• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

2021年09月アーカイブ

現場定例打ち合わせ~伊丹I邸の大工さん・監督さん 2021年09月24日

9月22日は毎週水曜日の定例打合せ。

伊丹I邸は、8月4~5日に建て方を行い、夏の長雨を上手に避けて、快調に工事が進んでいます。

1.JPG

現場に到着すると、監督の出口さんがすでに打合せテーブルでお仕事。

なんと、リビングの小上りの下地がすでにできていて、その上が本日の打ち合わせスペースです。

こんな風に、コアー建築工房さんの現場では、定例打合せのために、

いつも大工さんが空いた場所にテーブルをつくってくれます。

本当にありがたい。

この小上りの下地は、全てJパネルで造っています。

「小上りはJパネルで造りやすい。」というのが私の考え。引出部分も正確に造り込まれています。

2.JPG

見上げれば、2階の床が持ち出しの梁の上に見えています。工事中のこのスケスケ感は、とてもいいものです。

3.JPG

持ち出しの梁は、上下芯去りの無地。先端の角度の付け方も気に入っているところです。

4.JPG

2階にいくと、「あれれ 田尻さん!」 現在工事中の千里ニュータウン内S邸が、2世帯住宅の改修工事で、

第1期工事が終わり、第2期が始まる間のタイミングで助っ人に入っていたのでした。これは心強い!

5.JPG

なるほど、すでに2階の桧の床も張り終わっていて、これから養生といったところ。

この部屋は、息子さんのお部屋で、壁はJパネルで頑丈にできています。どこに何を取り付けても大丈夫!

6.JPG

更に強力な仕事人、大工の渡利貴志さんは、この現場の棟梁・渡利さんの息子さんです。

この現場は 出来る大工の2人体制。そもそも頼もしい。

7.JPG

一通り、現場の様子を見てから、先ほどの小上りの上のテーブルで打ち合わせが始まります。

8.JPG

棟梁・渡利さんは、毎週の定例打合せで、確認事項を先に先にと聞いてきます。

時間短縮のため、私は即座にスケッチを描いて、その場で解決するようにしていますが、

その問答(かけあい)が私にとって貴重なトレーニング。次の設計に活かせることばかりだからです。

おさまりなど、別件での疑問も教えてもらったりして、

大工さんや監督さんは、コーチのような存在でもありますね。

9.JPG

左手 貴志さんが疑問点を聞きに打合せのテーブルへ。右手は監督の出口さん。

10.JPG

渡利さんと監督の出口さん、私も加わって、問題解決しています。

こんな風に、コアー建築工房さんの大工さんは、親子で現場に入っていることが多いのです。

そこがとても良いな。といつも思うのです。

11.JPG

大工さんとの打ち合わせでよく見るのが1/10の枠詳細図。

Msの枠詳細図は独特なのですが、現場が始まると、私もこの図面が一番のよりどころで大事な図面。

まだまだ奥が深いです。

12.JPG

このお二人も、PCのモニターにこの枠詳細を出して、確認中。

監督の出口さんは。すかさず画面でスケールを大きくしてくれて、なかなか便利です。

右手は、担当のMs宮本君。

13.JPG

そんなこんなで、打合せが終わり外に出ると、もう日が暮れかけています。

これから10月に入ると、午後4時からの定例打ち合わせは厳しいかなと思いつつ。

みんなで、2階高窓の木枠を見上げて。あーだ、こーだ。

ものづくりはやはり楽しいです。                           (三澤 文子)

中田木材にて、造作材の選定。 2021年09月18日

少しずつ、暑さが和らぎ、秋らしい空気を感じるようになってきました。

今回は、大阪市住之江区にある「中田木材工業株式会社」にて木材選定の様子をご紹介したいと思います。

Msでは、建築事務所としては珍しく、三澤康彦さんが買付け、収集した多様な種類の木材を所有しています。

この木材を保管してくださっているのが中田木材工業株式会社になります。

この日は、神奈川県の物件に使用する、造作材を選定しました。

IMG_2801.jpg

写真左側は、橘明夫さんです。大阪市西区で「橘商店」という、

銘木天板販売と栗材、名栗加工の専門店をされています。

Msの木材管理をしてくださっています。打合せながら、必要な木材を出してもらいます。

IMG_2800.JPG

ケヤキの板材です。立派な大きさで、圧倒されます。リビングの書類棚として使用される予定です。

ここから寸法に合わせて、綺麗に製材されていきます。

写真左側に写っている方は、中田木材株式会社の豊田浩志さんです。

木材選定ではいつもお世話になっています。

IMG_2803.jpg

保管されている木材は山のように積み上がっているので、

使用したい材をフォークリフトで降ろしてもらいます。

玄関、下駄箱に使用するウォールナットの板材を選んでいます。

板の反りがひどくないか、割れや節の具合などをみて、慎重に選びます。

IMG_2805.jpg

この日は、インターン生の平井さんも一緒に選定の様子を見てもらいました。

橘さんが、木について丁寧に説明してくださいました。

木目の美しい材はどちらか、価値の高い材はどう選ぶかレクチャー中の様子です。

カメラ目線でお茶目な感じですが、製材作業の姿は、一変、真剣な様子の橘さんです。

AUDO7802.jpg

Msの所有する木材には、立派な栗やシュリザクラの柱、フローリング材などなど、

お伝えしきれていない材がたくさんあります。

IMG_2808.jpg

Msで設計を依頼される住まい手さんにお届けできるよう、静かに木材たちはその日が来るのを待っています。                    

                                        (Msスタッフ濱田)

I邸新築工事 建て方~上棟式 2021年09月10日

最近は日中と夜の気温差がありますね、だんだんと秋の気配がしてきたように思います。

今週のMs日記は宮本が担当です。

今回は、先月に行われた伊丹市のI邸新築工事の建て方~上棟式の様子をおおくりします。

地鎮祭の記事はこちら

先月に建て方が行われた時期は、雨続きで工程がずれたりもしましたが、当日は前日までの雨が嘘のような晴天となりました!

IMG_8648.JPG

IMG_8653.JPG

IMG_8640.JPG

手刻みやプレカット加工の構造材が組まれていき、吹抜け空間のある木造2階建ての空間が立ち上がっていきます。

IMG_8641.JPG

リビングの吹抜け空間から見ることのできるこの持ち出し梁、この角度...格好良く仕上がっています...!

木材も綺麗な表情をこの見せ場に選んでいます。

IMG_8674.JPG

金物の取り付けも並行して行います。写真はDボルトを使用して構造材同士を引いていくところです。

IMG_8700.JPG

2階床を張り、

IMG_8744.JPG

IMG_8747.JPG

吹抜け上部の垂木を架けていきます。

IMG_8759.JPG

2階の梁も組まれていき、

IMG_8801.JPG

屋根の面材を張っています。

IMG_8805.JPG

構造体が組み終わり、上棟です!

そして後日、少し日を空けて上棟式を行いました。

IMG_9005.JPG

当日、現場に到着した際には、既にコアー建築工房さんが、テーブルをセットしてくれていました。

IMG_9007.JPG

コロナ禍ということもあり、座席には仕切りのパネルも設置してくださっています。

奥の座席座っているのは、前回のMs日記でも登場したインターンに来てくれたHさんです。

IMG_8997.JPG

三澤による建築ツアーも行われ、現場で話を聞ける贅沢な時間を過ごしていました。

IMG_8998.JPG

そうしている間に、祭壇の準備も完了です。

今回、お施主さんであるIさんには、祭壇に置いてあるお酒やお塩、洗い米をご用意していただきました。

IMG_9002.JPG

奥にある黒いモノは大工さんの道具で墨壺(すみつぼ)といい、宮大工さんの代表的な道具を飾っています。

IMG_9014.JPG

式も順調に進んでいき、無事に終了です。記憶に残る上棟式となりましたでしょうか。

私も、ここが住まい手さんが愛着を持てる家・場所になっていきますようにと祈りながら、現場を出ます。

IMG_9038.JPG

現場から出て振り返った時に初めて気づきましたが、大工さんの後ろ姿と共に「祝・上棟」の文字の垂れ幕が。

大工さんの後ろ姿でグレー色にしてあるのが、またかっこいいですね。

というわけで、建て方~上棟式の様子をお届けしました。

スタッフ宮本

月別アーカイブ

カテゴリ一覧