2015年10月アーカイブ

伊丹市T邸、木材検査に行ってきました。 2015年10月16日

田んぼの稲穂が黄金に色づき、稲刈りの風景が各地で見られる季節となりました。
 
伊丹市の新築住宅T邸。35坪程の平屋建てです。
昨年12月から計画が始まり、来週からいよいよ工事が始まります。
 
今日はMs日記でもおなじみのプレカット工場(株)コウヨウさんへ行き、プレカットの打合せと木配りを行ってきました。
IMG_0144
今回の担当していたいたのはコウヨウの池山さん。
施工はコアー建築工房さん。現場監督の貝渕さん、棟梁の渡利さんも集合し、接合部や屋根納まり等の詳細を打合せしました。
IMG_1597
構造材は和歌山県の伸栄木材さん。
和室廻りの化粧柱等大変綺麗な材を揃えていただきました。
IMG_1592
梁の木配りをしています。節の有無や木材の色目を見て番付けをしていきます。
梁の背・腹は渡利棟梁に判断していただき、背を上にして材を並べています。
IMG_0166
 
 
T邸、少し過去の様子もご紹介させていただきます。
地鎮祭は住まい手さん主体でご準備いただき、お浄めの場所はご主人の手づくりです。
IMG_1245
 
IMG_1251
土地の神様に工事の安全を祈願します。
 
下は木材検査の様子です。
IMG_1294
含水率の計測中。含水率はあくまで目安ですが、含水率が30%以上の材は乾いている材に交換していただきます。
 
IMG_1310
担当していただいた伸栄木材中谷さん。いつも丁寧にご対応いただき、ありがとうございます。
大変綺麗な材をたくさんご準備いただきました。
 
組みあがるのが楽しみです。
 
スタッフ佐治
 
 
 

大阪府吹田市-デイサービス施設 工事進捗 2015年10月01日

前回、地鎮祭までをご報告させていただきました大阪府吹田市のりぼんデイサービス施設

現場では着々と工事が進んでいます。

まずは基礎工事。

DSC03443 DSC_0052

平屋に限りなく近い規模のため、基礎の施工範囲は比較的広くなっています。

夕立の多い夏場のコンクリート打設であったため途中ヒヤヒヤする場面が何度もありましたが

無事、綺麗に打設することができました。

脱型後、基礎の表面に抗酸化リバースコートを塗布しました。

DSC03683

基礎断熱工法とOMソーラーを採用している本物件。床下から吹き出す暖気をより

清浄な状態にし、免疫力が落ちたご老人の方によりよい空気環境の中で過ごして

いただけるよう考えています。

炎天下での塗装作業は普段行う屋内の塗装とは違い、過酷で大変な作業でした。

三重県コウヨウから構造材が届き、建て方へと予定通り進みます。DSC_1775

DSC_1825 DSC_1835

途中、暑い中での作業をMs三澤がスイカを振る舞い、大工さんを労います。

スイカはあっという間に完売。日本の夏はやっぱりこれですね。

DSC_1861  DSC_1777

DSC_0093

DSC_1792

デイサービス利用者が日中過ごすデイルームは北側に面して配されています。

北側に設けられた大きな開口からは、歴史的地区に指定されている木造家屋群の

瓦屋根と緑が一望でき、安定した北側採光が得られる心地よい場所となります。

DSC_1793

建物の大きさを抑え、周辺に圧迫感を与えないよう配慮しています。

今年は台風の 発生が多く、連続して晴れた日を狙うのが困難な状況でしたが、幸運にも

天候に恵まれ、お盆前までに棟上げできました。


お盆明けの8月24日に上棟式を行いました。

IMG_5222_R

IMG_5213_R  IMG_5228_R

IMG_5232_R  IMG_5234_R

IMG_5241_R

「千歳棟~万歳棟~永々棟~」の掛け声に合わせて大工さんが槌打ちを行います。

5771  5777

式後は場所を移し、ご厚意で直会を開いていただきました。

ライフサポートりぼんの皆さんの溢れるエネルギーを分けていただいたような

楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

大工さん一人一人の顔と名前を憶えていただき、現場がより近くに

感じていただけたことと思います。


さて、このりぼんデイサービス施設は前回のMs日記に上げさせていただきましたが

森林整備加速化・林業再生事業」にノミネートされており、大阪府産材の積極的な

利用と普及に努めてまいります。

Ms三澤が主宰するMOKスクールの受講生を中心に、構造見学会を開催しました。

DSC04026

DSC04028

IMG_7608

普段実務で設計・施工に携われている技術者の方々が受講するMOKスクール。

それだけに見学会では、座学ではわからない細かな納まりや断熱の考え方、

構造材の架構と木材の見せ方など、マニアックな内容で、濃厚な時間となりました。

竣工見学会も開催予定ですが、隠れてしまう部分にも多くの設計における工夫や精神に

触れることができるので、皆様方それぞれ何かを得て帰られたことと思います。


竣工までにはまだまだ多くの工事がありますが、工事進捗等はMs日記で随時

更新していきたいと思います。


スタッフ戎野