2011年11月アーカイブ

新しい住まい造りのスタート 2011年11月27日

先月のお話になりますが、秋晴れの気持ちいい日に木津川市で地鎮祭を行いました。
DSC03561 
木津川市は京都と奈良の境にあり、近年は山を切り開き住宅地の開発が進んでいます。
住まい手であるKさんのご実家がこの地にあり、
ご実家の離れを解体し息子さん家族の新居を建てるのです。
昔から農業をされているKさんのご実家。
田んぼや畑がまわりにありのどかで素敵な環境です。
敷地内には母屋の他に可愛らしい蔵もありここも上手に生活に取り込めるよう計画します。
IMGP0428 
地鎮祭はご近所の方が神主さんで和気あいあい和やかにとり行われました。
DSC03560 
(左から、施工をお願いするツキデ工務店 築出社長、三澤、Kさんご家族、神主さん)
ツキデ工務店さんはKさんがおうちづくりを検討してる時に出会われリクエスト頂きました。
また構造材は吉野の阪口製材さんから。 
住まい手のKさんはMSで設計した阪口製材さんの吉野サロンを見て設計の依頼を頂きました。
ですので、このご縁も大切に。
今回もすばらしく美しい吉野材を準備頂きました!
CIMG3765 
写真は木配りの様子。本当にきれいな材料達!
天井を張る予定だったところも現しに変更しようかと検討してるくらいです。
最高のメンバーで作られるK邸、ただいま構造材の刻み中。
DSC03974 
こんなとっとておきもあったり・・・。来月の建て方が今から楽しみです!
(スタッフ:西久保)

大切に住み続けられる家の「事前調査」に行ってきました! 2011年11月21日

 12月9日金曜日に、兵庫県西宮市夙川で木造住宅の詳細調査を、Ms建築設計事務所、MSD、岐阜県立森林文化アカデミー、住宅医ネットワークで協力して行う予定です。

 「詳細調査」は、20名弱ほどで一日かけて建物の床下から小屋裏まで詳しく調査をしますが、「事前調査」はその前に、改修をしたいと思った経緯を伺ったり、詳細調査の準備をするために図面があれば図面を預かったり、詳細調査時の注意点がないか確認しています。健康診断でいうところの、「人間ドックの前の問診」といったところでしょうか。

 「何事も準備が大事!」ということで、無事詳細調査が行えるように、先日事前調査に行ってきました。

 まず、今年の1月に発行された「木の家リフォームを勉強する本」やパンフレットを使って、詳細調査で何をどのように調査するのか、そしてその後、どのように改修の打ち合わせ・工事を行っていくかのご説明をしました。

IMG_0364 IMG_0399 

 そのあとで、各部屋をまわって、住まい手が今の住宅にどのような不満をお持ちで、どのように変えたいのかを、ひとつずつ伺いました。

IMG_0351 IMG_0349

 このお宅は、昭和のはじめに建てられ、その後2階を増築。阪神大震災でも全壊することなく、修理をして住み続けられています。建具も床材も年数を経て得ることのできる熟成された良さがあります。

 中学生のお孫さんも気にいっていらっしゃって、このたび改修して住み続けることになりました。詳細調査をすると、なぜ、この家が地震でも壊れずに残ったのか、今どのような問題があるのか、はっきりすると思われます。

 調査の結果と、リフォーム後どのような住まいになるかを楽しみに、調査をがんばりたいです。

(スタッフ:中井)

塗装作業、そして秋の味覚 2011年11月17日

11月も半ばを過ぎました。今年も残り1ヶ月余りです。11月に入っても暖かい日が続いていましたが、ここ数日で気温もかなり下がってきました。冬の到来を予感させます。

Ms事務所から車で15分の場所にて改修工事を行っています。この現場はお引渡し直前です。竣工前は恒例のMsスタッフによる塗装。今回も木製建具や外部の木部などを塗装しま した。

 

室内の木製建具には白い柿渋を塗ります。建具の周辺や、取手などの金物に塗料が付かないように養生をした上で、色ムラができないように丁寧に塗り進めています。

IMG_0837

 

外部の木製建具などは外部用のクリア塗装をします。(オスモ社のウッドステインクリアプラスという塗料です) 耐久性が高く、汚れや紫外線による変色を抑えてくれます。

チークの建具を塗装しています。右が塗装済み、左が無塗装。透明の塗料ですが、木材に含浸して木の色目を引き立てます。

IMG_0835

無事に塗装も完了しました。

 

お昼頃に作業が終了し、事務所に戻ると、昼食が用意されていました。

本日はなんと松茸御飯です!(三澤所長の調理です!)

秋の味覚の王様:松茸がたっぷり入っています。いい香りが漂い、味は最高です。

IMG_0849

IMG_0850 IMG_0852

 

今日は福島事務所のスタッフも参加してのにぎやかなランチとなりました。みんなでおいしい食事を楽しみ、午後からの仕事も大いに捗った一日となりました。

(スタッフ田尻)

薪棚を作りました~大垣市G邸 2011年11月11日

今年7月に竣工した大垣市にあるG邸の薪棚作りを行いました。

IMG_9690

薪棚はセルフ施工するという計画で、本体工事は土間コンクリートの打設のみとしていました。

G邸は20代のご夫婦の住まいです。

ご主人の職場の方々が応援に来てくださいました。

みなさんお仕事柄、体力もあり、とっても頼もしい助っ人です。

ご主人と職場の方々、MSDスタッフの総勢7人での作業です。


 まずは部材のカット。

寸法と本数を確認し、作業開始。

IMG_9687

そして塗装。

屋根は付きますが、基本的に雨ざらしになるため、しっかりと塗装します。

もちろん木口は念入りに塗装していきます。

 

いよいよ組み立てです。

各部材を振り分けて、ビス留めします。

声を掛けながらのチームワーク、さすがです。

薪棚が組上り、お~! という喜びの声と拍手が沸き上がります。

 

そしてお昼ごはんタイム。

敷地内に井戸があり、庭木の散水等に活用しています。

なんだかレトロな雰囲気で、ほっこりする時間です。

 

 

作業再開。
 IMG_9703

残りのフレームも同様に組み立てて、土間コンクリートの上に並べました。薪がたっぷり入りそうです。

屋根を付けて完成した所です。
IMG_9970

IMG_9973

着工時からずっとためてこられた薪がびっしり入った薪棚、見ごたえがあります。

今年の冬は薪ストーブを囲みながら、素敵な時間が流れる事と思います。

みなさんお疲れ様でした。

(スタッフ/葉賀)

MOKゼミ神戸12月 2011年11月09日

image   image   

image 

image