• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

8月、東京ウマハウスでの2週間 ~ 外付けブラインドとパッシブ冷暖

ウマハウスに新しい家族が加わりました。

7月末、住まい手夫妻に第2子が生まれ、私は、産後ケアーための家事お手伝いで、2週間ほど、東京ウマハウスに滞在しておりました。

1.JPG

まさしく猛暑のころ。

外は厳しい暑さでしたので、南窓の外付けブラインドは常に下ろしたままです。今回、道路斜線によって、この程度の奥行の庇しか出せなかったため、やむを得ず外付けブラインドを設置したわけです。

初めての外付けブラインド採用でしたが、外壁の板金の色とぴったり合う色があり、心配したほど外観を損ねることもなく、まずまず気に入っております。

2.JPG

室内からはこんな感じで、このくらいの暗さが、目に涼しい気がします。


この家の住まい手には、「とにかく夏は、日射を入れないように注意してください。」と、夏の住まい方の心得を伝えていましたので、「日射遮蔽」を守ってくれています。

3.JPG

ただ、完璧とは言えず、このように白い壁にくっきり日差しが入ってくるのを発見。

4.JPG

日差しはブラインドと端の隙間から入ってきていました。

「そうか、ブラインドを窓幅より大きくして、被せるように取り付ける、とか、袖壁を付けてその中に収めるとか、しなければだめなんだ・・・」と初めて使ったゆえの反省。

5.JPG

冷房は床下エアコンを使った「パッシブ冷暖」を採用。

2月末に入居したので、冬の寒さにはこのパッシブ冷暖が万全と感じましたが、夏は全く期待せず、3階のエアコンの冷気を期待していました。ところがこの写真のように、吹き出し口にサーキュレーターを置いたりして夏も活躍。猛暑の外から中に入ると家の中はヒンヤリ感じます。

6.JPG

住まい手夫妻供用の仕事部屋(1坪)の足元には、吹き出し口があるので、ヒンヤリ快適で集中力増します。とのこと。

このように、予想外に効いてくれています。

7.JPG

さて、ウマハウスの住まい手の妻(私の娘です)は、無事に女の子を出産、産後の体調も順調に回復しました。赤ちゃんもぐんぐん大きくなってきています。

8.JPG

この日の東京は、外気33℃、少し凌ぎやすくなって、母子撮影のために、ブラインドをしばし上げています。(カメラマンは住まい手の夫)

日差しがスポットライトのように母子を照らし、絶妙な写真ではありますが、やはり外付けブラインドのおかげで、夏の猛暑の日々、かなり助けられたな。と感じました。

(三澤文子)

月別アーカイブ

カテゴリ一覧