• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

「家で穏やかに暮らすこと」ができる。~楓の家からのうれしいおたより

未だ、緊急事態宣言が発令される前の、3月30日、雑誌「住む。」の取材・撮影の御供で、楓の家にうかがいました。

楓の家は、2011年に竣工しているので、築9年、来年が10年メンテナンスですが、楓の家の住まい手さんは、この9年の間、何回か、細かく手を加えて、家族の暮らしに合った住まいに育てておられます。

時には、プロの手を借り、時にはご夫妻の手づくりで。

そんな暮らし方が、つくり手である私たちの願う「家の育て方」だとつくづく感じます。

1.jpg

北側道路側に玄関がある楓の家は、通り土間があるお蔭で、来訪者である私たちも、自分の靴で南庭をウロウロすることが出来ます。

右手に見える楓の木、建設前からここにあったものです。種類はノムラカエデ。未だ3月末なので、残念ながらあの真っ赤な葉っぱはついていません。

同じく建設前からそこにあった、フェンスの前に、ご主人手づくりの薪棚があります。
2.jpg

この家に引っ越す時に家族の一員になった柴犬の虎太郎は、すでに9歳。凛々しい立ち姿です。

3.jpg

庭の東側は、畑やぶどう棚がある「働く庭」

Ms の庭づくりの理想形は、「農家の庭のように、【働く庭】と【眺める庭】のコラボ」なのです。(広い庭がとれない都会では、なかなか実現できませんが。)

その【働く庭】に、虎太郎のような犬がいて・・・絵になる理想の庭。懐かしさを感じる庭が、私の理想なのかもしれません。

4.jpg

なんだか雰囲気がよいな。と思い、良く見れば、古いフェンスの青い部材に半割りの竹が括りつけられています。

お聞きすると、ご夫妻でご一緒に、発案~作業をされたとのこと。

ちょっとしたことで、随分違うものなのです。

そんなフェンスの手前、チューリップも今が見ごろです。

5.jpg

この鳥のオブジェは、竣工前の造園の際、私が造園の春蒼園さんに頼んで台座をつくってもらい、その上に飾ったもの。確か、岐阜の骨董屋で手に入れた石の鳥のオブジェです。

この鳥も、9年間、周りの草花が、色とりどりに変化していって、随分楽しませてもらっていたことでしょう。

6.JPG

連休明け、楓の家の住まい手さんから、メールが届きました。

試行錯誤していた、手づくりのオーニングが完成したとの ご報告のメール。お写真も付けてくださいました。

連休中は、自粛生活で、お二人の大好きな山や川などへの遠出が出来ないため、ご主人がこの機に作業に没頭、ステキな手づくりオーニングが出来たとのことです。


台所前のデッキから、西に「眺める庭」が見通せます。

そして、ノムラカエデが赤々とした葉っぱをつけています。

何処にもいかずに「家で穏やかに暮らすこと」ができる家づくりが Msの「木の家づくり」の目指すところ。

6月に発売の「住む。」夏号に、この「楓の家」が掲載されます。是非ご覧くださいませ。

三澤文子

NEXT21「風香る舎」のご紹介 ~いつか飛びたいと思う鳥のオブジェのこと

2018年からスタートした大阪ガスNEXT21の改修プロジェクト、 Msは503住戸の改修設計をさせて頂きました。
そして、この3月末に完成、4月から2か月間公開見学のはずが、全て中止になりましたが、数日前に、大阪ガスのサイトに情報がアップされました。インテリアの動画もありますので、どうかご覧くださいませ。

https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/next21/home/home6.html

そんなことで、竣工写真も、晴れてご紹介できることとなりました。

1.jpg

「風香る舎(かぜかおるや)」のリビングです。
左手にキッチンが見えますが、「センターキッチン」と名付けた、真ん中にキッチン、そのキッチンを囲んで家族の居場所があるというプラン構成です。
右手には、共用廊下に沿った土間空間が見えます。その土間にある障子も開ければ、風が南北と通り抜けます。
集合住宅では実現できない「風通しのよい家のつくり」になっているのです。
また、梁組の見えるのも、集合住宅らしからぬ空間。たっぷりの無垢の木に囲まれています。すなわち「木の香りのする家のつくり」です。

2.jpg

リビングからキッチンを介して、北のベランダの方向を見ています。
「ほっこりと」くつろげる DEN(鳥の巣のように籠る空間)スペースが、右手奥に見えます。
左手奥は、キッチンテーブルのある茶の間です。

3.jpg

これは、リビングのすぐ脇にある、手洗いスペース。
2018年の計画提案当時 日々の健康のためには「手洗い慣行」が必要と、このプラン構成を提案しました。
そもそも、浴室の横にある洗面台というステレオタイプにかねてから疑問を持っていて、出来るだけ、リビングに近い位置に洗面台(手洗いスペース)を設けるように提案していました。
それらは、「冬のインフルエンザ予防は『手洗い慣行』が第一。」という主旨からでしたが、よもや、新型コロナウィルス対応の「手洗いコーナー」になるとは、思いもよらないことでした。

4.jpg

ここが玄関土間です。
右手の格子戸が、玄関戸で、もう一枚の網戸付きの障子がその横に見えます。 間口が広い住戸なので、奥行きも深く、奥の突き当りは収納スペース。
天井は赤味の杉板で、設備吹き出し口も全て杉の繊細なルーバーです。

5.jpg

玄関土間を見返します。
右手、障子風建具が連なっていますが、全て開ければ、風が気持ちよく通ります。
つまり、「風通りの良い家のつくり」というのは、「かつての日本の木造住宅のつくり」なのですね。
左手に見える障子とサッシの外は、共用通路。障子の前の棚板には、鳥のオブジェが並んでいます。これは、「風香る舎」のコンセプトイメージ「鳥」を、Msにてインテリアの提案をして、オブジェも選定し展示いたしました。
「鳥は実を運び、木に生命を与え、森を豊かにする。」という 木の家つくりのメッセージをこの鳥のオブジェに込めました。

6.JPG

そんな、鳥たちの中で、この作品は、韓国の陶芸家 キム・ミョンレさんの作品 「青い鳥と葉の小作」です。
昨年2019年3月、韓国ソウルの、彼女の、ショップ+工房である「自然共感陶」にて手に入れたもの。その時、工房で、キム・ミョンレさんに「どのような想いを、鳥のモチーフの作品に込めているのですか?」と問いかけました。 その問いに「私の母の世代、韓国では、未だ女性は、自由にやりたいことが出来る時代ではなかった。母は、鳥を見ると、いつも『あの鳥のように自由にどこにでも行ってみたい。』と言っていました。その母の想いを作品に込めています。」と、答えられました。

7.jpg

どこか、せつなく見える、この鳥、
世界がコロナに翻弄されているこの2か月間、「きっといつかは自由に飛べる。」と思いつつ、じっと、この「風香る舎」のなかで、籠っていたのでしょうか。

(三澤文子)

3本のヒノキ

Ms日記をご覧の皆様、こんにちは
今週のMs日記は 新入社員・中尾が担当いたします。

IMG_7135.JPG昨年11月末、住まい手のご家族とMsスタッフ(三澤・宮本)が、奈良県川上村にある山へ登りました。
構造材として使用する、ヒノキの伐採を行うためです。その山は、住まい手の「ひいおじいさん」が所有されています。
いとこの東辻秀和さんが、ひいおじいさんの山守(やまもり)をされていて、伐採したヒノキを住まい手にプレゼントしてくださいました。

*気が付けば山 (←詳しくは、過去の記事。)

こんな親戚の思いが詰まったヒノキを製材してくださるのが、阪口製材所(奈良県五條市西阿田町)です。阪口さんを訪問した様子を、今週の記事といたします。

IMG_7139.JPG「ひいおじいさんの山」から住まい手が厳選したヒノキの丸太3本です。年輪の数は150を超え、元口から末口までほぼ真っ直ぐに伸びています。専門用語では、「通直」な丸太といいます。150年という、人類は到達できない年月、山守の人たちが世代交代しながら大切に育てた証です。

真ん中の丸太は、なんと6メートル超です。構造材としては一般的な材長ですが、まだまだ木を見慣れていない私にとっては衝撃を受ける長さです。写真から見てもこの立派さは一目瞭然です。
この丸太が、実際に住空間を支える柱になることを想像すると"木"を使用する贅沢さを肌で感じます。

IMG_7129.JPG阪口製材所・所長の阪口さん(左)と設計で使用する木の寸法と本数を確認しています。
IMG_7158.JPG今回物件の軸組模型は、私、中尾が担当しました。これは模型の精度が悪いと御指摘を頂いている時の写真です。多少のご愛嬌願います。
木拾い表と併せて軸組模型も確認しながら必要木材を割り出します。

伏図、矩計図(かなばかりず)を読み取りながら3Dの軸組模型を造る
この作業が木造建築の理解を一気に深めます。

IMG_7142.JPGこちらはヒノキ断面です。ここから木取りをし、柱、梁、板に生まれ変わります。
木取りは、必要な寸法の材を製材する作業です。余りが出てしまいます。

「丸太の長さ1メートル以上余ったら、束に使うので残して置いて下さい。それでも余ったら、プレカット工場に持っていきます。」と文子さん。
素材を無駄にしない、Msのこだわりを感じます。

IMG_7164.JPGこちら製材された木を「桟積み乾燥」という方法で天然乾燥させている様子です。古くから伝わる方法で、板に桟を挟んで風を通し、乾燥させます。

「この桟の厚みが絶妙に良いんだよ」と文子さん。
IMG_7165.JPG雨に打たれて黒くなった桟積み乾燥中の木材です。乾燥中なのに雨に打たすの?と疑問に思いますが、木材内部に含まれる結合水という水分が抜けやすくなります。
結果、材のアクが抜けてより香りが出ます。実際黒くなるのは表面だけで数㎜カンナを掛けると内部の色味は綺麗だそうです。特に赤身の部分は人工乾燥に比べ、断然赤みが増し、化粧材として使用されます。

「良い住空間を提供するには木の香り、色味などもこだわっていきたい」と阪口さんのお話を聞けました。

この物件の着工は来年の2月、上棟は来年の5月です。約1年間、このヒノキ達も自然乾燥に仲間入りします。
良い構造材になること、間違いなしですね!

IMG_7123.JPG敷地内を散策・・・
何かを発見しました。余った丸太を植木鉢代わりに使っています。製材所ならではの発想に斬新さを感じました。
キノコが生えて可愛らしいです。
IMG_7153.JPG製材所ならではの、木の良い香りが敷地内に広がります。
IMG_7152.JPGきっちり整理された木材倉庫です。中には10年間天然乾燥させている木があるそうで、素材の大切さが身に沁みます。

私自身、木造建築に愛着が湧きますが、その根拠は漠然としていました。木はたくさんの人のこだわりや手間暇が多く掛けられていることを、身をもって知りました。製材所に足を運び、山守の仕事を知り、森の尊さを感じ、丸太1本1本のルーツを知ることで、木造の魅力が分かった気がします。

私事ではありますが、入社して1か月が経ちました。これからも時々Ms日記に登場します。その時は私の成長を発信できたらいいなと思っております。
ご精読ありがとうございました。

Msスタッフ・中尾

「宙」の文字に込めた想い ~「大石華表堂」より掛け軸が届く

去る2月の中頃、岐阜県美濃市の表具屋さん「大石華表堂」さんに注文していた、掛け軸が届きました。

「大石華表堂」さんは、美濃紙の産地である美濃市の、うだつの上がる町並みの中にある明治時代から続いた表具屋さんで、私がアカデミーにいた頃から、表装のお仕事について、代表の大石さんに、教えて頂いたりしていた関係で、その後も、何度か掛け軸をあつらえたりしておりました。今回は、頼まれの、あつらえではなく、マイ掛け軸をつくってもらったのです。
1.JPG
実は、モデルハウス「コバケンラボ」(2013年竣工)で、書家・青雨氏に書いて頂いた、「宙」の文字、一枚余分に書いていただいたものを、大石華表堂の大石さんにお願いして掛け軸にして頂きました。と言いますのも、青雨氏は、2016年に急逝され、もう書いて頂くことも出来ず、この「宙」が引出しの中に眠っていたのを思い出し、「日の目を見てもらおう!」という思いがあったからです。

2.JPG

さて、届いた掛け軸を広げてみれば、地と中廻しの配色も素晴らしく、どのような床の間にも合いそうです。
水色の地の色は、水色といっても落ち着きのある、品のある色味です。
3.JPG
近づいてみると、中廻しは、地模様のある布地で、大石さん曰く「絹地のいいものを使っています。」とのことでした。

「宙」は、調べてみますと、中国の哲学書に「宙」は時間、「宇」は空間をあらわす。とあります。そして次第に「宇宙」をイメージして、「宙」は「そら」とも読まれるようになったとのこと。
春先から想像もしなかった世界の様子を知るにつけ、この「宙」という文字が大事に思えるようになりました。

4.JPG
この3月末に完成した、大阪ガスNEXT21改修住戸「風香る舎」の和室、床の間にも、この「宙」の掛け軸を飾りました。
宇宙の中に生きる謙虚さで、自分自身の生活や、仕事について、じっくり考える時なのかもしれません。

5.JPG
そうそう、この床の間の欅は、奈良西大寺の梅田工務店の梅田社長から譲って頂いたもの。
良い目合いの欅です!

6.JPG
そして、香炉が、床の間に飾られました。鳥の形のつまみが何とも可愛い。鳥は、この「風香る舎」のテーマに合致しています。

この香炉の作者は、大阪芸大の建築学科出身の陶芸家、糸井康博氏。
大阪芸大卒、と言えば、MsのOB、小泉宙生氏(スウィング)の、「宙生」と言う名前、
今更ながら、いい名前ですね。


(三澤文子)

緑がつながるように。~文京区ウマハウスの植栽工事

28日火曜日、2月末に引き渡しが済んだ東京文京区の「ウマハウス」、待ちに待った植栽工事が行われます。

天気も良き朝、植木類を積み込んだトラックが到着、早速、造園の職人さんが動き始めました。

緊急事態宣言発令中により、大阪から動けないため、現場には行けませんが、逐一ラインに写真が送られてくるので、このように問題なく、現場状況が把握できています。

1.JPG

2.JPG

あら。持井工務店の現場監督・苫米地さんが、今日は、くつろいだボーダーのトレーナーで、寝癖もついている。と思ったら

3.JPG

3歳保育園児が現場監督の格好です。保育園休園で、造園の現場体験ができています。

4.JPG

狭い植栽スペースではありますが、南の窓に樹木の枝葉が内部から見えるようにと、枝ぶりを考えて選んでくれたアオダモの株立ち。

枝の微妙な方向を見定めているようです。

5.JPG

玄関ドアの前には、ポスト+宅配ボックス+ゴミの仮置き場が組み込まれたRCの箱塀があります。

その上は、造りつけの植木鉢になっていて、リクエストの盆栽がつくり込まれていきます。

6.JPG

子どもの目線ではこんな感じ。小さなお山の景色が見えてきます。

7.JPG

夕方に近づき、夕立のような雨も降ったようですが、そんな中、盆栽も完成です。

8.JPG

スロープの脇にも、草が入って、東のお隣の緑のラインと上手くつながりました。

9.JPG

道の西側を見返せば、通り沿いにつながる樹木が、何とか途切れずに緑のラインができました。

緑が多いこの辺りは、とても環境が良いところです。

10.JPG

「ステキなお庭ができましたね。」と声をかけてくれたご婦人とか、樹木のアオダモが「イチローのバットに使われる木。」であることを教えてくれたというご近所にお住まいの方。

木が植わったことがきっかけで、お話する人もだんだん増えて、ようやくこの地に根付き始める。ということでしょうか。

11.JPG

翌朝は、植木職人さん風に早変わりした3歳保育園児。

きのう目にした植木職人さんになりきっているのかな?

(三澤文子)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧