春風の家(神戸市)造園工事

春風の家の造園工事を行いました。

今回造園を依頼したのは、奈良県生駒市を拠点に活動されているプランタの清野陽介さんです。

DSC_1723.JPG

なにやら清野さんと三澤が話し込んでいます。

建築工事はミリ単位の工事ですが、造園はまた別物です。計画案では分からない植栽の位置や高さなど、全体のバランスを見ながら整えていきます。

IMG_0423.jpeg

さて、4日間の施工期間を経て、造園工事を終えました。

今回最大の見せ場は屋上庭園!木造を得意とするエムズが、鉄筋コンクリート造との混構造にしたのはこれがあったからこそ。

DSC_1702.JPG

こちらの屋上庭園は東側に位置するため、朝日が差し込み、朝から気持ちよいスタートが切れること間違いなしです。

これは決して自分たちだけのものではなく、町に開き、道行く人たちの目も楽しませてくれるものとなりました。

DSC_1707.JPG

見返しの様子。床には御影石を使用しています。

当初案ではコンクリートタイルと植栽でおおらかに作りながらも、少しカチッとした印象を覗かせていたプランを提案していた清野さん。

住まい手Sさんとのやり取りの中で、『もう少し自然な雰囲気に』との要望から御影石に変更しました。建物から少し角度を振っているところが流石です。

DSC_1699.JPG

高木のアオダモやジューンベリー、低木にはアジサイ、ラベンダー、ローズマリーなど様々な種類の植栽を植えています。屋上にあるなんて嘘のようですね。

DSC_1679.JPG

和室に面する外部には、高めの木塀で囲まれたプライベート感のある小さい小さいお庭をつくっています。

紅葉越しの様子。住まい手Sさんが以前よりマンションのバルコニーで育てていたサクランボも清野さんにうまく使ってもらいました。細かな配慮が嬉しいです。

1週間後の7月22日(日)には、住まい手のご厚意で『MOKゼミ神戸』を開催させていただきます。

ご興味のある方はまだ若干の空きがありますので、ぜひご参加いただき、内外共に見所満載の『春風の家』を体験してみてはどうでしょうか。

スタッフ 中根

大阪北部地震 Ms千里事務所

この度の大阪北部を震源地とした地震の被害に遭われました皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。

今回は、無事のご報告も兼ねて地震に関する記事です。震度6弱の地震は大阪では阪神淡路大震災以来の大きな地震でした。

IMG_4710.JPG

写真は地震発生直後の事務所の様子です。

地震発生時、私は事務所にいたのですが、突然の大きな揺れに襲われ、棚から本や置物などが落下してしまい、割れてしまったものもあります。

02.jpg

こちらは、10キロ以上はある置物が床に落ちました。床には数ヶ所落ちた際の衝撃が残っています。 人にあたらなくて良かった。Msではもう、高い場所に重たい物は置きません!

この日は、割れてしまった物や事務所の片付けをし、まだ続くと思われる余震に備え、瓶や陶器など安全な位置に移動するなど対策をしました。幸いにも、事務所の所長である三澤をはじめ、スタッフにも怪我はありませんでした。

建物に被害がないか外に出て見回りをしていたら、外部の水道管から水が噴出していました。

IMG_4714.JPG

応急処置として、水が歩道側へ噴き出さないようにテープを巻きましたが、止まりません。 水漏れの修理をお願いしても、地震の影響で交通が乱れ、鉄道は運休し道路は渋滞しています。 今日は誰も来てくれないだろうと思っていました が、 羽根建築工房の和田監督に相談をすると、午後には駆けつけてくれました。 どうやら、モルタルの下でも水が漏れている様です。 乗って来た軽トラ大の荷台から、大きなハンマードリルを取り出し「ガガガ...」と手際良くモルタルを割りその日の内に、水漏れを直してくれました。 (親切で、器用な和田監督はとっても頼りになります!)

IMG_4795.JPG

後は、Msスタッフである中根の出番です。空洞部に土を詰め、表面に配合したモルタルを塗って手際よく仕上げていきます。

IMG_4722.JPG

IMG_4792.JPG

今回の地震で割れたヒビ割れも補修し、無事施工完了です!

まさか震度6弱の地震が大阪で起こるとは思いませんでしたが、そんな、まさかの場合を想定した設計を行う重要さを身をもって感じました。

これからも、命を守り、木を活かし、心地の良い建築を創っていく仕事をする為、気を引き締めて、精進して参りたいと思います。

Msスタッフ 宮本

北白川環境設計道場  -前期発表会-

今月の6/8(金)に北白川環境設計道場の発表会が行われました。

道場はいつもは京都建築専門学校のよしやまち校舎を会場として勉強会を開かれているのですが、

今回は発表会ということで、Ms建築設計事務所が会場となりました。

IMG_4726.jpg

まず北白川環境設計道場とはなんぞや ということで、

この道場は、建物の温熱環境について学ぶことのできる場所です。

入門時は基礎コースから始まり、そこで半年間の修業を終えた後、応用コース、そして実践コースへとステップアップしていきます。

勿論、Msスタッフも温熱の知識をより深めていくため、道場に参加しています。

応用コースと実践コースは、半期に一度、それまで学んだことを活かし、発表をする場が設けられています。

今回、応用コースでの発表者は7名、実践コースでの発表は6名の計13名の方が発表を行いました。

応用コースは共通テーマを設け、よしやまち校舎の温熱改修計画します。

断熱部分の断面構成を計画し、建物の全体や部位ごとの断熱性能の算出して、

現状と温熱改修案の性能値を比較し、発表を行います。

IMG_4624.JPG

中には一次エネルギーの試算も行っている方もおり、道場での勉強の成果を発揮していました。

実践コースでは、各々で興味のあるテーマを決め、時にはチームを組み、発表を行っていきます。

結露に対しての検討や改修物件の報告など、様々なテーマの発表で、質門も多く飛び交い、質疑応答の時間で白熱した議論が行われていました。

IMG_4632.JPG

フリップを使い、シールをめくり、そして参加者に問題を出すという会場を巻き込んだ発表方法を採用した組もあり、それぞれ趣向を凝らしていました。

鮮やかにフリップをめくって見せたのは、Msに月に一回、温熱講師として来ていただいている水の葉設計社の中野さんとMsスタッフの酒谷です!

指示棒も手作りして発表に臨み、気合が入っていました。

IMG_4651.JPG

道場参加者の発表も終わり、最後はMsスタッフである中根が、最近竣工した物件の報告を行い、発表会は終了です。

終了後は、懇親会が開かれ、発表に関しての意見交換等、皆さん歓談を楽しまれていました。

同じ温熱を学ぶ者同士が道場に通う中で芽生えてきた疑問、仕事で疑問に思っていたことを一緒に考え合える場所としても、今回の発表会もとても刺激を受けるものとなりました。

現在、北白川環境設計道場は新規参加者を大募集中ですので、興味のある方は一度道場へ訪れてみてはいかがでしょうか。

Msスタッフ 宮本

福島のオグラへ~木材検品の旅

5月30日~31日、福島県 南会津町のオグラに行ってきました。三澤康彦さんが買いつけてあった木材を、近いうちに大阪に運ぶことになり、その打ち合わせと、今年2月に、丸太から挽いて頂いた、クリの階段板の検品が目的です。

木材コレクションは三澤康彦さんの、いわば趣味でしたが、今回は初めて私自身が、オグラの渡部さんにお願いして挽いてもらったもの。ただいま設計中の住宅の、階段板のためです。

IMG_1085.JPG

階段板は、桟積み乾燥され、いい具合に乾燥中です。

また、Msと記された 柱材もズラリ。H28年のシュリザクラもあります。これもいずれかのお住まいの柱になるよう、じんわり乾燥させて、設計に組み込んでいきたいものです。

IMG_1091.JPG

IMG_1093.JPG

毎年5月の末頃、桜設計集団の安井昇さんが号令をかけてオグラに行きます。今回は

設計者6名でオグラツアー参加。

安井さんの弟子の加來千紘さんは、初めて自分が選んだ丸太を挽くということで、参加者みんなで見守りました。製材機の音が響く中、丸太が帯鋸をとおり、2つに割れます。その時、パッと現れた木の色と木目の美しさに、ワッと声が上がります。

IMG_3938.JPG

IMG_3939.JPG

また、見守る、加來さんの嬉しそうな顔、安井師匠のにんまり顔に、こちらも嬉しくなります。

一方、設計友達の内海彩さんは、先回挽いてあった板をテーブルに加工してもらうということで、オグラの渡部さんと、材をみっちり吟味中です。

Msも、渡部さんに、今後もクリなど、東北の良い材を吟味して頂く約束をしました。

IMG_3931.JPG

IMG_3946.JPG

最後は、オグラのショップに寄ってお買い物。地元の人気木工作家の、胡桃のカットボードが沢山あるなか、私も豆皿を数枚、お土産に買って帰りました。

毎年5月の木材検品の旅。1年後の楽しみができました。

三澤文子

「百年名家」 放送のご案内~金華山に抱かれた岐阜・抱石庵~

6月10日(日曜)抱石庵がTV放送される事になりました!

BS朝日 5CH 時間12:00~12:55

BS朝日番組サイト:「百年名家」知の巨人が造った美の館~金華山に抱かれた岐阜・抱石庵~BS 

Ms三澤文子作品紹介:抱石案(久松真一記念館)再生プロジェクト 

reform26-img01.jpg

大正3年に建築された抱石庵は、岐阜出身の哲学者、久松真一氏が晩年を過ごされたお住まいです。2005~2006年Ms三澤文子、岐阜県森林文化アカデミーの木造建築スタジオが、この建物の改修設計・監理を行いました。

内観は、ほとんど変えずに、耐震性を確保し省エネ性も格段に向上させました。

2005年11月23日 こちらは工事前の既存建物「詳細調査」の様子

01.jpg

2006年 抱石庵 改修工事の様子

02.jpg

当時より、三澤文子が行っていた「木造建築病理学」に基づく既存建物「詳細調査」や、建物の耐震性や温熱環境を向上させる取り組みがあったことも知って頂き、番組をご覧いただければ幸いです。

03.jpg

ぜひ、6月10日、放映の「百年名家」をお楽しみ下さい。

Msスタッフ新井