物が完成して、撮影をして頂くこの時が、しみじみ嬉しい時でもあります。

三澤文子

岐阜のO邸 10年メンテナンス

Msでは建物のメンテナンス時期に出切るだけご訪問させていただきます

今回は、岐阜県O邸に10年メンテナンスに伺いました。

IMG_9371.JPG

写真は、松下建築(岐阜県)松下義伸さんとMs三澤文子です。

松下さんは10年前O邸の工事をしてくれた大工さんです

久し振りに 住まい手さん、大工さん、設計者が顔を合わせ 懐かしい話がはずみます。

今回のメンテナンスも 頼もしい職人さん達にお世話になります。

IMG_9391.JPG

外部を一周しながら、木部の状況や、白蟻が来ていないか、屋根や外壁に異常が無いかチェックを行っています。

建物は、維持管理がしやすい様に計画されているので、点検もしやすくなっています。

IMG_9406.JPG

外壁木部が少し反っている箇所がありました。すぐ、松下さんが修理をしてくれました。

木部は、塗装をしていない箇所と、塗装をしている箇所があります。

樹種や使用する場所によって異なります。

塗装は、最初から塗装をしている場所には適切な塗料での塗装をおすすめします。

メンテナンスの塗装は、とても簡単ですが「ちょっと大変」と思う方には頼める人にお願いをします(塗料を間違わなければ、プロでなくても大丈夫です)

今回の点検では、木部の状態は良く健全でした。

000.jpg

点検が終わると、Oさんの日々の様子をお聞きしながらより快適に過ごしていただける様に話をしています。

IMG_9400.JPG

Oさんが快適にお過ごしの様子を拝見でき、わたし達も日々の設計業務に力がはいります。

メンテナンス工事を行なって下さった松下さん、中島さん、頼もしい職人さん

今回もたいへんお世話になり有難うございました!

Msスタッフ新井

『 笑い・感動・感謝 』三澤康彦さん3回忌

令和元年5月1日。

Ms事務所にて、三澤康彦さん3回忌を行いました。

GW休みの最中にもかかわらず、多くの皆さまにご参加頂きありがとうございました。

★IMG_7483.JPG

上写真は、三澤康彦さんのデスクです。

当日は記帳台として、皆さんに見て頂きました。

 (2年前計画中であった康彦さんの手書き図面がそのまま残されています)

★IMG_7582.jpg

仏壇まわりは、皆さまから頂戴した沢山のお花に囲まれました。

法要では、100名近くの皆さまにご焼香を頂くことができました。

★MG_7495.JPG

法要の後は、三澤康彦さんの仕事をまとめた「スライドショー」を上映。

GWで帰省中のご家族揃って、これまでの仕事を振り返ることができました。

★IMG_7501.JPG

康彦さんの高専時代からの友人である、木村博昭さん(写真:右)には、学生時代の楽しいエピソードを語って頂きました。

★MG_7515.JPG

高専時代のご友人の皆さん、揃っての記念撮影です!

康彦さん、とっても喜んでいると思います。

★IMG_7561.JPG

Ms恒例のバーカウンターの様子です。

OB・OG、MOKスクール生の皆さんと、楽しく歓談です。

★IMG_7608.JPG

3回忌に合わせて、三澤康彦さんの仕事をまとめた作品集を出版しました。

『「木の住まい」をデザインする 三澤康彦の仕事』

| 書籍の完成(真鍋弘さんBLOG)| AMAZONのページ |

三澤文子が、約半年かけてこれまでの康彦さんの仕事をまとめました。

和田善行さん、山辺豊彦さん、泉幸甫さんによる寄稿文も掲載されています。

★IMG_7537.JPG

MOKスクールを代表して、梅田宗春さんはじめ、木又さん、大塚さん、皆さんから、たくさんの思い出と励ましのお言葉を頂きました。

★IMG_7574.JPG

OBの皆さまには、一言ずつ、修行時代の「思い出エピソード」を紹介して頂きました。

内容は・・・、とてもブログで紹介できません。(笑)

「笑うこと」

「感動すること」

「感謝すること」

   ※3回忌法要の際の住職さんからのお言葉です。

この3つがまさに凝縮したような、素敵な一日でした。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

Msスタッフ 上野耕市

木材 時々 花粉

桜の季節も終わり、夏に向けてだんだん暖かくなってきましたね。

IMG_8654.JPG

私は花粉症なので、この時期はマスクが手放せません。

関西ではこの時期だと、杉や桧が主に花粉を飛ばしているのではないでしょうか。

住宅でも杉や桧は多く使用されている樹種ですが、今回はその材質の観点から見てみます。

木材には、広葉樹と針葉樹があり、このふたつは細胞組織の成り立ちも異なり、空隙率も異なることから、性質が違ってきます。

空隙率とは、木材を構成する細胞間に存在する空気の隙間の割合を示します。

この割合が、広葉樹では低く、針葉樹では高くなっています。

つまり、広葉樹は材質が堅く、針葉樹はそれに比べ柔らかい材質となる傾向があります。

花粉をこの時期飛ばして、人々を悩ませている杉と桧は、針葉樹に該当しています。

基本的には広葉樹よりも針葉樹は柔らかいので、キズが付きやすいですが、フローリングとして用いると、足の感触が広葉樹と比べて、柔らかく優しい印象があるかと思います。

実際にMsの物件で使用した際の写真です。

針葉樹―杉.JPG

これは針葉樹<杉>の床で、

広葉樹‐クリ.JPG

こちらは広葉樹<クリ>の床です。

写真だけでは、材質はなかなか伝わりにくいですが、もし広葉樹や針葉樹のフローリングが使用されている建物を見つけたら、実際に感触を確かめてみてください。

一軒の住宅の中に、広葉樹と針葉樹のフローリングが使われているのも、違いが堪能できて面白いですよね。

高価な木を使用しているから贅沢というわけではなく、木の様々な材質や表情を楽しみ、五感 (味覚を使うかどうかはお任せします) を刺激できることが、贅沢なのかなと私は思います。

また樹種によって、水に強かったり、虫に強かったり、様々な特性がありますが、それを踏まえて使用する樹種を決めるのも楽しいです。

皆さんはどんな木に興味を持つでしょうか。

自分なりの思い入れを持てる木を見つけられたら、また面白味が増すかもしれません。

スタッフ宮本

月別アーカイブ

カテゴリ一覧