2014年06月アーカイブ

神戸K邸 荒土塗り 2014年06月28日

2月に上棟をした神戸のK邸。先週足場が外れ、外観全体を見る事ができるようになりました。
IMG_6486

K邸は準防火地域内に建つ木造3階建の建物という事で準耐火建築物とする必要があります。
燃え代設計(構造材の断面を大きくする事で防火性能を確保する手法)をしていない構造材の室内側(壁)は石膏ボード(ア)15もしくは左官で覆っています。

1階は住まい手さんがワークショップ等を行うのに使用するサロン。
一部の壁を土塗り壁としています。

今回の土壁工事はトヨダヤスシ建築設計事務所さん/豊田工業所さんへ依頼をしています。 http://www.t-sakan.com/

天候に恵まれた6/19日、豊田工業所・左官職人の豊田武生さんとトヨダヤスシ建築設計事務所の横山耕蔵さんに荒土塗りをしていただきました。
木ずりの施工状況・土塗りの様子等の確認に豊田保之さんも朝から現場へ駆けつけてくださいました。

IMG_6549

木ずりは棟梁の仮谷さんが事前に施工してくれています。
柱に(ア)27×45の縦胴縁と木ずり27×45を横向きに張っています。
柱と「木ずり」の間に縦胴縁を設置する事で、柱の収縮による土壁の割れを軽減しています。

木ずりはフローリング張りで使用するステープルで固定しています。
釘より細く、接着剤も付いているので木ずりの固定に適しています。

DSCF4374 DSCF4373 

今回使用する土は京都・深草の土。有名な土の産地です。
原材料は土とワラと水。これらを発酵させて練った土をトラックに乗せて運んできてくださいました 。

IMGP5100 

まずは土をトラックから舟に分けていきます。

DSCF4333 
舟からバケツへさらに小分けし、サロンまで運んでいきます。
水分を含んだ土はスコップいっぱいでもかなり重たく、かなりの重労働です。

 IMG_6582 IMG_6584

土が廻りに付かないよ うシート等で養生をし、いよいよ土塗りの開始です。
豊田武生さんと横山構蔵さんがコテを巧みに扱い、手際良く土が塗られていきます。

IMGP5103 

 IMG_6594


木ずり間の隙間を24mmとし、その隙間に土をめり込ませる事で土が落ちにくくなります。

また、角は左官が割れやすいため、寒冷紗を張っています。(右下写真)

IMG_6567 IMGP5113

作業は夜までかかり、最後はお掃除をして荒土塗りの終了。

荒土塗りから1週間後…
上部から徐々に乾燥してきました。

 IMG_6667

さらに3週間程乾燥させ、7月20日(日)には、住まい手さんや子供達と一緒にワークショップ形式で仕上げ塗りを行います。

土壁の質感は独特で他の材料にはない魅力を持っています。

仕上がりも楽しみです。

スタッフ佐治

MOKゼミ神戸7月のご案内 2014年06月20日

梅雨の合間の晴れ間は貴重ですね。そんな日は、事務所に植えたゴーヤたちが太陽に向かってグングン成長するのに忙しそうです。お洗濯を干すのに忙しいのは人間です。植物もヒトも自然の惠を有効活用したいものですね。今週末は夏至、徐々に日が短くなっていくと思うと夏本番を前に変な焦りが出てきてしまいます。

さて、MOKゼミ神戸のご案内です。次回は7月26日(土)。
株式会社サカモト(鳥取県智頭町)の坂本トヨ子社長をお招きして"「山」から木の住まいを考える"をテーマにお話し頂きます。智頭杉は高樹齢で赤味が強く美しい杉が特徴です。サカモトさんは構造材から造作材、建具材、ブラインドまで扱われています。山のことから身近な備品に至るまで智頭杉の取り組みをお話し頂きます。

image

4月のMOKゼミにに参加された方もされてない方も是非お気軽にご参加ください。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

※受講には事前のお申込みが必要です。

会場は通常通りトアロード・リビングス・スタディオです。

お問い合わせ、お申し込みは電話、またはメールにてお受けしております。

電話)06-6831-5917

メール)info-ms@ms-a.com

スタッフ 平賀

外壁塗装の豆知識 2014年06月18日

国産材の木の家を手掛ける弊社では構造材はもちろん室内の壁や造作材にも

多く無垢の木を使用しています。

外壁の板張りや格子等も例外ではありません。

DSC_2254

外部に使用する木材は、特に気になるのが塗装に関してです。

風雨に打たれ、厳しい環境に晒されるためもっとも劣化・風化が進行する部位と言えます。

IMG_4547  IMG_4549

築3年近くなる胡桃山荘の外壁は杉板です。

オスモ社から出ている外部塗料「ウッドステインプロテクタークリアープラス」

http://www.osmostore.jp/shopdetail/000000000367/ct30/page1/recommend/

を塗っていますが、部分的に退色が進んでいます。

足元に近い位置や塗りムラにより退職の進行度合いに違いが見えます。

そんなことを日本オスモの大黒さんに相談すると、

「塗り方にもコツがあるので、現場でレクチャーします。」

とのことで、竣工間近の現場にお越しいただきました。

名称未設定 1

オスモの塗料は木材の表面に塗膜を構成する表面的なバリアではなく、

木材の内部に浸透し、リグニンと呼ばれる成分を保護することにあります。

あくまで内部に浸透させることが重要となる為、たっぷり塗ると膜を形成し、

浸透しづらくなるとのこと。

その為、含みが多く吐出しの少ない塗装道具を使うことも重要になってきます。

   IMG_4653 DSC09816

オスモから販売されているオスモ筋違い刷毛。

刷毛に腰があり、オスモ塗料独特の粘度にも負けません。

今回、格子等の隙間を塗るのにローラーを利用していますが、特殊繊維製で非売品。

(早い製品化、お待ちしています。)

特に粘度の高いオスモさんの塗料は時間が経つと、さらに粘度が上がり、

塗りにくく感じることがあります。

これは木材を保護する成分以外の溶液が蒸発している為です。

粘度が上がり塗りにくくなると、塗料を多めにつけすぎる悪循環となることから、

適切な粘度調整は大切になってきます。

写真 DSC09818

3時間に一度、刷毛に洗浄液(溶液と同じ成分)が垂れるぐらい浸し、

塗料を入れている容器にそのまま混ぜる程度で調整できるとのこと。

(気候等の条件下で変わるので、一概には言えませんが。)

DSC09822

塗料の性能を引出し、木材を長く美しく保つためには塗り方や道具、乾燥時間も大切です。

使用済みの塗装道具(刷毛等)は洗浄液やペイント薄め液で洗い落としても乾燥すると

カチカチになることがよくあります。

洗浄液などで洗い落した後、ホームセンター等でも売っているアルカリ性作業着用洗剤で

さらに洗うと塗装道具を再利用できるといった豆知識も教えていただきました。

スタッフ:戎野

緑に囲まれたMs事務所 2014年06月13日

6月も半ばなりました。

大阪市内、福島事務所のMs日記に続き、吹田市にある千里事務所の緑です。

Ms建築設計事務所は千里ニュータウンの住宅地にあります。

事務所の打合せ室から南庭をみた景色です。緑がいっぱいです。

DSC_0441

毎年5月になるとガラス面にネットを張り、ゴーヤを植えています。(日除けとお昼の食材兼用)

DSC_0433  DSC_0438

今年も元気に育っています。

ゴーヤのプランターボックスはなんとJパネル製です。

今年で4年経ちますが、過酷な環境にもびくともしていません。

恐るべし、Jパネル

南東の角地に建つMs事務所は道路より1.5m程高い宅地の上にあります。

階段を上がるとこの風景です。

DSC_0435

森林の中に事務所があるような佇まいです。

今花を咲かせているのはキンシバイ、アジサイ、ザクロです。

DSC_0439  DSC_0434

この南庭の植栽にスタッフが名札を付けました。

DSC_0442

20種類以上はありますが、写真や名前でしか知らない方にも実物を見ていただき、

四季の変化を実感頂けます。

北側にも実は1坪ほどの箱庭のような菜園があります。

DSC_0436   DSC_0437 

植えているナス、トマト、ピーマン、シシトウは胡桃山荘近くの農園で買ったもの。

北側の菜園はバックヤードなので殺風景でしたが、これで2~3か月は楽しめそうです。

三澤

緑のカーテン2014 MOK-SOHOの場合 2014年06月06日

真夏のような青空と暑さの5月下旬から、一気に6月は曇天続き。
とうとう梅雨入りとなりまして、すっきり洗濯がこなせない時期となりました。

しかし、MOK-SOHOには楽しみになることがあります。
雨の恵みを受けて、ぐんぐん伸びるもの。そう、グリーンカーテンです。

それは、5月1日から始まりました。五月晴れの日を選び、
MOKSOHO西面の部屋を事務所としている人が集まり、まず土づくりです。
5月の土干しは、MOK-SOHOの恒例行事となってきました。

写真 1  写真 2

昨年お世話になった土を、天日に当て、古い根や余分なものを取り除きます。
天日干しの後、新たな腐葉土・石灰をまぜ、今年の土とします。

今年の苗は、ゴーヤとキュウリ。そしてなぜか、トマトとミント!

写真 3

それらの苗は、今このように育ってきました。そしてこのような実も!

写真7 写真 6
梅雨に入り、ひとまわり大きくなり、一段と緑濃くなったようです。
また、先日はツキノオト船木さんが、なにやらお手入れをされていました。
お聞きすると、虫よけだそうです。

写真 

穀物の醸造酢を水で20~50倍に薄め。霧吹きで吹きかけておく。
あるホームページによると、日没三時間前頃の散布が効果的。
葉裏にもかかるようにたっぷりとスプレーするとのこと。

そういえば、昨年は苗の時点で、ほとんどの葉を虫にくいちらかされた
記憶があります。

梅雨が明けて日差しがどうしようもない暑さをもたらす頃には、
ぐんぐん伸びて、たくさんの葉で私たちを覆い、助けてくれることでしょう。

そして! 収穫の際には、体の中から助けてくれそうです!
サラダ・チャンプル・ミントティー!?収穫も楽しみです。

スタッフ道越