2013年03月アーカイブ

Ms事務所の近況 2013年03月26日

寒くなったり、暖かくなったり、まだまだ厚手の衣類が活躍する毎日です。

それでも春を感じさせてくれるものが身の回りにはあります。

DSC03720

DSC09143 ボケ

Ms事務所の前を走る道路に植えられている桜、

まだまだ3分咲き程ですがきれいな花を咲かせています。

事務所の庭でもユキヤナギやボケの花が咲き始めました。

Msの植栽でお馴染みの春蒼園・尾崎さんに手入れいただいており、

季節が変わる度に表情を変えるので、楽しみの一つになっています。


そんなゆっくりとした春の歩みを感じるMs事務所ですが、

新たなスタッフ(研修中)が加わりました!

DSC03725

岐阜県立森林文化アカデミーを卒業したばかりの山本さん。

現在進行中物件の模型をがんばって作っています。

平面計画や、詳細な納まり、構造の考え方など

模型を作りながらも、頭と体でMsの設計の考え方を覚えていきます。

これからが楽しみです。


スタッフ:戎野

M邸改修工事竣工しました 2013年03月16日

暖かくなったり寒くなったり、まさに三寒四温の時期ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。花粉に黄砂にPM2.5に・・・色々と防御するものが盛りだくさんの日々ですね。Ms事務所でも花粉症対策にマスクマンが急増中です。

さて、少し前になりますがM邸の改修工事が完了しました。詳細調査を行い断熱、耐震改修を含めた工事で少し長くなりますがご報告させて頂きます。

依頼主の奥様のご両親が33年前に建てられた住宅が今回の現場でした。10年程前にご両親が地元に戻られるのを機に、依頼主ご家族が入居されました。実はMさんは3年前にカフェをオープンした方です。カフェの名は「豆増」。過去のMs日記でも紹介しています。カフェに続きご自宅の改修工事のご依頼も受けありがたいことです。

敷地の2方向が一部3Mを超える擁壁囲われており地盤の補強が不可欠でした。

clip_image002 DSC_3108

アンダーピーニング工法という補強方法で、既存基礎下に合計8ヶ所に鋼管杭を打ち込み、1ヶ所に耐圧版を設置しました。無筋コンクリートの既存基礎に新設基礎を抱き合わせる前に鋼管杭の施工を行います。作業工程において既存基礎下で鋼管杭を打ち込みジャッキアップでレベル調整を行うので、人一人が作業できる空間を確保します。支持力を確認しながら鋼管杭の打ち込みを行いました。

clip_image002[9] clip_image002[11]

杭工事完了後は基礎補強工事。既存基礎は詳細調査時に無筋コンクリート基礎ということが分かっていたので補強方法を施工性含めて検討しました。既存基礎の内側にロの字型で新設基礎を沿わせます。

clip_image002[13] DSC_3780

(写真左:改修前/写真右改修後)

擁壁への負荷を軽減するために南側の広縁(下屋)を解体し、1・2階の耐力壁ラインを統一し上部の荷重が補強を行った基礎、地盤へ伝達するように計画しました。擁壁を押していた植栽の根も取り除き、新たな木塀を堅木でつくりました。外観は下屋の解体、吹付のやりなおし、一部樋の新設に留まっています。

clip_image002[17]

耐震改修だけではなく、断熱改修も実施しています。既存の壁にはグラスウール(ア)50㎜のみで床下には断熱材はなく、唯一畳が断熱材の変わりという状況で冬場の厳しい寒さを改善したい、という住まい手さんの強いご要望がありました。今回の工事では1階を生活空間として断熱エリアを区切り床、壁、天井に断熱材を充填しました。

DSC_3720 clip_image002[23] 

改修後の内観です。写真奥に見える玄関板戸からまっすぐ廊下が伸び、階段の手摺格子が軽快です。床材は唐松フローリングを使用しています。階段の踏み板は唐松パネル、玄関式台には唐松無垢板を使用しています。式台には足触りのいい名栗加工を施しています。名栗加工はお馴染み橘商店さん

DSC_3653

ダイニングキッチンの写真です。元々2間続きの和室だったところをLDKとしています。以前は北側の水廻りに固められていたため日中でも薄暗いLDKでしたが、南側に面した明るいLDKです。カウンターの前の大黒柱はケヤキ材です。

clip_image002[19] clip_image002[21]

実はこの大黒柱の上部には2階床を支える成410㎜の梁が2本かかっています。この梁は2間飛んでいたので、大梁に肘木をかけて柱で支えるように補強しました。大梁と肘木はボルトで緊結し、さらに両面合板で固めています。構造補強のために追加した柱ですが、210㎜角大黒柱がアクセントにもなっています。

DSC_3674 

ダイニングテーブルには40㎜のタモの板を使用しています。実はこのタモの板は一枚板に見えますが"一枚板風"の幅接ぎ板を使用しています。カウンターと絡めることで広々としたLDKとなりました。

住まい手さんのご実家を改修し新たな住まいとして再生することでこれからも受け継がれていく住まいになったのではないかと思います。

(スタッフ:平賀)

海老江のいえの完成見学会を行いました。 2013年03月11日

4月に詳細調査を行い、改修工事を進めていた海老江のいえが先日完成し、見学会を行いました。

http://hd-n.net/2009cgi/gallery/archives/170.html

↑詳細調査の様子。

住宅医ネットワークの調査を行い、徹底的に建物を調べ上げた情報をもとに改修の計画をしています。

 IMG_0202

建物の外観です。奥の家と壁を共有する2戸1の長屋です。

IMG_0204

見学会が始まると次々と見学者の方がやってきます。

老若男女、さまざまな方に見学に来ていただけました。

IMG_0201

建物の中にところせましと見学の方がいます。

たくさんの方に来ていただけてとてもうれしいです。

IMG_0198

建物の図面と、詳細調査の情報をまとめた冊子が居間のテーブルに並べられています。

建築の専門家の方は、このような資料の細かいところまで目を向けられます。改修前はどのような問題があったのか、それに対してどのように改修の計画をしたのか、どのように構造補強をしたのか、温熱性能を向上させているのかなど、この2冊の中に詰め込まれているからです。

設計をした三澤文子さんが質問に答えたり、説明をします。

IMG_0200

この建築関係者の方は図面には居間にピアノがあるはずなのに置いていないことに気がつき、回答を求めてきます。引っ越しは後日であると説明をしても、それでは完成見学会ではないとさらに責め立ててきます。将来が恐ろしいです。

ご来場いただいた方、また協力して下さった住まい手さんのおかげで良い見学会ができました。

ありがとうございました。

スタッフ:日野

六甲の家竣工 2013年03月04日

前回のMs日記でも書きましたが、2月末から3月頭にかけてMsでは竣工物件ラッシュです。

7月に着工した神戸市灘区のK邸も竣工を迎え先日お引渡しを終えました。

DSCN3048

ご自宅でストレッチ、トレーニングの教室を開かれる住まい手のKさん。

1階には天井高が2.9mある15帖のトレーニングスタジオがあります。

床材はご主人こだわりのヨーロピアンメープル。

K邸は広葉樹をふんだんに使った大壁の住宅なのです。

まだ植栽工事が残っていますので、今日はここまで全貌は改めてご紹介します。

お引渡し前は恒例のMsスタッフによる塗装です。

DSCN3046

センの大黒柱にえごま油を塗っています。

 

広葉樹をふんだんに使っているのでとにかく塗るところが多い!(汗)

ちょっと途方に暮れかけましたが、

DSCN3070

住まい手さんにもお手伝いいただき(Kさんとてもお上手でした)

はたまた

DSC08930

他の現場の塗装帰りのスタッフにも応援に駆け付けてもらい無事終了しました。

(写真はちょっと演出入っていますね、笑)

まだ塗装工事のある現場があと1軒残っていますので体調を整えてこの竣工ラッシュを乗り切りたいと思います

(スタッフ:西久保)