2011年08月アーカイブ

建築学会大会に参加してきました 2011年08月29日

(有)MOKの構造チーム、岐阜県美濃市事務所で木質構造を日々勤しんでいる田畑です。

8/23(火)~8/25(木)の3日間、東京の早稲田大学で行われた「2011年度日本建築学会大会(関東)」に構造を学ぶため、参加してきました。

早稲田大学大隈記念講堂

大隈重信像

毎年行われているこの建築学会大会は、建築に関わる様々な研究を論文に纏め、それを年に一度発表するというもので、今回の参加者は1万人超、発表論文数は約6370編と活気あふれる巨大イベントとなりました!

これだけ多くの講演を3日間で凝縮して行うため目移りしてしまいましたが、「構造」「東北地方太平洋沖地震の被害調査速報」に的を絞って講演を聞く事にしました。

「構造」では、最新の技術研究は勿論、"プレカット加工の継ぎ手の強度""基礎の貫通口補強"など、実務に活かせる内容の講演もあったので、他の人が一年かけて研究した成果を知識として手に入れることができる非常に貴重でお得な内容でした。

講演前

今回の東北地方太平洋沖地震では津波の被害がテレビ・メディアで多く報道され、地震の被害があまり報道されていないように個人的には感じていましたが、やはり地震の被害も多く、またこれまでの大地震と違い非常に広範囲にわたり被害が起きていたことなどが講演から分かました。

これら調査や研究が今後多くの向上に繋がるよう、また一般の方々の地震に対する意識向上に繋がっていければと、そう感じ、自分自身もこれをどう受け止め、どう活かしていけれるのか、考えさせられる3日間でした。

(スタッフ:田畑)

MOKゼミ神戸10月のご案内 2011年08月29日

 image  image  

image

 

 

 

 

このイベントに参加をご希望の方は下記のフォームをご利用ください

お名前
例 三澤康彦
ふりがな
例 みさわやすひこ
郵便番号
半角入力:例 012-3456
ご住所

例 大阪府吹田市古江台3-18-10
電話番号
半角入力:例 0123-4567-8901
メールアドレス
半角入力:例 senri-info@ms-a.com
参加人数
メッセージ

地蔵盆がありました 2011年08月25日

MSD大阪の事務所は、大阪の中心街である大阪・梅田から一駅の場所にあります。

国道2号線から一筋入ると、どこかレトロな雰囲気をもつ路地に住宅が広がっています。

その一角、お寺の隣に事務所があります。

 

IMG_8770 IMG_8771

この事務所は、Ms建築設計事務所設計の木造2階建て、25坪の建物です。

施工期間60日間、前面道路は狭小のため、建て方もレッカーを使わず行ったという建物です。

室内はJパネルをふんだんに使い、建物の大きさもJパネルの寸法に合わせてつくられていますので、Jパネルを体感できる建物です。

 

そんな事務所のある町内では、毎年お盆明けに、地蔵盆が行われます。

 IMG_8758 IMG_8760

今年も朝から町内の方々が準備を行っておられ、いつもの路地が違った雰囲気になっています。

右側の写真の路地の突き当り、黒い板塀に囲まれた、格子の建物にMSDの事務所があります。

IMG_8761 IMG_8762

前日の雨のためか、提灯にはカバーが掛けられています。

祭壇も設けられて、準備が着々と進んでいるようです。

 

 IMG_8765

夕方暗くなると、提灯に灯りが入りました。

 

IMG_8767

地蔵盆の後に、町内の方にお下がりをいただきました。

内容は、フルーツゼリー、ミカン、梨、そして立派なゴーヤでした。

 

日中はまだまだ暑い日が続きますが、朝夕はだんだん涼しくなってきました。

夏から秋へと少しずつ季節が移り変わっていることを感じます。

(スタッフ:葉賀)

Ms東京事務所では月一回住宅相談をお受けしています。 2011年08月19日

住宅相談をお受けします。

  東京事務所では月に一度、三澤康彦・三澤文子のどちらかが住まい創りについてお話を伺います。

次回相談日

平成23年10月5日(水)

 

※お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用下さい。

このイベントに参加をご希望の方は下記のフォームをご利用ください

お名前
例 三澤康彦
ふりがな
例 みさわやすひこ
郵便番号
半角入力:例 012-3456
ご住所

例 大阪府吹田市古江台3-18-10
電話番号
半角入力:例 0123-4567-8901
メールアドレス
半角入力:例 senri-info@ms-a.com
参加人数
メッセージ

「鳥取のみどりのちから」のご報告 2011年08月19日

以前のMs日記でも紹介しました「鳥取のみどりのちから」が8月10日に大盛況のうちに終了いたしました。

期間中のご報告をさせていただきます。

 

7月27日の1日だけで設営作業を完了し、翌日の28日には展示会がスタートするというハードスケジュールにも関わらず、無事に展示会開催を迎えることができました。

DSC_1140

ビルの中に突如現れた木の住まいに出勤途中の方々は釘づけです。

写真右奥に見えているのが構造材に鳥取県の智頭杉を使用した6M×6Mの2階建ての実物大展示モデルです。

 

DSC_1143まず ビルのエントランスから展示会場への入口には、式台(赤色)があります。

実はこの材料、Msでもお馴染みのJパネルなんです。Jパネルを名栗加工した後、弁柄で色を付けて漆塗りを施しています。同じ材料(写真のエントランスゲートもJパネルです)でもここまで表情が変わるものかと、来場者の皆さん驚かれていました。

DSCF2887この写真は展示モデルの2階部分から会場を見下ろした写真です。何やら会合中でしょうか。木の家具に囲まれて和やかな雰囲気です。展示物には鳥取智頭杉を利用した家具などもあり、購入を検討される来場者の方も少なくありませんでした。

 

DSC_1122 DSC_1130

展示モデル内の様子は。。。

新宿のビルの中にいることを忘れてしまう程です。「誰かがここで生活しているようですね」とおっしゃる方もちらほら。

実際、しばらくベンチクッション(Msでおなじみの赤いクッション)でゆっくりと時間を過ごしている方もいらっしゃいました。何度となくこの赤いベンチクッションでのお昼寝を夢見たことか。本当に居心地のいい〝ビル内住宅〟です。

DSC_1126 

キッチンだってあります。さすがに給排水は通っていませんが。

智頭杉の中に映えるキッチンの天板はチーク(オイル仕上げ)を使用しています。木材の最高級品です。これはMs事務所が所有する巾ハギパネルを利用し大工さんに作製してもらった特注品です。特注品というと特別な印象ですが、Msの住まいは全てにおいて特注品です。「M印キッチン」というフレーズもそろそろ定着するころでしょうか。

DSC_1091こちらは階段を見下ろした写真です。こちらの手摺壁ももれなくJパネルです。ここでは円形にくりぬいて表情をつくりました。この穴に手を掛けて手摺として利用されている方もちらほら。つくり方も使い方も多種多様、勉強になります。  うずくり加工された階段の踏板(智頭杉)は脚触りもよく好評でした。板目が何とも美しい。

 

DSCF2895

さて、開催期間最終日にはJパネルコンペの公開審査が開かれました。140作品以上の応募があり、審査委員だけでなく来場者の皆さんも真剣なまなざしで1つ1つの作品を見ていました。最優秀賞1作品、優秀賞5作品が選ばれましたが、どの作品もJパネルの可能性を追求するものばかりでした。たくさんのご応募ありがとうございました。

8月10日に展示期間を終え、11日には撤去作業を行いました。

これは以前の設営時のMs日記の〝巻き戻し〟になる為割愛させていただきますが、設営時同様に田中工務店さんの大工さんを中心に展示会関係者総出での作業になりました。みなさん暑い中お疲れ様でした。

DSC_1128田中工務店が設営した展示モデルを、今後は北沢建築の施工で長野県伊那路にて終生「Jパネルモデルハウス」として見学して頂けます。

10月末日には竣工いたしますのでご来場お待ちしております。

(スタッフ:平賀)