• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

中田木材にて、造作材の選定。

少しずつ、暑さが和らぎ、秋らしい空気を感じるようになってきました。

今回は、大阪市住之江区にある「中田木材工業株式会社」にて木材選定の様子をご紹介したいと思います。

Msでは、建築事務所としては珍しく、三澤康彦さんが買付け、収集した多様な種類の木材を所有しています。

この木材を保管してくださっているのが中田木材工業株式会社になります。

この日は、神奈川県の物件に使用する、造作材を選定しました。

IMG_2801.jpg

写真左側は、橘明夫さんです。大阪市西区で「橘商店」という、

銘木天板販売と栗材、名栗加工の専門店をされています。

Msの木材管理をしてくださっています。打合せながら、必要な木材を出してもらいます。

IMG_2800.JPG

ケヤキの板材です。立派な大きさで、圧倒されます。リビングの書類棚として使用される予定です。

ここから寸法に合わせて、綺麗に製材されていきます。

写真左側に写っている方は、中田木材株式会社の豊田浩志さんです。

木材選定ではいつもお世話になっています。

IMG_2803.jpg

保管されている木材は山のように積み上がっているので、

使用したい材をフォークリフトで降ろしてもらいます。

玄関、下駄箱に使用するウォールナットの板材を選んでいます。

板の反りがひどくないか、割れや節の具合などをみて、慎重に選びます。

IMG_2805.jpg

この日は、インターン生の平井さんも一緒に選定の様子を見てもらいました。

橘さんが、木について丁寧に説明してくださいました。

木目の美しい材はどちらか、価値の高い材はどう選ぶかレクチャー中の様子です。

カメラ目線でお茶目な感じですが、製材作業の姿は、一変、真剣な様子の橘さんです。

AUDO7802.jpg

Msの所有する木材には、立派な栗やシュリザクラの柱、フローリング材などなど、

お伝えしきれていない材がたくさんあります。

IMG_2808.jpg

Msで設計を依頼される住まい手さんにお届けできるよう、静かに木材たちはその日が来るのを待っています。                    

                                        (Msスタッフ濱田)

I邸新築工事 建て方~上棟式

最近は日中と夜の気温差がありますね、だんだんと秋の気配がしてきたように思います。

今週のMs日記は宮本が担当です。

今回は、先月に行われた伊丹市のI邸新築工事の建て方~上棟式の様子をおおくりします。

地鎮祭の記事はこちら

先月に建て方が行われた時期は、雨続きで工程がずれたりもしましたが、当日は前日までの雨が嘘のような晴天となりました!

IMG_8648.JPG

IMG_8653.JPG

IMG_8640.JPG

手刻みやプレカット加工の構造材が組まれていき、吹抜け空間のある木造2階建ての空間が立ち上がっていきます。

IMG_8641.JPG

リビングの吹抜け空間から見ることのできるこの持ち出し梁、この角度...格好良く仕上がっています...!

木材も綺麗な表情をこの見せ場に選んでいます。

IMG_8674.JPG

金物の取り付けも並行して行います。写真はDボルトを使用して構造材同士を引いていくところです。

IMG_8700.JPG

2階床を張り、

IMG_8744.JPG

IMG_8747.JPG

吹抜け上部の垂木を架けていきます。

IMG_8759.JPG

2階の梁も組まれていき、

IMG_8801.JPG

屋根の面材を張っています。

IMG_8805.JPG

構造体が組み終わり、上棟です!

そして後日、少し日を空けて上棟式を行いました。

IMG_9005.JPG

当日、現場に到着した際には、既にコアー建築工房さんが、テーブルをセットしてくれていました。

IMG_9007.JPG

コロナ禍ということもあり、座席には仕切りのパネルも設置してくださっています。

奥の座席座っているのは、前回のMs日記でも登場したインターンに来てくれたHさんです。

IMG_8997.JPG

三澤による建築ツアーも行われ、現場で話を聞ける贅沢な時間を過ごしていました。

IMG_8998.JPG

そうしている間に、祭壇の準備も完了です。

今回、お施主さんであるIさんには、祭壇に置いてあるお酒やお塩、洗い米をご用意していただきました。

IMG_9002.JPG

奥にある黒いモノは大工さんの道具で墨壺(すみつぼ)といい、宮大工さんの代表的な道具を飾っています。

IMG_9014.JPG

式も順調に進んでいき、無事に終了です。記憶に残る上棟式となりましたでしょうか。

私も、ここが住まい手さんが愛着を持てる家・場所になっていきますようにと祈りながら、現場を出ます。

IMG_9038.JPG

現場から出て振り返った時に初めて気づきましたが、大工さんの後ろ姿と共に「祝・上棟」の文字の垂れ幕が。

大工さんの後ろ姿でグレー色にしてあるのが、またかっこいいですね。

というわけで、建て方~上棟式の様子をお届けしました。

スタッフ宮本

Ms夏のインターン

つい最近まで元気よく鳴いていたクマゼミの声は少し小さくなってきた気がします。
8月も終わりが近づいてきました。

Ms日記をご覧の皆様こんにちは
今週のMs日記は中尾が担当させていただきます。

8月といえば夏休みですね。
夏休み期間を利用して京都芸術大学からインターン生がやってきてくれました。
平井あゆみ さん(大学3回生)

就職活動の時期に差し掛かり、自分探しの為
一度、設計事務所の雰囲気を感じたいということで来てくれました。
IMG-1952.JPGプロジェクト紹介の様子です。
Msスタッフが各々担当している物件を紹介します。
インターン生へ向けたプロジェクト紹介ですが、スタッフにとっても物件の進捗状況を共有するためのいい機会となります。
ZOOMを利用し、Ms東京事務所勤務の松岡さんと愛媛でリモートワークの村上さんを繋いで発表しました。

IMG-1976.JPGインターン初日から早速、現場の塗装にやってきました。平井さんにも塗装の手伝いをお願いしました。
「現場の細かい作業=現場を観察すること」になり、新たな発見、アイデアが浮かんできます。
平井さんは建築現場を見るのは初めてだったそうですが、現場塗装はいい刺激になったのではないでしょうか。

IMG-1987.JPG所内での仕事は主に増改築物件の軸組模型の製作です。
新築と比べ、情報量の多い構造伏図ですが、しっかり読み取って手を動かしてくれています。
現場作業、現場見学などで有意義で濃密なスケジュールの中。要領よく、胴差の途中まで作って頂きました。
IMG-2004.JPG既存の構造材は茶色で表現し、新規の構造材は白色で表現します。
インターン期間中の完成を目指して私もしっかりマネージメントして
軸組模型製作のお手伝いをさせてただきます。
IMG20210827143633.jpgそして本日はコアー建築工房美原モデルハウスの見学にやってきました。
3月にインターンに来てくれた小西くるみさん も卒業制作で多忙な中、駆けつけてくれました。
小西さんがインターンに来ていた時期はモデルハウスはまだ大工工事の途中でしたので、できあがった建物をみて大変感動していました。
IMG20210827144246.jpg文子さんの説明によって見学が進みます。

IMG20210827155107.jpg2人は特に2階の空間が気に入ったみたいで、胡桃のフローリングに座り込み、気になった箇所をメモを取り、写真に収めていました。
勉強熱心な姿に、私も背中を押されます。

2週間と短いインターン期間ですが、この2週間の経験が
今後役に立ってくれることを願います。

Ms中尾

堺市K邸の設計を進めています  ~23年前に三澤康彦さんが設計した住まいの増築計画~

皆さんこんにちは。

今週のMs日記は上野が担当いたします。

今回、皆さまにご紹介するのは、大阪府堺市のK邸です。

このK邸、実は、故:三澤康彦の設計により1998年(平成10年)に竣工した築23年の住まいです。

過去のMs日記では、詳細調査の報告会&プレゼンの様子を紹介しています。

http://www.ms-a.com/post_299.html

1 IMG_3976.jpg

北側に接道した細長い敷地に、2F建ての住まいがみえます。

今回、隣の敷地を購入されて、住まいを増築したいという依頼を頂きました。

23年という時を経て、再びMs事務所に設計依頼を頂き、とても嬉しく思います。

2 img001063.jpg

上写真は、23年前、1998年竣工時の2Fリビングの様子です。

(フィルムカメラで撮影されたものです)

どこか、千里の三澤自邸に近い雰囲気をもつ、三澤康彦さんの設計です。

節ありの杉の柱・梁を現す、真壁構造。

2F床は「カラマツ」・野地板は「杉」の30ミリの厚板を使っています。

あぐらを掛ける低座椅子=「男の椅子」(秋岡芳夫さん)

ZOO永田健一さんによるテーブルも、当時からのMsの定番です。

3 リビング(川野由里さんより).JPEG

そして、上写真は、現在の2Fリビングの様子です。

カラマツの床は、飴色で落ち着いた風合いに。

一部、 照明やエアコンを取り換えていますが、ほぼ、23年前の空間が今に生き続けています。

愛着を持って住み続けてくださっているご家族の皆さまに感謝するとともに、

Ms三澤康彦の設計手法を改めて見つめ直しながら、設計を進めています。

4 IMG_4583.jpg

さて、ここでご登場頂くのは、住まい手の娘さんです。

この住まいで生まれ育ったのはもちろん、

驚くことに、現在は大阪市立大学で建築を学んでいるとのこと!

木の住まいにも大変興味を持ってくださっており、

この春に、インターンでMs事務所に2週間の実習に来て頂きました。

そして、その後。

今回、新しく増築する住まいの『軸模型』の製作までご協力頂くことになりました。

23年前のひとつの仕事が、時を超えていまにつながるようで、有難いご縁を感じています。

5 IMG_4854.JPG

増築部の『軸模型』です。

屋根が一段低くなった箇所が、新しい玄関になります。

玄関を入って左手は、

大きな平屋のワンルーム(リビング・ダイニング)となっています。

北庭を楽しむ、奥行のあるデッキをつくる予定です。

住まい手と対話を重ねながら、引き続き、しっかり設計を進めていきます。

上野耕市

エムズの仕事と鳥の関係

非常勤&リモートワークの村上です。

大阪のMs事務所には月に1度通います。大阪在住のスタッフには見慣れた景色も、月に1度の私の目にはとても新鮮に映ることがあります。特に事務所の庭の植物は1ヵ月で様子がずいぶん変わり、大阪に来るたび季節の移ろいを感じています。

さて、事務所の打ち合わせスペースに大きな机があります。

テーブル.JPG

ここで文子さん食堂の昼食をいただいていた時、いつもと違う雰囲気が...

なぜだろう??

わかりました!新入りの...

イームス鳥.JPG

イームス ハウス バードです!

そういえば前回の来阪時に、文子さんが「鳥のオブジェを注文した」と話していました。SNSで野沢正光さんの「我が家はイームス ハウス バードが2羽になった」という投稿を読んですぐに欲しくなり、ネットで注文したそうです。鳥に合わせて変えられた後ろの版画ともピッタリの相性です(ハウスバードが狙われているようにも見えますね...)。

実は文子さんは鳥のオブジェが大好きで、事務所や自宅のあちこちに鳥がいます。ざっと見渡しただけで、こんなに見つかりました。どれも木の空間にしっくりなじんでいます。

bird1.JPG

bird2.JPG

bird4.JPG

bird5.JPG

bird6.JPG

洋の東西を問わず、鳥は神話に登場し信仰の対象になっていました。シンボルとしても、神様のつかいのカラス、博学なフクロウ、愛と平和の象徴のハト、赤ちゃんを連れて来るコウノトリなど、みなさんもすぐ頭に浮かぶイメージがあると思います。

文子さんにとっては、鳥は「実を運び、木に生命を与え、森を豊かにする。」という、木の家つくりのシンボル。Msの設計には、よく「DEN」と呼ばれる小さなスペースが設けられ、鳥の巣のように「こもる空間」としてくつろぎの場になっています。

昨年完成した、大阪ガスNEXT21の改修プロジェクト「風香る舎(かぜかおるや)」では、鳥をコンセプトイメージとして、インテリアの提案とオブジェ選定を行いました。その際に展示されたオブジェの一つを三澤邸で発見。

bird3.JPG

これは、韓国の陶芸家 キム・ミョンレさんの作品「青い鳥と葉の小作」です。キムさんのお母さんの世代、韓国では、女性は自由にやりたいことができる時代ではなく、お母さんが鳥を見ると、「あの鳥のように自由にどこにでも行ってみたい」と言っていた、その想いが作品に込められているそうです。

NEXT21「風香る舎」のご紹介~いつか飛びたいと思う鳥のオブジェのこと

http://www.ms-a.com/diary_12.html

風雨に耐え、外敵から守り、子育てに快適な環境をつくるために、鳥はさまざまな材料を集めて巣作りします。カラスはワイヤーハンガーのような新しい材料も利用していますね。「巣作り」を「住まいづくり」ととらえると、文子さんが鳥好きなのも当然だなあと、この日記を書きながらしみじみ思いました。

みなさんも、Ms事務所にお越しの際は鳥探しをしてみてください。ひっそりイームス ハウス バードが増えているかもしれません。

村上洋子

月別アーカイブ

カテゴリ一覧