2014年11月アーカイブ

MOKスクール大阪 香川ツアー 2014年11月29日

MOKスクールは講座として20回以上の100分授業が教室で行われていますが、フィールド(森林、製材の現場)は春、秋の2回あります。学習のために山(林産地)に行くのですが、とても人気があります。大型バス一台出せば40人以上の方々をお連れできますが、山中での移動は無理です。中型の27人乗りでなければ林産地の奥まで辿り着くことはできません。今年のツアー(春)、奈良の吉野では中型でも奥まで行くことができず、自動車2台でピストン輸送したこともありました。DSC00543 DSC00542

バスの中も貴重な時間です。事前に用意した資料や移動中に見える建物、景色(山、川等)を用いて時間を無駄にはしません。

香川と言えば講師としてたびたび登場していただく、六車工務店です。そして香川は石の文化であり、庵治石の産地なのです。香川にはイサムノグチ庭園美術館、日本でのプロダクトである桜製材所のジョージナカシマ記念館、四国民家博物館(四国村)とかなりの大物の見学コースが今回の見所です。関西には大阪府の北部に民家園(服部緑地)があり、全国の民家の現物展示がされていますが、ここ四国村は彫刻家・流政之が景観をデザインしているため心地よい風景を作り出しています。

DSC00580 

DSC_0941

内部は撮影不可のため外部からとなりますが、イサムノグチ庭園美術館にてツアー唯一の記念写真。そして四国村ではまず始めに吊橋「かずら橋」を経て、奥へと進んで行きます。

DSC_0993

DSC00728

山一木材の熊谷夫妻はMOKスクールにも何回も参加し、天竜、吉野山も一緒に回った思い出があります。初代熊谷金四郎、國次、そして修行中の有紀さんと地域の中核となるための山一木材「KITOKURAS」は有記さんが山一木材の社運を懸けて始めたショップです。地域で必要とされるお店を目指して住まい手に「暮らしの木」を分かりやすく現場で手に取ってもらえるショップとなっています。「これが最後の挑戦であり、これが必要とされないのであれば私たちはいさぎよく店を畳む」と有紀さんは静かに語ります。しかしこれは木材店だけのことではありません。設計者も同じ社会の中にいます。工務店に依頼するのではなく、なぜ設計者に依頼するのか。設計者には今なにが求められているのか...。

DSC00764 DSC09580

六車工務店はもう20数年前からTSウッドハウスの和田善行さんを通じて面識があります。棟梁は香川、高松の戸塚さんという設計者の仕事をよく手掛けていました。民家型構法を忠実に実践し、芯持杉を大量に使ったシステムを創っています。わかりやすく、奇をてらった所など微塵もない上質でスタンダードな国産材の家です。六車工務店の修行大工はみんな若く、大工職の人材教育が六車工務店の姿勢です(頭が下がります)。杉を使った住まいの空間での寸法を限りなく少なくし、同一断面で全て揃えるデザインは素晴らしい。

314 330

おまけです。四国高松のお昼はやはりうどんです。ツアー参加者、皆大満足でした。

 

三澤

一年メンテナンスに行ってきました(琵琶湖の見える小さな家) 2014年11月18日

IMG_2022

昨年の夏に引き渡しをした滋賀県の”琵琶湖の見える小さな家”の一年メンテナンスを行いました。

↓過去の日記はこちら

地鎮祭 http://www.ms-a.com/post_103.html

上棟式 http://www.ms-a.com/diary_14.html

土塗準備 http://www.ms-a.com/2013/07/03/

土塗WS http://www.ms-a.com/post_119.html

DSC_5130

内部のLDKの様子です。延べ面積が21坪弱ととてもコンパクトな建物ですが、琵琶湖の見える東面、また庭が見える南面に大開口を設けることにより閉塞感を感じることはありません。

DSC_5122

地元びわ湖の木を使った柱、天竜杉の梁、また床・壁のJパネルが木の空間を造り出しています。またワークショップでみんなで塗った土壁も落ち着いたいい仕上がりです。

DSC06824 

南面には窓を集め、冬場は室内の奥まで光が届きます。長期優良住宅の認定を受けていますので断熱性も十分確保されています。そのため冬は室内が暖かく保たれ、今年は薪ストーブのみで暖房は事足りたとのことです。暖房機器も熱量を計算して提案させていただきましたので、計算通りになって安心しました。

IMG_2032

引き渡してから一年経ちましたので、庭の様子も変わっています。敷地の東側に畑ができていました。今は冬用の野菜にシフトしたところなので緑が小さいですが、今年の夏はピーマン、ナス、かぼちゃ、キュウリなど、買いに行かなくても十分なほど収穫があったそうです。

RIMG5003

薪ストーブはメインで使っているため、薪の調達も大事です。この薪の量が有れば、今年も問題なく過ごせそうです。

引き渡しの時から一年間の時間を経て住まい手さんの生活にどんどん馴染んで変化していく建物を見るのはとても楽しいです。またそれによってより魅力的になっていくのを見るとまた嬉しく感じます。これからも住まい手さんと一緒に年を重ねて深みのある家になることを願います。

スタッフ:日野

箕面H邸:構造材検品 2014年11月07日

今月より箕面市で着工予定のH邸。

その構造材に使用する材木を検品に行ってきました。

今回構造材をお願いしたのは和歌山県・田辺の伸栄木材さん。

これまでにもお世話になっている製材所です。

今回の検品には住まい手さんご家族とそのご両親も参加され、

大変にぎやかなものとなりました。

DSC09289

製材所が稼働している平日にお邪魔したため、小さなお子様たちには手を繋いで頂き、

安全に製材所内を見学。

DSC09285

DSC09277

DSC09281

八十~百数十年生の原木から挽かれた材は節が少なく綺麗な赤身の物ばかり。

これだけの材料を揃えるのに、腐心されたことと思います。

棟上げが非常に楽しみです。

家の柱や梁が実際にどこから調達されていて、どのような手順で出来上がるのか。

そういった家のルーツを知る機会はなかなかありません。

こういった経験を通じて、住まいに愛着を持っていただけると幸いです。

スタッフ:戎野