• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • MSD三澤文子
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

『沖本さんとつくる "手刻み"の木の住まい(豊中市Y邸―中間報告-)』


12月に入り、冬の訪れを感じる季節になりました。

時の流れは早いもので、豊中市Y邸では、7月30日の着工から約4ヶ月が経過しました。
本日は中間報告を兼ねて、大工棟梁である沖本雅章さんの仕事をレポートしたいと思います。

① IMG_5796.JPG

沖本雅章さんは、『㐂三郎(きさぶろう)』の屋号で木の住まいをつくる、豊中市在住の大工棟梁です。

実は、沖本さんと知り合ってから、まだ1年も経っていません。
MOKスクールの集まりなどで、『沖本さんという腕の良い大工がいる』という噂話を聞いておりましたが、出会ったのは、2018年の春頃、大阪市内にある材木屋さんでした。

Ms三澤と話しが弾み、その後、沖本さんが過去に担当された物件を見せてもらう機会があり、
大工としての腕の良さに加え、『センスの良さ』・『柔軟な発想』に魅かれて、今回、はじめてお仕事をご一緒することになりました。

② IMG_5758.JPG

一人親方である沖本さんとは、Ms事務所と二人三脚で仕事を進めています。

思い返せば、夏の基礎工事では、Y邸の特徴の一つである『スロープ付のポーチ』について、何度も現場打合せを重ねて、短工期で、きれいな仕上がりとすることができました。

沖本さんは、大工であり、現場監督であり、
材料の調達から職人さんの手配まで、すべてを一手に引き受けます。

③ IMG_6005.JPG

④ IMG_6143.JPG

前回のMsブログにてご紹介した通り、Y邸は『手刻み』の現場です。

10月中旬の建て方では、沖本さん大工チームにとって、はじめてのJパネル×Dボルト工法でしが、
『複雑やな~(沖本さん 笑)』といいつつも、2日間で、見事に組み上げていただきました。

⑤ IMG_6437.JPG

現在は、屋根工事も無事完了し、外壁まわりの工事を進めています。

Y邸はコンパクトな住まいですが、沖本さんの"キラリ!大工仕事"が随所にちりばめられています。

⑥ IMG_6300.JPG

上写真は、「破風板」の継手の様子です。

堅木のチギリを、上部から差し込んで、経年変化で材同士がずれない様に工夫しています。

木とお喋りするねん(沖本さん)』が口癖で、
穏やかな口調で、いつも現場では、木の使い方・納め方について話をしてくださいます。

⑦ 20181124141557_IMG_2938.JPG

さて、沖本さんといえば!『チョウナハツリ』です。今では、チョウナハツリの技術を持つ大工さんも少なくなっていると聞きますが、関西には沖本さんがいます。

⑧ IMG_4834.JPG

上写真は、「建替え前」のY邸の写真です。

沖本さんの目で、「このポーチ柱とピーラーの梁は、良材なので、必ず使える」との話しを受け、解体前に取り出して頂きました。

99.jpg

左写真は、ポーチ柱を「チョウナハツリ」で仕上げた様子です。

片面は、あえて「面付き」で残しています。ここから、さらにMsにて「漆仕上げ」を施す予定です。
右写真は、ピーラー梁を、カンナ削りで仕上げた様子です。目づまりが良く、赤身で美しい「縮み杢」があわられました。これには、住まい手さんも大喜びです。

11.jpg

今回は、現場も近く(Msから車で15分)、住まい手さんの仮住まいも、現場の道向かいです。

住まい手。大工。設計士。
3者が近い距離で、お互いに会話をしながら、丁寧に仕事を進めています。

『ワクワクする(住まい手さん談)』気持ちで、全員が、ものづくりの過程を楽しんでいます。
工事は中間地点を迎え、今後、造作工事が本格化していきます。

「沖本さんとつくる手刻みの木のすまい」
完成をお楽しみに!

スタッフ 上野耕市

冬のMOK道場「和心庵」見学会

秋の紅葉も深まる11月半ば、MOK道場2講義目の「お茶室見学・お茶席体験」を行ってまいりました。

MOK道場はMOKスクール生のための特別講義です。

JLCH5038.JPG

会場は、住宅建築2018年4月号の表紙を飾った梅田宗春さん設計の「和心庵」です。

IMG_2238.JPG

見学会には17名、ご参加いただき3班に分かれて席入り体験をしていただきました。

IMG_2024.JPG

まずは、待合室へ

香煎をいただいてお茶席の準備が整うのを待ちます。

初めて席入りされる方がほとんどなので、皆さん緊張の面持ちです。

IMG_2041.JPG

SYFB5768.JPG

障子が少し開くと、先に進んでいいですよ。の合図!

腰掛待合へ移動します。

IMG_2057.JPG

亭主に迎えられてお茶室に入ります。

IMG_2151.JPG

お茶菓子はこの日のために、注文して作っていいただいたそうです!

IMG_2182.JPG

きれいなオレンジ色は紅葉するもみじをイメージしたと、お話しいただきました。

KVDZ8425.JPG

お菓子とお茶をいただいたあと、梅田さんより和心庵のディテールや素材などを説明していただきました。

興味深いお話ばかりであっという間に時間が過ぎていってしまいます。

IMG_2222.JPG

IMG_2224.JPG

今回は特別に、水屋の方も見学させていただきました。

UFCG6924.JPG

XUKE3052.JPG

今回のお茶室見学会はよかった!のお声が多く大変嬉しいかぎりです。

また、この日をご用意していただきました、先生方のお心遣いに大変感動いたしました。

茶室設計道場は次回が最終回です。

3回目の講義はフクマチヤにて「和心庵」を題材としたディテールについて

お楽しみに。

(スタッフ 久保)

10年メンテナンスに行ってきました。

10年のタイミングでメンテナンス訪問を行っていますが、今回は1年遅れの11年目。2007年に竣工した天王寺の家です。

久しぶりに訪れた天王寺の家は、格子も外壁もそん色なく、とてもいい感じです。高齢のご両親がいたことと、夫妻も小さいお子さんと、もうすぐか赤ちゃんが生まれるタイミングだったので、バギー対応が主な目的のスロープがあります。

「このスロープはなかなか良かったな。」と過去の計画に自画自賛。

1.JPG

施工はコアー建築工房さんで、監督さんは大谷さん。今日は大谷さんも来てくれています。

「大工さんは田尻さん。Msの担当は田中貴之くんでしたよね。」と住まい手さんとも懐かしく歓談しました。大谷さんと田尻さんとは、今年竣工した「春風の家」の担当メンバーでもあり、ほんとうに長いお付き合いになりました。

構造材は徳島の和田善行さんの杉材です。構造材だけでなく本棚も和田さんの杉材。壁一面の本棚や高い棚の本をとるための工夫など、私はすっかり忘れていたことを住まい手さんに教えてもらいました。

2.JPG

3.JPG

竣工間際に生まれたお子さんの名前の一字をロゴにして染め上げたタピストリー。

ご主人がこもって仕事をし過ぎるので、下から様子が良く見えるようにと、透明のポリカボネート板にした間仕切り壁。やはりこの日も、ご主人がこもっていて、「これは正解でしたね。」とのこと。

4.JPG

浴室も、良く風を通してくださっていることから、壁板や天井板はとてもきれいで、カビ無しです。

「お手入れなんて何もしてません~。」と謙遜されていますが、日々の気配りを十分感じることができました。

5.JPG

庭のエゴノキは、当時2mくらいの高さだったのが、こんなに大きく。

南にあった、ツタの絡まるレトロな病院はすでになく、マンションが建ち、それが今は用途変更されホテルになっているそうです。

都会の真ん中にも「ほのぼの木の家」があります。皆さん元気でこれからも過ごして行ってほしいと思いました。

三澤文子

自立循環型住宅研究会フォーラムで発表しました

11月7日から2日間にわたって、名古屋で自立循環型住宅研究会フォーラム(第15回)が開催されました。

IMG_3585.JPG

目的は聴講ではなく、もちろんフォーラムでの「発表」です!今年はエムズより2名の参加となりました。見ての通り50人を超える方々の前で発表ができる機会はまずありませんので、非常に嬉しい限りです。

発表内容はそれぞれ以下の通り。

●フォーラム1日目●

中根「温熱とデザインの両立を目指す」

今年5月に竣工した「春風の家」を題材に取り上げ、テーマに沿って温熱とデザインの両立を目指した設計時の工夫や、その他各種温熱データの分析などについて発表しました。今年に竣工したばかりということで、冬の実測データはこれからという物件です。1年後にデータを更新してみることで、さらに面白い発表内容になると思います。

IMG_3584.JPG

●フォーラム2日目

酒谷「マンションリフォームの醍醐味」

こちらは昨年末に竣工した「中京・風の舎」のマンションリフォームを題材に、今後のマンションの在り方の提案も踏まえながら発表を行いました。マンションをテーマに取り上げる事例は少ないため、非常に興味深い発表になったと思います。

IMG_3348.JPG

大賞取りましたー!・・・とご報告できるのは、また来年に持ち越しです。今年は残念ながら大賞には手が届きませんでした。

ただ今年も発表をすることで改めて認識したこと。

それは、まず「発表」をするということ。ここがなければ何も始まりません。

これは昨年も今年も、研究会主宰 野池政宏氏から締めの言葉として仰っていたことと同じだと痛感しました。このような温熱環境を中心とした良い家づくりを目指す研究会に集まった皆さんの前で、自分たちの取り組みを発表するということは必ずスキルアップに繋がると思っています。

発表するには準備が必要、そのためには知識が必要、そのためには勉強をする、データを取る、分析をする、個人のレベルアップ・・・

そして行きつく所には、エムズ建築設計事務所のレベルアップ。ここが大切なところだと思います。

IMG_3369.JPG

最後に「批評性」「素直さ」この2つのワードを取り上げ、野池先生より心に残るお話をいただきました。

常に向上心を持ってこれからも新たな物件に取り組んでいきます!

スタッフ 中根

漆工房 柿の木荘での漆塗装

秋晴れの11月、阪南市にあるMsの漆工房で漆塗装を行いました。

1.JPG

この漆工房は、三澤康彦が改修設計を行った柿の木荘敷地内の蔵をMsの漆工房としてお借りしています。この蔵の中で、物件で使用する建材に漆塗装を行います。

IMG_1240.JPG

こちらはスタッフが蔵の中に作ったムロ(室)、漆を乾燥(硬化)させる場所です。

たくさん漆塗装しても、大きな建材もへっちゃらです。

Msでは所長の三澤文子、スタッフが物件で使用する建材に漆塗りを行います。皆、気持ちが入ります。

今回は、2箇所の現場で使用する式台や柱、建具の扉などに漆塗装を行います。

使用する漆は、今日の為に準備した新鮮な漆です。

漆は生物!新鮮な漆は、仕上がりの艶が良く、硬化が早いのが特徴です。

漆は無駄無く、新鮮な間に使い切るが鉄則です。

IMG_8011.JPG

スタッフが作業台で手際良く漆を塗っていきます。

こちらの材は、トイレの壁に使用します。漆は汚れも拭取りやすくお手入れがとても簡単です。

一度目の漆を塗り上げると、ムロの中に材を移動して漆が乾燥するのを待ちます。

2.JPG

作業が一段落した際に、柿の木荘オーナーが柿の収穫にやってきました。

野鳥の為に少し柿を残しておられるなんとも素敵なご夫婦です。

収穫を手伝ってくれているのはMsアルバイト学生のO君。このお手伝いのお陰で、Msにもたくさんの柿をいただきました。

3.JPG

漆塗装に焦りは禁物です。漆の乾燥を待ち次の漆を塗る迄の間、スタッフは食事をしたり

ノートPCを持ち込み図面など書いて過ごします。

この日はデスクトップのPCまで登場し、柿の木荘が事務所の様です!

IMG_8013.JPG

今回は、2日間かけて漆を3回塗り重ねました。この漆材は現場に搬入するまで

漆工房のムロでさらに乾燥をさせます。

DSC_0745.JPG

次は、大工さんがこの漆材を現場で丁寧に加工してくれます。各物件の進捗報告も楽しみに!

Ms新井

月別アーカイブ

カテゴリ一覧