• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

Azumi setoda・yubune竣工報告② ~内装設計~

Ms日記をご覧の皆さん、こんにちは。

6月も中旬に入り、日増しに蒸し暑くなってきましたね。

さて、本日はこの春オープンした『Azumi setoda(アズミセトダ)/広島県尾道市瀬戸田町』の

竣工報告②をさせて頂きます。

担当は、上野です。

今回は、"内装設計"がテーマです。

Azumiには、宿泊室が22室あります。

新築の鉄骨造2F建てのフレームなかに、木で内装を設計しました。

(=スケルトンインフィルという手法です)

設計は、六角屋(三浦史朗氏)+Azumi setoda設計チーム。

マスターアーキテクツである三浦氏のもと、このプロジェクトのために特別に組まれたチームです。

1 01_se_9219.jpg

                                     Photo Tomohiro Sakashita

「日本の素木(しらき)で客室をつくりたい」

設計初期に、クライアント&三浦氏から提示されたコンセプトです。

杉と桧。

日本を代表する、繊細で、柔らかさのある針葉樹のみを用いての設計です。

素材がそのまま仕上げとなるため、木材の段取りも含めて、設計チームの仕事となりました。

上写真の客室は、広さ約50㎡のタイプです。(1Fベーシックタイプ)

雪見障子の外には、坪庭があります。

2 02_se_9222.jpg

                                     Photo Tomohiro Sakashita

100角の柱・鴨居には、「赤杉」の柾目材を用いました。

このプロジェクトのために、吉野の林産地に協力していただき、

100年生の原木から、より選りの材を調達しました。

もう一つ、大切な要素が「家具」です。

材は、桧です。こちらも、特別に、柾目で巾はぎ板を製作しています。

モックアップを製作しながら、何度も打合せを重ねてつくり込みました。

3 0136_310_20210207_1327.jpg

                              Photo Tomohiro Sakashita

客室の間口いっぱいに、奥行2Mの坪庭があります。

(作庭:WASO/西之園氏)

高さ6Mの垣根によりプライバシーを保ちながら、光・風をコントロールします。

4 0096_213_20210207_1072.jpg

                                     Photo Tomohiro Sakashita

2F客室の水廻り空間です。

1Fとは異なり、壁側に洗面台をつくりました。

浴室の外には、小さなテラスがあり、湯上りに涼むことができます。

浴槽は、「木曽桧」。

床は「福光石(床暖房付)」です。

技術的に難しい防水や排水など、施工チームと打合せを重ねて、すっきり納まりました。

6 0092_202_20210207_0954.jpg

                                     Photo Tomohiro Sakashita

メゾネットタイプの2F和室です。

広さは約70㎡あり、屋外テラス(ソファ付)があります。

堀炬燵の机は、床下に収納することができるので、布団を敷くこともできます。

7 04_se_9258.jpg

                                     Photo Tomohiro Sakashita

静かで控えめな印象ですが、シンプルで心地よい宿泊室となりました。

本プロジェクトでは、専門分野の異なる多彩なメンバーと競演することで、

多くの学びがあり、仕事の質を高めることができたように思います。

私たち、木を得意とするMsチームとして。

今後も、プロジェクト型のチーム設計に積極的に参画していきたいと思います。

上野耕市

◇より詳しい建築情報は、以下の雑誌に掲載されております。

新建築 2021年6月号

https://japan-architect.co.jp/project/azumi-setoda%EF%BC%8Byubune/

商店建築 2021年5月号

https://www.shotenkenchiku.com/products/detailp.php?itemid=3547

胡桃山荘のご案内

非常勤&リモートワークの村上です。

Ms日記をお読みくださっている皆様にも、リモートワークをされている方が増えていると思います。

私はコロナ禍以前よりリモートワークを開始しましたが、慣れない仕事をリモートで行うのにはなかなか大変な面があります。

また現場監理のように実際に現地で確認する仕事は、居住場所が遠いと容易ではありません。

私の場合、現場監理を大阪のスタッフにも担当してもらい、その代わりに離れていてもできる業務を行っています。

今回は窓口として担当している、胡桃山荘について書いてみようと思います。

みなさんがご覧になっている、このサイトのホームページを下にスクロールすると、「宿泊体験施設」と書かれた写真があります。それが胡桃山荘です。

場所は長野県上伊那郡。施工された北沢建築さんの事務所兼モデルハウスがある敷地の東側に建っています。

IMG_0207北沢建築モデルハウスと.JPG

( 向かって左が北沢建築さん)

「『胡桃山荘』は、はじめてメーターグリッドで設計した事例である。6m角の2階建 + 下家というかたちが、これからの小家族が暮らすための器として、相応しいスケールであることを確認したような住まいである。」

これは2019年に出版された、三澤康彦の仕事「木の住まい」をデザインする の胡桃山荘のページの書き出しです。本の表紙も胡桃山荘。

300軒以上の住宅をつくってきた康彦さんは、あえてあまりつくりすぎない木の器を心掛け、このJパネルハウスがその最もベーシックな形と表現されました。

Jパネルは12ミリ厚さの杉板を三層に貼り合わせてつくったパネルで、見た目に美しいだけでなく地震にも強い優れものです。

胡桃山荘はJパネルハウスと呼ばれるように、内部の床、壁、天井すべてJパネル。塗装は一切かけていません。

柱や梁など構造材は鳥取県智頭町サカモトさんの100年生以上の杉。大黒柱の八角柱には樹齢200年を超えている木を使い、杉に囲まれた空間になっています。

IMG_0210大黒柱.JPG

(穴の開いた壁の向こうは家事室)

その空間にMsが提案するさまざまな低座の椅子や、つくりつけの昼寝用デイベッド、ベンチソファが置かれています。

それに加え康彦さんが20代のときに購入した、マレンコのソファとオットマンもあり、家具の心地よさも体験していただけます。

IMG_0160 2階.JPG

(2階の寝室とマレンコのソファ)

蒸し暑い夏、標高750メートルの高地に建てられた胡桃山荘は、避暑地として格好の場所です。

ですが真冬は零下16度...

DSC_1570冬の正面.jpg

でもご安心ください!断熱性能が高いので、太陽エネルギーを利用した集熱システムと薪ストーブ、この2つの暖房で、室内温度は真冬でも20度をキープしています。

胡桃山荘では地元の食材でお食事を愉しみ、漆塗りのお風呂で日頃の疲れを流し、ゆっくりご滞在ください。

IMG_0179お風呂.JPG

真夏に窓から入ってくる高原の涼風、真冬に薪ストーブから聞こえるパチパチの音。それらに包まれての昼寝を想像しただけで幸せになります。

DSC_1604薪ストーブと昼寝ソファ.jpg

(奥の赤いシートが昼寝用デイベッド)

管理をしてくださっている北沢建築さんの「北沢建築本社工場」は、乃木坂46の「シンクロニシティ」のミュージックビデオの撮影舞台となったので、ご存じの方も多いと思います。

乃木坂46 『シンクロニシティ』 - YouTube

この工場も文子さんが設計した建物です。教会をイメージしてデザインしたというだけあって、乃木坂46が天使のようですね。北沢建築さんのモデルハウスと合わせて、ぜひ見学なさってください。

それでは、お申し込みは私が承りますので、Msがつくる木の建物を体験してみたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ!

(実は私はまだ胡桃山荘を訪れたことがないので、早く長野に行きたくてうずうずしています)

村上洋子

三枚の絵を飾る~ウマハウスの1年メンテナンス

5月24日(月)は、昨年2月に完成した、東京文京区のウマハウスの1年メンテナンスでした。
約束の10:00には、持井工務店監督の苫米地さんと、大工の白熊さんと再会。ほぼ1年ぶりです。

1.JPG

大工の白熊(シラクマ)さんは、ウマハウスの造作家具を一手に製作してくださった大工さん。今回のメンテナンス項目には、建具や引出の金物追加など、白熊さんの守備範囲ばかりです。

事前にリストアップして、苫米地さんと電話打ち合わせしてあったメンテナンス内容に合わせて、材料や部品、道具がしっかり準備されています。
2.JPG

実は、今回の目玉の作業は、メンテナンスではなく、追加のお願いの、「高いところに、絵を3枚飾ること。」です。

本棚の再頂部が、空いたままで1年過ぎましたが、いずれも高所が苦手のウマハウスの住まい手が、もはや再頂部まで、梯子で上がれない・・・と判断し、1年メンテナンスのこの機会に、額を設置してもらうことにしたのです。
3.JPG

ガタイの良い白熊さんは、さすが大工さん。梯子上でも額を押さえつつ、ビス打ちをしています。下で梯子を支えるのは、苫米地さん。リモートワーク中の住まい手2名も仕事の合間に協力。蔀戸を上げているのは私で、写真撮影と、額の位置の指示は、娘の彩です。

4.JPG

そんなことで、 3枚の絵を無事に飾り終えて、対岸の2階ホールから確認している御二人。実は、トイレの前のこの位置から、吹き抜けを介して、とてもよく、絵が見えるのです。5.JPG

日々、何回も通りすぎる、この2階ホール。特に1階にはトイレがないので、ここメイントイレから出た瞬間に見えるアングルが、この写真です。

中央と左の額は木版画。三澤康彦さんが、結婚前に購入し所有していたもの。作者は不明です。
最近、木工家のZOO永田健一さんに額装してもらい、しばらく事務所に飾っていました。

右手は、水彩画で、岐阜県中津川市加子母在住の画家、本間希代子さんの水彩画「みつめる」です。本間さんの描く少年少女の表情が好きで、何枚か手に入れて大切にしている絵の一枚です。

6.JPG

さて、高所作業を伴うミッションも含め、本日のメンテナンス作業は終了。持井工務店の御二人は、帰路につきます。
お疲れさまでした。

7.JPG

見送った後、 「道行く人が、3枚の絵を見ることができるのは、この位置からか?」 と見上げてみても、ガラスが反射して、中は見えません。

8.JPG

そこで、しばらく時間をおいた日没後、外に出て、吹き抜けの窓をみあげると、3枚の絵が見えました。予想通りの見え方です。

9.JPG

南東に向いた 2階ホールの窓からも、最後に飾った本間さんの絵「みつめる」が見えます。

星の降る夜の情景のなか、鳥のような顔の少女が遠くを見つめる表情が、この場所にぴったりはまると思ったのですが、まったくその通りだと感じました。

10.JPG

ウマハウスの住まい手が言う、「この家の最後のピースが、ピタッとはまって、本当に完成した。という感じだ。」という表現が、絶妙だな。と、しみじみ、納得のひとときでした。

(三澤文子)

OGUMAのエッセンスをMsに ~ 豊中O邸・キッチン詳細の打ち合わせ

5月19日、豊中O邸のキッチンの打ち合わせのために、住まい手ご夫妻と共に、千里山のOGUMAに行ってきました。OGUMAの代表は、MsのOB・大橋朋晃君。(どうしてもOBには 君呼びとなります)

今回、キッチンへの注文が「てごわい」住まい手さんなので、初めてキッチンの詳細設計から製作まで、大橋君にお願いすることになりました。
1.JPGRC造の集合住宅を上手く改修しているOGUMAアトリエ内で打ち合わせが始まりました。

Msの設計図面をもとに、詳細を詰めていくのですが、このアトリエには、素材の比較や寸法確認などができる、様々なサンプルが準備されていて、「てごわい」注文も、着実に解決してくれそうです。2.JPGまずは、Msの現設計図面をもとに、キッチンの考え方を共有していきます。

3.JPG図面上に、要望を聞き取り、それらを具体的に描き込みながら微調整していきます。すらすらと細かい提案がでてきますし、同時に手もよく動いていますね。

4.JPGさて。テーブルを離れて、引出しの説明に。

引出しを構成する部品の説明です。今回は、引出しの底板の素材にこだわりがあるため、様々な素材を提案してくれました。おかげで、どうやら引出しの仕様はまとまりそうです。

5.JPGこれは奥行の浅い食器棚。

大橋君曰く、「間違えたりして返品になったものをサンプルにしています。」とのことですが、食器棚の奥行に合わせて、どのようなお皿やカップが入るかを、確認してもらえるのは。とても良いですね。

私も自宅をショールーム的にお見せする際、収納の奥行寸法と、中に入るものの関係を、もう少し明快に説明できたらいいな。などと気づかされました。

6.JPG住まい手のEさんが、引出の高さと、中に入る食器の関係を確かめています。浅めの引出でもそれなりの量が入ることが解ります。

7.JPGさて、この部屋に入った時から気になっていたコーナー。

3枚の絵のあるコーナーです。

8.JPG

「これらの絵が気になる。」ということから、すまいに飾る絵の話になりました。

大橋君は「このごろ、こどもがいい絵を描くので、額にいれて飾ろうかと思っている。」とのこと。(大橋君には4歳と2歳のお子さんがいます)

私も、住まいには、高価な絵ではなく、気に入った絵を是非飾ってほしい、と思っていて、こどもの絵も、家族が気に入った1枚を、額装して飾ると、見違えます。

9.JPGそんなことから、OGUMAから、Msに一枚の絵が移動しました。

大橋君が、「好きな一枚ををどうぞ。」ということで、頂いたのです。

さてどこにあるのでしょうか。

10.JPG実は、この日、東京のウマハウスに3枚の絵を送ることになり、事務所の絵が乏しくなっていたのですが、絵を発送した、数時間後に1枚の絵が、やってきました。

OGUMAのエッセンスを頂いて、これからも良い設計ができそうです。

それにしても、最近はOBに助けられることが多く、つくづく、持つべきものは「OB」だな・・・と思う今日この頃です。

ウマハウスに送った3枚の絵の話は、次週のMs日記にて・・・・

(三澤文子)

地盤調査の立ち会い

はじめまして、今年度4月に入社しました、松岡利香です。

Ms日記を初担当させていただきます。

今回は、設計中の物件の敷地で行った地盤調査の様子をご報告いたします。

空と眺望_トリミングIMG_1626.jpg

調査日は、初夏を思わせる清々しい日でした。

事務所としては昨年12月に敷地調査を行っていますが、私にとっては初めての敷地訪問となります。

まずは敷地とその周辺を歩き、敷地や近隣の状況、地勢をみました。

南側に急峻な斜面があることで、隣家が視界を遮ることがなく、広い空と遠くの景色が一望できる丘の好立地です。

接道_修正IMG_1631.JPG

街路樹が適度に成長しており、良好なまち並みを形成しています。

敷地と道路の関係を確認するために、街路樹の位置や歩道の切り下げなどを採寸しました。この情報は配置図に反映されます。

地盤調査の方法は、「スウェーデン式サウンディング試験」で、住宅地の地盤調査では、一般的に使用される手法です。

簡単に手順をご説明します。

ロッド先端_トリミング.jpg

先端にスクリューが付いている「ロッド」と呼ばれる鉄の棒を地面に突き立て、おもりを載せて、ロッドを地盤に貫入させます。地盤が固くてロッドが貫入しない場合は、おもりを段階的に増やしていき、何kgの荷重で貫入したかを記録します。

最大100kgまで荷重を加えてもロッドが貫入しない場合は、おもりを載せたままロッドを回転させて強制的に貫入させます。

深さ25cmごとに回転数を記録します。

回転数が多いほど、地盤が固くよい地盤ということです。

今回の調査深さは、最大で15mでした。

これよりも浅いところで一定の回転数を超えてもロッドが貫入しないほどの固い地盤に当たった場合、十分な地耐力があると判断し調査はその深さまでとします。

調査地点は、計画建物の四隅+中心の計5地点。

各地点の結果を比較し、極端に弱いなど異なる傾向がみられた地点については、その近傍で追加調査を行います。

今回は2地点を追加し、計7地点のデータをとりました。

土採取_トリミングIMG_1641.jpg

最後に、土質を調べるため、深さ2mまでの土を採取しました。

沈下の可能性を検討する上で、土質も必要な情報です。

サンプルから、粘土質の地盤であることがわかりました。

地盤調査のデータと地形分類などの資料から、敷地地盤に十分な地耐力(建物を支える力)があるか否か、地盤改良の必要性などを専門家が判断します。

基本設計→実施設計→工事を経てこの敷地に建つ住宅の完成予定は、約1年後です。

完成を楽しみにしつつ、プロジェクトメンバーの一員として完成までのプロセスを着実に進めていきたいと思います。

Msスタッフ 松岡

月別アーカイブ

カテゴリ一覧