• 三澤康彦作品
  • Ms日記
  • 設計の特色
  • 設計の進め方
  • プロフィール
  • イベント情報
  • 事務所案内
  • 住宅医コラム
  • facebook
  • 掲載書籍
  • お問い合せ
  • MSD三澤文子
  • 三澤康彦作品

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

2019年07月アーカイブ

豊中和居庵のご紹介 ~ 畑拓さんの写真お披露目 2019年07月20日

5月の中旬にカメラマンの畑拓さんが来阪し3住宅の写真を撮ってもらいました。それらが、やっとこのたびMsのHPにアップされました。

その中から、今年4月に竣工しました「豊中和居庵」のご紹介をいたします。
1.jpg

写真左手が 豊中和居庵。右手は21年前、1998年竣工の三澤康彦設計T邸です。和居庵の住まい手Yさんが、今まで住んだ大きな家を解体して、小さな家に建て替える方針を立て始めたころ、「そういえばお隣の家がちょうど希望の大きさぐらいかもしれない。」と初めてお隣の家の中を見せて頂いたそうです。 その時の木の家の印象の良さが心に残って、なんとMsにお声をかけてくださったのです。
YさんがMsを訪ねてくださった時には、すでに三澤康彦さんは亡く、三澤文子が設計をさせて頂くことになりました。三澤さんが生きていたら、さぞ喜んだことでしょう。


2.jpg  
施工は 大工の沖本雅章(キサブロウ)さんです。沖本さんとの出会いは、橘商店の橘さんがご縁、そして当時、豊中在住であった沖本さんを、住まい手のYさんもとても気にいられて、施工をお願いすることになったのです。とてもベーシックな小さな木の家を丹念につくって頂くことができました。


3.jpg
間口は2間半とスリムに見えますが、東からみれば変形切妻の大屋根です。写真右手に全面道路があり、道路寄りに玄関が見えます。玄関ポーチはそのままスロープでリビングのテラスまで続きます。
2階の外壁は金属板(耐磨カラーGL)横葺きですが、東の庇の下は、皮をむいて中身が現れたかのように、無塗装の杉板が肌に近い色味に見えています。


4.jpg
大きな庇のあるスロープテラス。なんともおおらかな表情だと思います。


5.jpg
まずは玄関から。
今回アプローチは階段を使わずに全てスロープを徹底したために、玄関は2段のステップが出来てしまいました。 でもそこには名栗仕上げで漆塗りの敷台があり、最近のMsの定番スタイルのシックな玄関スペースになりました。ここに段差が2段つきましたが、アプローチテラスによって、リビングへは段差少なく中へ入ることができています。


6.jpg
栗の床板や廊下からリビングに続く桧板、杉の腰壁とタモの見切り。
柱はYさんの取り壊した家から救済した床柱を沖本さんがナグリ加工をして、Msスタッフが漆塗りをしたものです。


6-2.jpg
壁、天井は赤身の杉材。とてもいい色です。正面の板の張り方も個性的。向かって左側に白太と赤味をツートンにして部分をつくり材を見ながら工夫して構成したんだな・・と、沖本さんの意図を探るのも楽しいものです。


7.jpg
廊下からキッチンを通りリビングへ。吹抜けのリビングは、外観の屋根の形どおり、南に向かって低くなり、リビングの先に見えるYさんの書斎兼寝室の桁高は、丁度いい高さになっています。
天井垂木(75㎜×180)も赤身の芯去り材、2面無地で色がまとまっています。

a.jpg

  
東に開いた窓は、テラスへの出入口でもあります。手前のベンチソファーに座って見える外の景色は、目線の先に空いた雪見障子の仕組みを使った庭見障子。
「できれば桜の木を植樹してほしい。」と、訪ねるたびにYさんにお願いしています。


10.jpg
リビングの西は浴室から洗面脱衣、衣類収納、そして南の洗濯室に続く裏ルートがあります。こういう収納+家事空間がしっかり出来ていることで、日々の暮らしが美しく保たれるのです。


11.jpg
2階は息子さんの空間。天井高さを抑えた空間はきっと落ち着いた居場所になるはずです。


12.jpg
2階の寝室から見下ろすリビングダイニング。
東のテラスとのつながり、高窓からの予想通りの適切な採光を得ることも確認できてひと安心。これから真夏の暮らしが始まります。予想通りの温湿度になるのかどうかケアーをしていこうと思います。
すごしやすい小さな木の家。思いやりのある住まいづくりが実るのかどうか、今後も見守っていきます。

写真:畑拓

文:三澤文子

<豊中和居庵 過去の記事もご覧ください>

1.豊中和居庵 木材検査の様子「木材検査でバトンリレー」 

2.豊中和居庵 手刻みの様子「大工さんと仲間達」 

3.豊中和居庵 JパネルDボルトでのY邸の建て方の様子「"手刻み"の木の住まい~中間報告」 

4.豊中和居庵  「竣工しました!」

「東京こひなたハウス」基礎工事がはじまりました 2019年07月13日

東京こひなたハウス前回記事はこちら

梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですね。

今回は東京事務所からお伝えします。

東京こひなたハウスは地盤改良工事が終わり、現在基礎工事真っ最中です。

こひなたハウスの敷地は地盤調査の結果、粘性盛土で改良工事が必要という判定でした。

杭状地盤補強工法(Σ-i工法)で、25本の杭を打ち込み、7.5m下の支持地盤(固い層)に届かせて建物を支えます。

S__40476685.jpg

S__40476687.jpg

杭はφ114.3mm、先端には4枚の掘削刃と、スパイラル状の翼部が付いています。

S__40476684.jpg

杭打機で杭を回転させながらゆっくり地面に貫入させます。長さが7.5mあるのですごい迫力です。

予想外の出来事もありました。

現場写真① (1).jpg

元々杭を打つ予定だったところに、障害物があることがわかり、急遽杭位置をずらし、基礎形状も変更して対応しました。

(地盤調査の時には障害物の隙間をすり抜けていたようで、改良時に発覚しました。)

杭を打ち終えたら、基礎工事が始まります。

201972基礎工事根切り_190708_0022.jpg

根切り工事をしているところです。基礎屋さんは東京では腕利きと噂の、木村鳶(とび)興業さんです。

IMG_6611.JPG

根切り工事で土を掘った分、改良杭が顔を出しました。飛び出た部分は地盤改良屋さんにてカットします。

IMG_6667.JPG

砕石、転圧、防湿フィルムの上、捨てコンクリートを流しています。

IMG_5544.JPG

鉄筋を搬入しています。事前に鉄筋屋さんに準備していただいていました。セットになっているので、早く配筋組みができそうです。

2019071218114801.jpg

(配筋途中)

基礎の立ち上がりが少ないのは、床下エアコン「パッシブ冷暖」を採用しているからです。

床下も含めて暖房空間にするので、空気が流れやすいようにしています。

来週は配筋検査の予定です。

そして昨日は、東京で今年1月に竣工した「谷中岳花」へ半年メンテナンス(事前確認)に行ってきました。

谷中岳花.PNG

メンテナンス項目は木製建具の調整、ハニカムスクリーンの不具合、照明の追加、など。

その場で直せるところは現場監督・苫米地さんが手際良く直してくださいました。

IMG_5615.JPG

スイッチと開き戸の金物(ラッチ)がわずかに干渉していたので、スイッチを少し下に移動して、無事解決しました。

IMG_5606.JPG

木製建具の召し合せ部分に隙間があったので、方法を検討しているところです。

こちらは材料を手配して改めて工事を行います。

IMG_4124.JPG

作業の後はキッチン横のサイドテーブルでお菓子とお茶を頂きました。

ダイニングテーブルもありますが、簡単な食事はこのテーブルで済ますことができます。

住まい手さんも良く使ってくださっているようです。

そして谷中岳花の冬の温湿度結果報告もおこないました。

温湿度計.png

グラフの波打っている2本が外気温、その他は室内です。

2月下旬の、最低気温7℃の時期ですが、暖房を切った夜中でも室温が下がらずに18度以上をキープしていることがわかります。

これから暑い季節となりますが、どのような室温環境になるのか気になります。

冬と同じくデータロガーを置かせて頂き、確認したいと思います。

酒谷

Msの材木屋ことMOKです ~木材選定~ 2019年07月01日

関西では梅雨真っ最中ですが、明けたらもうすぐ夏がやってきますね。

私は運動不足なので、最近ランニングを始めて、筋肉痛に襲われています。

それはさておき...

今回はMsで使用している木材の記事です。

Msは設計の際に使用する材料を自分たちで選別し、質のいい材料を的確に使用できるようこだわっています。

その為、Msで使用している堅木などは有限会社MOKで管理している木材から使用していることも多いです。

DSC_1659.JPG

例えば、上の写真の左にあるクリ柱はMOKで支給した材料です。

そもそも、有限会社MOKとは何ぞや と思った方もいるかと思います。

有限会社MOKとは、代表はMs建築設計所と同じ三澤文子が務めており、

簡潔に言うとMs物件で使用する材料を支給する、いわば小売業です。故三澤康彦氏が日本全国で買い付けていた木材(基本的には広葉樹)を主に管理しています。

現在はMsスタッフである私、宮本がMsの意匠設計業務に加え、MOKの木材在庫管理も担当しています。

今回は東京の物件で使用する材の選定をする為、木材在庫が保管されている倉庫へとやってきました。

IMG_8969.JPG

今回の東京の物件担当者であるスタッフ酒谷も一緒に木材を選定しています。

IMG_8980.JPG

OJKO2759.JPG

MOKは広葉樹の在庫が主ですが、写真のフローリング材は針葉樹であるサワラです。

これは、三澤康彦さんが亡くなる3か月前に購入したサワラの丸太を製材してフローリング材に加工したものです。

サワラフローリングも数量が多いですが、節の有無など材のグレードによって、質のいいものから順にA,B,C品と等級分けをしています。

設計する際に化粧材として使用するものはA品など、質のいい材を割り当て、見えない部分には節あり材(死に節)のC品など、材の使い分けを行います。

良いものしか使わないのではなく、要は使いようです。木材も使えない部分は捨てるのではなく、余すところなく使ってあげたいですよね。

WHJC1512.JPG

どの材を使うか選定をしているところです。材の目の細やかさや特性など、様々な要素を考慮して材を選定していきます。

YFLF2038.JPG

チーク材が『三澤さん購入時より3倍ほど値上がりした』と中田木材 豊田さんから教えてもらいました。

さすがは世界三大銘木の一つであるチーク、高級品ですね。

以上、MOK担当の日常の一コマでした。

ここで選んだ材を活かして、どのような物件ができあがっていくのでしょうか。

乞うご期待です!

MOK・Msスタッフ宮本

月別アーカイブ

カテゴリ一覧