木部の塗装

3月も中旬に入り、暖かな日射しを感じる日も増えてきました。3月~4月は、新しい住まいへ転居される方も多い時期です。本格的な春の訪れを待ちながら、改めてご自身の住まいについて考えてみる良い時期かもしれません。


さて、本日は「木部の塗装」についてご紹介致します。

Ms・MSDでは、木部の塗装を「自ら」行うことがあります。木の住まいでは、メンテナンスにおいても木部の塗装が欠かせません。先月、ある物件で行った木部の塗装の事例をご紹介します。


IMG_0677

塗装道具は、パレット・コテ刷毛(写真中央)・刷毛(写真右)の3点セットを基本としています。

コテ刷毛は、広い面積を塗る時に重宝しています。刷毛目(はけめ)も無く、軽い力で塗ることが可能です。


IMG_0245

塗装の目的は【美観】と【保護】の2つがあります。

上写真は、2Mのテーブル天板(広葉樹/アサメラ)にクリア塗装を施している様子です。

塗装している箇所、していない箇所の違いが一目瞭然です。塗装することで、木目や色目を引き立たせ【美観】、汚れや傷から木部を守ります【保護】。


IMG_0683

建築現場における塗装で、実は大切なのが「養生(ようじょう)」です。

(上写真左より)マスカー・養生テープ・マスキングテープは必須アイテムです。


IMG_0243

建築現場における塗装は、通常、「竣工の直前」に行われます。

壁塗りやクロス張りなど、まわりがきれいに仕上がった状態で行われることが多いのです。

仕上げ面を汚さないのはもちろん、取り合い部にきっちりと養生を行うことで、エッジがきれいに仕上がります。

養生作業にどれだけ時間と労力をかけるかで、塗装の仕上がりも大きく変わってくるといっても過言ではありません。

 

IMG_7835 IMG_0253

今回の物件では階段の蹴込板(けこみいた)を塗装しました。左写真が塗装前、右写真が塗装後です。


IMG_0250

床:フローリング材(栗/無垢材)の塗装は力仕事です。今回は、「蜜蝋(みつろう)ワックス」を使用しました。

「蜜蝋ワックス」は、国産の蜜蝋・エゴマ油を原料としており、木の風合いを引き立たせ安全性が高いこともあり、住まい手の皆様から人気のある塗料です。

ただ作業面では、刷毛(はけ)ではなく、スポンジとウェスで薄く伸ばしながら塗っていく必要があるため、持久力が求められます。


IMG_0914

お昼に、所長の三澤康彦作のニンニク入りカレーライスを食べて力を蓄えます。


IMG_0246

細かな箇所も塗り残しが無い様、念入りにチェックしタッチアップを行います。

一軒の木部の塗装に、スタッフ4名で2日間は最低必要です。

竣工間際のため、「早く作業を進めたい」という気持ちと、「養生をしっかり丁寧に」という気持ちのせめぎあいです。


また、外部では、以前Ms日記でご紹介した木塀の取り付け作業が大工さんによって進められました。

※過去の記事はこちら↓

 「冬の屋外作業」

IMG_20170214_095721

雪のちらつく中、レベル(高さ)を確認しながら支柱を建てていきます。すばやく正確なプロの作業に脱帽です。


DSC_0902

完成した木塀は、建物や周囲の豊かな自然環境と調和し、美しいものに仕上がりました。


最後の最後で、木の住まいに美しさと耐久性を持たせる「木部の塗装」。

ひと手間を惜しまず、これからも継続していきます。


Msスタッフ 上野