2017年10月アーカイブ

静岡県W邸増改築工事が竣工しました 2017年10月21日

10月も半ばを迎え、冬入り前となりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。Ms事務所には冷え症&寒がりのスタッフが多く、ダウン着用率が急上中。。。日に日に冷たくなっていく風を肌に感じながら事務所に向かいます。

さて、今月の初旬に静岡県W邸の「改修」が完了し、竣工写真の撮影に行ってきました。撮影時の様子をご報告させていただきます。

DSC_1694.JPGDSC_1771.JPG

今回W邸の写真を撮ってくださったのは写真家の畑拓さんです。

DSC_1723.JPG

朝の9時から日が沈む18時まで1日かかりで撮影していただきました。長時間の撮影だというのに集中を切らさずレンズを覗き込む姿はさすがプロです!

DSC_1739.JPG

家具の移動など補助を行っているのはMsスタッフの中根です。

建物を撮るときは広角のレンズを使います。実際より遠近感が増すため、家具はレンズ越しに違和感なく配置しなくてはなりません。(これが結構大変な作業です。。。)

撮影開始時は悪戦苦闘していましたが、午後からの後半戦は2人の息もぴったりでスムーズに撮影が進みました。

内観の写真をちらっとご紹介します。(撮影スタッフ中根)

DSC_1801 - コピー.JPGDSC_1795 - コピー.JPGDSC_1736 - コピー.JPG

畑さんの写真は1カ月後に頂けるとのこと

ホームページでも竣工物件でUPさせていただきますので皆さまもお楽しみに。

Msスタッフ 久保

建物詳細調査(香川県)に行ってきました 2017年10月14日

Ms建築設計事務所住宅医の有志が集まり、一泊二日で香川県に建物詳細調査に行ってきました。

7CCFB2A1-7E7C-4DBF-B681-30D2B2DFF2B0.jpg

千里事務所を朝6時30に出発し、岡山県の宇野港よりフェリーに乗って現場へ向かいます。今回の調査員は総勢14名、事前に現地調査に来ていますが、スケジュール通りフェリーに乗船出来、ひと安心。瀬戸内海の美しい景色に癒されます。

926709E7-70D0-4EFF-B02F-DF3287FE0975.jpg

今回の調査は規模が大きく、効率良く調査しなくてはなりません。事前に調査班は役割が決まっており、図面や写真から重要な箇所を予測し作戦を立てた上で調査に挑みます。この事前準備がある事で、初めて行く馴れない場所でも効率良く調査を行う事が出来ます。

4C4BF4AA-E8BF-4197-952D-26833F1BF61A.jpg

一日目の調査終了。

車中では、小屋裏、床下担当者に蟻害の状況を確認したり建物の仕上げの話題がつきません。

調査二日目

IMGP2245.jpg

本日が最終日、素晴らしい建物で規模も大きく、まだまだ調査を続けたい所ですが限られた時間で効率良く調査しなくてはなりません。朝、昼の合間に全体ミーティングを行い最善の作戦を立てながら調査を進めました。

0889CAAA-A579-4B0D-B051-8A92618903CB.jpg二日目調査終了

帰りは、フェリーの最終便です。

調査に没頭するあまり、皆さんがフェリーに乗る事が出来るか?心配しましたが、無事に島を出る事ができ、ひと安心。

奈良、大阪、兵庫、四国方面より調査に来て下さった住宅医の皆さま、お疲れ様でした。今回も非常に重要な調査を行う事が出来ました。

Msスタッフ新井

「漆床の家」定期メンテナンス 2017年10月06日

Msでは施工後も建物のメンテナンスを行っています。
先週、昨年お引渡しをした静岡県の「漆床の家」に一年メンテナンスに伺いました。

建物の外周は基礎にシロアリの痕跡がないかを見たり、内部で住まい手さんが気になっているところを確認したりします。

1.jpg

2階の丸窓周辺の珪藻土にヒビが入っているのを石牧建築の佐原さんが確認しているところです。
また、Msでは夏・冬に温湿度を設置させていただいて、温湿度グラフを作成しています。

2.jpg

昨年の冬はどのような温湿度だったかをご報告しているところです。

「以前マンションで暮らしていたときより夏・冬共に快適」というお話が聞けて、大変うれしく思います。

3.jpg

丁寧にセンス良く住まわれており、漆の床にレトロな家具が良く似合っています。

漆の床は、傷付いてしまった部分にはベンガラを柿渋で溶いたものを塗って補修されていました。

ご主人は建物のリペアの仕事をされています、漆床には自然の材料で補修するようにしているそうです。

4.jpg

造り付けの水屋には食器が綺麗に陳列されていました。

定期メンテナンスは、建物の早期メンテナンスが行えることはもちろん、住まい手さんの暮らしぶりを伺うことができる貴重な機会です。

Msスタッフ 酒谷