• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

ZOOM部屋ができました!

3週間前のMs日記に登場したウマハウス。ワンルームのキッチン+リビングダイニングの写真に仕事スペースが写っています。「右奥に見えるのは2畳ほどの仕事スペース。1m角のテーブルを壁につけて2人が斜めに座って仕事をします。」

10.jpg

リモートワークになると見越して、住まい手から要望があり計画した仕事スペースでしたが、予期せぬ新型コロナの影響でいきなり大活躍です。

Ms事務所にも「ZOOM部屋」と呼ばれる、オンラインのためのスペースが設けられ、先日は代表・三澤文子によるMOKスクールの講義が行われました。今回はMsのZOOM部屋の紹介をいたします。

IMG_0463.JPG

ここは故・三澤康彦さんが仕事場として使っていた場所です。ずっと触らずにいた空間ですが、オンライン化され新たな活動の場となりました。それでもやはり、デスク周りには康彦さんがそのまま残されています。

IMG_0460.JPG

新しくウェブカメラを導入しました。設置場所を変えて検討した結果、モニター右上の中央寄りに落ち着きました。ここだと自然な目線で視聴者に話しかけられます。

IMG_0453.jpg

モニターの後ろに見える輪っか、これは何かというと...

女優ライトです。

では、ZOOM部屋は視聴者側からどのように見えているでしょうか。

女優ライトあり.png

中尾くん、女優ライト有り

女優ライトなし.png

中尾くん、女優ライト無し

確かにライトによって、前髪でできた影が無くなっています!

ZOOM部屋は、スタッフのオンライン学習室としても用いられます。今日の中尾くんは省エネ・温熱環境に関係する性能の勉強会、「建築環境ラボ2020後期」の講習に参加しました。これまでのスタッフはみな京都まで通っていたので、事務所で参加できると移動時間の節約になりますね。

これからは自宅に仕事スペースを設けるのが当たり前になりそうです。また家族と自宅で一緒に過ごす時間が長くなるため、それぞれが息抜きのできる空間も必要になるでしょう。新型コロナは、暮らし方や働き方を変え、それにともなう住空間まで変えています。物事が大きく変化する瞬間に立ち会ってみると、柔軟に変化する重要性を見せつけられているように感じます。

今年はお盆休みの帰省を取り止める方が多いのではと思います。この機会に暮らし方改革をされてみてはいかがでしょうか。私は長雨で草が生い茂った庭の整備を行う予定です。

それではみなさま、良い夏休みをお過ごしください!

村上洋子

庭のある暮らし

雨が降ったりやんだりと、気まぐれな天気が続く梅雨の日々です。

コロナに降り回されている人間たちをよそに、木々の緑は青々と生い茂っています。

Ms事務所の庭の木々も自由気ままに成長し、その生命力に元気をもらっています。

IMG_0218[1].JPG

事務所入り口左には、モミジとツツジの木が、右はザクロの木で、たくさんの実をつけます。

IMG_0220[1].JPG

事務所前の歩道からのぞむと、建物が緑に包まれています。

住宅街ですが、一瞬、野山に紛れ込んだのかと思ってしまいます。

IMG_0221[1].JPG

アゲハチョウも一休み。緑が豊かな庭は、鳥など様々な生き物が立ち寄っていきます。

自粛期間中から、ホームセンターでは、花や野菜の苗がよく売れるようになった

とニュースで報道していました。

私もその一人で花の苗を購入し自宅のベランダで育てています。

花や植物があると塞ぎ込みがちな気持ちが癒やされるものです。

旅行や出かけることが気軽に出来なくなり、自宅で過ごす時間が長くなると、

庭があることで、テントを張ってキャンプ気分を味わえたり、バーベキューをしたり、

身近に緑とふれあうこともできます。

改めて、庭や植物のある生活の大切さを今回感じています。

IMG_0223[1].JPG

事務所中庭には、中央にバーベキューができるデーブルがあります。

お家を建てる場合、建物に意識がむくのは当然なのですが、

庭や外構を含めて設計を考えると、より豊かな空間が生み出されます。

Msでも、手入れがそこまで大変ではない木を選び、庭の提案を行っています。

ある程度自由に木や草花が育っても、雰囲気のある庭になります。

少し話は変わりますが、ここ数ヶ月、代表の三澤文子さんによるふみこ食堂が、

お昼に開かれ、ランチを作っていただいています。

IMG_E0158[1].JPGIMG_E0151[1].JPG

スタッフの栄養面も考えて、野菜が盛りだくさんの健康メニューです。

品数の多さに毎回びっくりしています。

IMG_0222[1].JPG

事務所には大きな窓が中庭に向かって開かれています。

打合せやお昼を食べるテーブルが、写真の窓の向こう側にあります。

木々を眺めながら美味しいお昼をいただき、とても贅沢なひとときです。

庭は日々の生活に彩りをあたえてくれます。

お家を建てる際は、庭づくりもぜひ考えてみてはいかがでしょうか。

                                     Msスタッフ濱田

プレゼンテーションの様子をご紹介


梅雨も終盤戦に突入し、
この日は久しぶりに晴れました。

太陽光が緑を照らし、Ms事務所に入る光はいつも以上に気持ちがいいものでした。
事務所に佇むR&Bチェアもいつもより空間を彩ります。

IMG_0125.JPG

そんなしっとりとした雰囲気の中、事務所はいつも以上に緊張感に包まれます。

今日はこの後、詳細調査報告会と改修案のプレゼンテーションが行われます。
プレゼン模型の手直しと、資料の確認を行い、万全の状態を整えます。

IMG_0150.JPG

住まい手さんを事務所に招き、プレゼンテーションが始まりました。
前半の詳細調査報告会プレゼンターは私、中尾です。

Msでは、改修のお仕事を頂いた際、
Msスタッフと住まいのドクターである住宅医の有資格者の方と共に建物の現状調査に向かいます。
建物の現状をきちんと把握することによって明確な改修、改善点を提案することができます。
Msスタッフにとって大切なお仕事の一つです。

(詳細調査の様子は、またの機会にMs日記で紹介できればと思います・・・)

IMG_E0277.JPG

こちらが、詳細調査報告書としてまとめた資料の一部です。
「長期優良住宅認定基準」を100点とした場合、
現在の建物の現状は何点なのか?

・耐久性

・耐震性

・断熱性

・省エネ性

・バリアフリー性

・火災時の安全性

の6項目について評価します。

無題.png

こちらが耐久性の項目の一部です。床下の点検口より、基礎の劣化状況を写真でまとめたものになります。
RC基礎のジャンカや、コンクリートブロックの崩れなどが見られました。

このようにして建物の床や壁仕様を調査し、現状をまとめとものが詳細調査報告書です。

6項目の説明は約1時間ほどで行います。

IMG_0140.JPG
私のプレゼンが終わり、後半、文子さんの改修案プレゼンにバトンタッチします。
今回提案の空間に、雰囲気の似た、お住いの写真をご紹介して住まい手さんと、空間のイメージを共有します。

IMG_0147.JPG

プレゼン模型を囲み、空間のボリューム感を共有するこの時間は、住まい手さんと我々、設計者のコミュニケーションをとる大事な時間です。
プレゼン模型がこの時間を設けてくれます。

IMG_E0137.JPG
今回私は、詳細調査報告書作成とプレゼンターという重要な仕事を任せていただきました。非常に緊張感と責任感を持てたお仕事でした。

報告書をまとめる作業は、今後設計に携わる中で非常に勉強になるものでした。
そしていよいよ再来週から実施設計が始まります。
住まい手さんの理想の空間を提供できるよう、
まずは、伝わる図面を描けるように設計に勤しみます。

Msスタッフ中尾

今年2月末に竣工しました!~東京都文京区の小さな家「ウマハウス」のご紹介

0 ウマハウスタイトル.jpg

住まい手は、夫妻と長男(3歳保育園児)です。この7月末に2人目が生まれる予定で、

今後4人家族の家になります。

今回は、カメラマン畑拓さんの竣工写真を抜粋してご紹介しますが、泣く泣く割愛した写真があるのにかかわらず、32枚もの写真をご紹介。長くなりますが、お付き合い頂ければ幸いです。

1.jpg

丸の内線の茗荷谷から歩いて7分ほど、4m巾の前面道路は、車の進入が制限されていて、のびのび人が歩ける道です。道路斜線ギリギリに屋根をつくっています。

2.jpg

三叉路付近にあるこの敷地。

斜めの壁にある2階の大きな窓とその下の玄関扉は、三叉路の東の角のお宅の開かれたお庭に向いています。この2階の窓から、かなり視線が開けるのです。

玄関の前には、逆にガードするためにRC造の塀を造っています。

3.jpg

このRC造の塀は、上は盆栽(風)の鉢、下は、郵便受け、宅配BOXなど、複合的に造り込まれています。

4.jpg

スロープで玄関の前に。そしてその向こうはスロープで下がり、自転車置き場に。敷地の空地をL型に無駄なく使っています。

庇はJパネルの持ち出し。奥行750㎜です。

5.jpg

さて、玄関から中へどうぞ。

斜めラインの玄関扉を開けると対角線にある北の窓に目線が通ります。

玄関の敷台は、杉パネル名栗加工をして、漆を塗っています。

7.jpg

振り返ると先ほどの盆栽が。三叉路東の、角のお宅の庭木を借景にして緑が大きくつながっているようにも見えます。

9.jpg

玄関すぐ横には手洗い台が。計画時は2年前なので、コロナ対策という訳ではなく、インフルエンザの予防など健康管理には手洗い慣行!と、提案したものです。

素敵な手洗い台ができると、ちびっ子も、率先して手洗いが出来るようになったとのことです。

10.jpg

1階はワンルームのキッチン+リビングダイニングです。

右奥に見えるのは2畳ほどの仕事スペース。1m角のテーブルを壁に付けて2人が斜めに座って仕事をします。

これも計画時は、コロナなど予想出来るものではありませんでしたが、そもそも夫妻そろって、「これからはリモートワークになるので。」との要望があったからです。

12.jpg

キッチンテーブルは、L3.5m、厚80㎜のブラックウォールナットの一枚板。故・三澤康彦さんの秘蔵の板を使いました。

8角に加工した柱は、右手がホウ、左手がクリ。これも三澤氏のコレクションです。

13.jpg

梁や柱がいつもより太いのは、3階建で構造材を現しにした「準耐火建築物」としているからです。「もえしろ設計」といって、たとえ構造材の表面が燃えてもしっかり立っていることが出来る太さの梁・柱になっている。という訳です。

14.jpg

1階には、玄関以外、北の窓、1箇所だけしかありません。でも吹抜けの2階レベルの大きな窓から、光は十分に得られます。道際に植えたアオダモの枝や葉、そして空も。

道行く人が、壁の向こうにいても、落ちついた居場所が出来ました。

15.jpg

ブラックウォールナットの板厚を感じます。

16.jpg

ダイニングテーブルの上には、Msオリジナルのペンダント照明「シンカンセン」

N700系の顔の形です。(杉材加工の上漆塗り)

17.jpg

吹抜けから階段へ、そして2階のホールへつながります。

18.jpg

天井までつくった本棚。

テーブルはケヤキ板で、これも三澤氏のコレクションです。

19.jpg

家族がくつろいでいるダイニングには、マルチに使えるテーブル(1500㎜×1000㎜)が。

テーブル高さは650㎜で、それぞれの椅子もみな、座面の高さが低いもの。低座の暮らしをお勧めしています。

21.jpg

階段ホールからの見下ろしです。

22.jpg

2階ホールの床高さは 1階から2400㎜で、1段上がるとファミリークローゼット(略してファミクロ)やランドリーがあります。

23.jpg

2階ホールから1段上がったスペースは、サワラの床板で足触りの柔らかい板に変わります。奥(北)のランドリーには、トップライトがあるので、明るい空間に。

24.jpg

洗面・脱衣・そして洗濯室を兼ねた4畳大のここをランドリーと名付けています。

洗濯物干室でもあります。

25.jpg

洗濯機の前から浴室を見ます。ハーフユニットバスを用い、壁は400角のタイル、天井はサワラ漆板を張っています。

洗面台に続く作業台の下は衣類収納になっていて、2階レベルで全て衣類管理が出来るプランです。

27.jpg

ベンチソファーのあるファミクロから3階への階段の上がり口を見ます。

天井として見えるスギ材は、いつものJパネル(スギ三層クロスパネル)。床を固める構造用面材です。

28.jpg

そしてこの扉も杉三層クロスパネルですが、厚30㎜で構造用ではなく今回は建具に。この柾目が美しくて、評判好調です。

そして階段。半畳を、三つ割りにする階段はMsでは「ご法度」ものですが、今回このようなつくりかたを考案。安全性と美しさを兼ね備えた階段を目指しました。

29.jpg

30.jpg

階段の上り口には、手すりの高さの引き戸が仕込まれています。

31.jpg

3階はワンルームの寝室。棟木の高さは、床レベルから棟木の下まで、2866㎜で、かなり大きな空間になりました。

32.jpg

棟木を支える柱は、これもクリの8角柱。床はサワラ板。

そして西面、杉板張りの壁は、斜めに傾いていますが、これは北側斜線が西面にも影響するためです。

33.jpg

2階のホールに降りてきました。

ここは、狭いながらも廊下ではなく「ホール」。トイレの一部を持ち出して(2階の壁からとび出させて)台形の空間をつくっています。

34.jpg

何故かといえば、斜めの窓の巾を十分とりたかったから。

35.jpg

こんな風に外がだんだん暗くなってくると、外から中が良く見えるのです。

36.jpg

こんな具合です。特に、斜めのこの窓から見える、内部の木の空間が、道を行く人の目に、スッと入ってくるのです。

37.jpg

そして「森が見える家だ!」と。

道行く人が、そんなふうに考えるはずはないのでしょうが、ふと見上げて、木や森を、感じてくれるといいな、と願っています。

(三澤文子)

1年メンテナンスを行いました

皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近は大阪も雨続きです。

Msでは、設計した建物の定期メンテナンスを行っています。今回は、竣工してから1年が経つので、メンテナンスへ行ってきました。
小倉邸一年点検 2020.06.17_200617_0008.jpg
玄関の木製格子建具の下部がカビやシミで変色していました。

住まい手の方も、このまま全体がグレー色になっていくのも雰囲気として良いということで、処置を迷っていましたが、

やっぱり建具の下部のみが変色しているのは気になるとのことで、今回はこの部分の変色も落としていきます。

当日の天気予報は曇りでしたが、晴れてきて、まずはほっとしています。

IMG_4262.JPG

このカビやシミは、薬品を使って落としていきます。

IMG_4300.JPG

IMG_4302.JPG

だいぶ色は落ちてきました。薬品の性質上、少し白っぽくなります。

続いて、他の箇所と色を合わせていくのですが、建具表面に付いた薬品を乾かす必要があるので、本日の作業はこれで終了して、別日に塗装作業です。

ということで、別日に建具に塗装を行いました。

IMG_4395.JPG

IMG_4394.JPG

塗りたてほやほやの写真ですが、他の箇所とだいぶ色がなじんでいるのではないでしょうか...!

今回は、建具のメンテナンスの場面を取り上げましたが、メンテナンスの際には、建具だけでなく建物全体を点検していきます。

また、以前のMs日記でも出てきましたが、竣工した際にいつもメンテナンスBOXをお渡ししているので、
住まい手さん自身でメンテナンスができるようにもしています。

ただ、メンテナンスを行う箇所や状況によっては、難しい場合もあるので、その際はいつでもご連絡ください。

ではでは、メンテナンスの一部始終をお届けしました。

スタッフ宮本

月別アーカイブ

カテゴリ一覧